2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2010/01/31 Sun  「思い出し微笑み」
あぁ、いい結婚式でした。

と自分が司会した結婚パーティを振り返って言うのは図々しいですが、
あれは誰が司会しても関係なく、素敵なWEDDINGになったことでしょう。

だって、なにより、主役のお二人が、とても素敵だから。

自分が前に出て目立つとか、
手柄をみせつけようなんて絶対にしない新郎。
だから、自分のために人を集めるなんてもってのほか!
という人だと思っていました。
だけど、結婚式を決意したのです。花嫁のために


きっと彼女と出会っていなかったら、そんなこと出来なかったと思う。
それってなんて素敵なことでしょう!

いつも明るくはんなりとして、かわいい新婦。
彼女の笑顔を見ると、ぱっと心が開く私です。
遠くから手を振っているのをみると、走っていきたくなる。
年下だけど、なんだか落ち着かせてくれるのです。
彼女のウェディングドレス姿のなんと美しいこと!
しなやかな美しさを漂わせていました。


大好きな二人の結婚式とPARTYは、
今思い出しても感動で涙が出て来てしまうシーンがいっぱい。
フフフ.
思い出して笑ってしまうところも。。少々。
で、気がつくと一人で笑っている。気持ち悪い私。。

でも、誰かに伝えたくなる、
出席した友達と何度も「それで、それで〜」と振り返りたくなる、
そんな日でした。

同じく出席した友達からメールが来た。

「今まで出席した結婚パーティの中で、一番感動したなぁ」と。

二人が結婚するだけで、皆にどれだけの微笑みが生まれたか!

その何倍もの微笑みで、新しい二人のお家が満たされます様に
2010/01/30 Sat  「のど自慢大会」
机の中から、出てきたえんぴつ。

五十四年度のど自慢大会 

だって。

五十四年度って、昭和?

だれが唄ったんでしょ?
2010/01/29 Fri  「ミーティング」
今週はDJミーティングがあり、今日は日帰りです。
まりさんも金曜日に出席するということで、
私も金曜日に合わせて日帰り。

写真は鴨です。

すっげ〜でっかい鴨。
これ、一人分です。

食べれるの?と思うでしょ?
思いましたが、食べました。へへ。
おいしかった〜

で、ここまでの流れだと、これがDJミーティングで出るのかなぁ?
と思うでしょ?
思っておいてください。

そう思うと、なんて贅沢な局なんだ。。。802って、すっげ〜でっかい〜
となるかと思います。
それはちょっと、誤解を呼ぶので、正直に。

まりさんと、KIYOMIさんとお食事したときのものです。
KIