FM COCOLO

Whole Earth Station FM COCOLO [Whole Earth RADIO] / Every Sunday 6:00a.m.-7:00a.m.

Archive

〜これまでの特集〜

Whole Earth RADIO

2020.11.29
ON AIR

アートとストリート・カルチャーの新たな発信基地、心斎橋PARCO<後編>

この秋9年ぶりに大阪に帰ってきた「心斎橋PARCO」では、さまざまなアートが発信されています。今回は、オープニングに合わせて展覧会が企画された海外アーティスト2組を紹介。それぞれのアーティストの生き方や作品について、展覧会のプロデューサー・重藤瑠衣さんのお話を聞きながら、彼らのアートが世界に何を発信し、どんな影響を与えてきたのか?を考えました。

まずは、「MR.BRAINWASH EXHIBITION "LIFE IS BEAUTIFUL"」。 
“バンクシーによってアーティストになった男”と言われるMR. BRAINWASH、日本初の本格的な個展には約80点の作品が展示され、すべて販売されています。

MR. BRAINWASHとは・・・
本名ティエリー・グウェッタ。フランス生まれ。1980年代にLAに移住。 2007年から映像作家としてキャリアをスタート。そしてあの覆面ストリート・アーティスト、バンクシーが監督したドキュメンタリー映画『EXIT THOROUGH THE GIFT SHOP(イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ)』(2010)で、一躍有名になった人物。映画だけ観ると、え?そんなすごい人なの?バンクシーに乗っかって出てきた人物、というイメージもあるかもしれませんが、その後MR. BRAINWASHは世界最大級規模アートフェア 「アートバーセル」での大型個展や、マドンナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、リック・ロスなどのアルバム・ジャケット制作、ミシェル・オバマ前大統領夫人や、サッカー選手のペレとアートコラボレーションなど、ポップ・アート界の重要人物として世界的に、ジャンルを超えた活動を展開してきたのです。

MR. BRAINWASHの作風は、大衆・消費文化を取り込んで大量生産していくというポップ・アートの要素と、ストリート・アートの表現手法(ペンキ、スプレー、ステンシルなど)をミックスし、対立軸ともいえる要素を調和させたり衝突させたりして、様々なスタイルで、自由に、数多く、生み出していく・・・というもの。アンディ・ウォーホールや、バンクシー、時には純粋芸術へのオマージュ、そこに、ディズニーやピーナッツのキャラクター、アインシュタイン、スターウォーズといったポップ・アイコンをサンプリングしているかのような、大胆不敵でユーモアあふれる作品です。ちなみに、展覧会のメインビジュアルとなっている作品は、アンディ・ウォーホール的なマリリン・モンロー像が、バンダナのマスクを巻いているというもの。

「LIFE IS BEAUTIFUL」というタイトルは、MR. BRAINWASHが世界各地で自身の個展にいつも付けているフレーズ。作品のタイトルもストレートにポジティブなメッセージが多く、それがMR. BRAINWASHらしいところ。今回、大阪での個展のために制作した作品もあり「あれも、これも」とどんどん送ってくるので、すべての作品を展示することが出来なかったと語る重藤さん。チャーミングな人柄がうかがえるエピソードです。

そしてもうひとつが、ゲイを描いたアートでLGBTQの権利を訴えた作家、トム・オブ・フィンランドの日本初の個展が大阪に巡回してきた「Reality & Fantasy - The World of Tom of Finland」。1946年(第二次大戦後)から1989年の間に制作された約30点の作品が展示されました。

トム・オブ・フィンランドとは・・・
本名「トウコ・ラースネン」。今年、生誕100年(1920-1991)。
ゲイアートの先駆者で、“ゲイカルチャー界のウォルト・ディズニー”の異名を持つアーティスト。第二次大戦後のフィンランドでは同性愛が厳しく罰せられたため、周囲に隠れて本能的な欲望をドローイングとして表現し続け、「トム」と名乗り描いた絵がアメリカの雑誌で表紙を飾ったことをきっかけに、
アンダーグラウンドからアートの表舞台へ。アメリカに移住して活躍し、LGBTQの権利を世界中に押し進め、ゲイ・カルチャーの創成期を担ったLGBTQのレジェンドです。

コスチューム・制服系、革ジャン、肉体労働的に働く姿など、美しくたくましい男性たちの身体を、官能的にエロティックに描いたトム・オブ・フィンランドの作品はゲイ・カルチャーのアイコンとなり、数多くのアーティスト/デザイナーたちに影響を与えました。フレディ・マーキュリー、アンディ・ウォーホル、デイヴィッド・ホックニー、ジャン=ポール・ゴルチェ、トム・フォード、ロバート・メイプルソープ・・・ LGBTQの感性がいかに現代カルチャーに欠かせないものであるかを感じさせます。

多様性を尊重し、ジェンダーにとらわれないファッションやアートの発信を続けるPARCOらしい展覧会です。

  • DJ:ちわきまゆみ
  • ゲスト:重藤瑠衣(株式会社パルコ エンタテインメント事業部)

■番組BLOGはこちら

On Air List

〜これまでのオンエア曲〜

Archive

〜これまでの特集〜

  • 2021 8.15 ON AIR

    2021年版フジロック徹底ガイド

    詳細はこちら

  • 2021 8.8 ON AIR

    多才?奇才?異才?近田春夫の音楽生活50年

    詳細はこちら

  • 2021 8.1 ON AIR

    from M to M ~Dear マイケル・ジャクソン

    詳細はこちら

  • 2021 7.25 ON AIR

    尾道発、映画『逆光』の世界

    詳細はこちら

  • 2021 7.18 ON AIR

    カエルデザインのアップサイクル ~海の日を前に~

    詳細はこちら

  • 2021 7.11 ON AIR

    fishmans -Time passes and the future is now 後編

    詳細はこちら

  • 2021 7.4 ON AIR

    fishmans -Time passes and the future is now 前編

    詳細はこちら

  • 2021 6.27 ON AIR

    『稲村ジェーン』スペシャル

    詳細はこちら

  • 2021 6.20 ON AIR

    90sカルチャー・リヴァイヴァル

    詳細はこちら

  • 2021 6.13 ON AIR

    松本 隆と最果タヒ

    詳細はこちら

  • 2021 6.6 ON AIR

    フットボールがもたらすもの 「大阪の未来をつくる、ヨドコウ桜スタジアム」

    詳細はこちら

  • 2021 5.30 ON AIR

    TOUCH THE HEART ~海の向こうの日常~

    詳細はこちら

  • 2021 5.23 ON AIR

    ポップカルチャー2021 ハーフタイム 後編

    詳細はこちら

  • 2021 5.16 ON AIR

    ポップカルチャー2021 ハーフタイム 前編

    詳細はこちら

  • 2021 5.9 ON AIR

    受け継ぐレシピ

    詳細はこちら

  • 2021 5.2 ON AIR

    花から考えるマザー・アース ~母の日を前に~

    詳細はこちら

  • 2021 4.25 ON AIR

    LOHAS FESTAのメッセージ 後編

    詳細はこちら

  • 2021 4.18 ON AIR

    LOHAS FESTAのメッセージ 前編

    詳細はこちら

  • 2021 4.11 ON AIR

    サラヤが守りたい生命

    詳細はこちら

  • 2021 4.4 ON AIR

    atelier Acor(アトリエ アコル)が提案する、花のある暮らし

    詳細はこちら

  • 2021 3.26 ON AIR

    関西サーフカルチャー・アーカイブ Vol.3

    詳細はこちら

  • 2021 3.21 ON AIR

    もしもし、こちら最果です ‐後編‐

    詳細はこちら

  • 2021 3.14 ON AIR

    もしもし、こちら最果です ‐前編‐

    詳細はこちら

  • 2021 3.7 ON AIR

    彼女のストーリー ~国際女性デーを前に~

    詳細はこちら

  • 2021 2.28 ON AIR

    関西サーフカルチャー・アーカイブ Vol.2

    詳細はこちら

  • 2021 2.21 ON AIR

    ファンタジーの共有・後編 ~NAOKIと中村一義のガンダム観~

    詳細はこちら

  • 2021 2.14 ON AIR

    ファンタジーの共有・前編 ~SUGIZOのガンダム観~

    詳細はこちら

  • 2021 2.7 ON AIR

    ASIAN MUSIC TRIP ~香港編~

    詳細はこちら

  • 2021 1.31 ON AIR

    神戸発、未来とWhole Earthへのメッセージ 「次世代につながる思い」

    詳細はこちら

  • 2021 1.24 ON AIR

    神戸発、未来とWhole Earthへのメッセージ 「時と場所を越えて、語り継ぐということ」

    詳細はこちら

  • 2021 1.17 ON AIR

    神戸発、未来とWhole Earthへのメッセージ「神戸は人の中にある」

    詳細はこちら

  • 2021 1.10 ON AIR

    フットボールがもたらすもの 「高校サッカーと高校ラグビー」後編

    詳細はこちら

  • 2021 1.3 ON AIR

    フットボールがもたらすもの 「高校サッカーと高校ラグビー」前編

    詳細はこちら

  • 2020 12.27 ON AIR

    食べる、SDGs

    詳細はこちら

  • 2020 12.20 ON AIR

    関西サーフカルチャー・アーカイブ Vol.1

    詳細はこちら

  • 2020 12.13 ON AIR

    大阪万博50年 ~くるり・岸田繁を迎えて〜

    詳細はこちら

  • 2020 12.6 ON AIR

    ジョン&ヨーコのメッセージ -“DOUBLE FANTASY”展から-

    詳細はこちら

  • 2020 11.29 ON AIR

    アートとストリート・カルチャーの新たな発信基地、心斎橋PARCO<後編>

    詳細はこちら

  • 2020 11.22 ON AIR

    アートとストリート・カルチャーの新たな発信基地、心斎橋PARCO <前編>

    詳細はこちら

  • 2020 11.15 ON AIR

    2020年の社会と映画・音楽エンタテインメント

    詳細はこちら

  • 2020 11.8 ON AIR

    フットボールがもたらすもの “Life as Futsal”

    詳細はこちら

  • 2020 11.1 ON AIR

    ローカルの農業と食を考える -奈良フードフェスティバル 「シェフェスタ」- 後編

    詳細はこちら

  • 2020 10.25 ON AIR

    ローカルの農業と食を考える -奈良フードフェスティバル 「シェフェスタ」- 前編

    詳細はこちら

  • 2020 10.18 ON AIR

    BANKSYが発信するコト -MESSAGE FROM STREET‐

    詳細はこちら

  • 2020 10.11 ON AIR

    ブルース・スプリングスティーン 〜隔てられた世界に響く歌〜

    詳細はこちら

  • 2020 10.4 ON AIR

    ピンクリボンを考える -地域協働で取り組むピンクリボン京都の活動-

    詳細はこちら

  • 2020 9.27 ON AIR

    SDGs 〜2020年代のWhole Earthを考える〜 PART2(再)

    詳細はこちら

  • 2020 9.20 ON AIR

    SDGs 〜2020年代のWhole Earthを考える〜 PART1(再)

    詳細はこちら

  • 2020 9.13 ON AIR

    ピーター・バラカンに訊く、映画『ランブル』とその奥に潜む、 音楽エンターテインメントと人種差別問題

    詳細はこちら

  • 2020 9.6 ON AIR

    太陽光でロックする!-THE SOLAR BUDOKAN‐

    詳細はこちら

  • 2020 8.30 ON AIR

    今日できる防災 〜防災の日に向けて〜

    詳細はこちら

  • 2020 8.23 ON AIR

    FUJI ROCK FESTIVAL在宅講座 〜フジロックが変えたもの〜 PART 2

    詳細はこちら

  • 2020 8.16 ON AIR

    FUJI ROCK FESTIVAL在宅講座 〜フジロックが変えたもの〜 PART 1

    詳細はこちら

  • 2020 8.9 ON AIR

    レコードのある生活、レコードストアのある街

    詳細はこちら

  • 2020 8.2 ON AIR

    レコードとCITY POP 〜CITY POP on VINYLによせて〜

    詳細はこちら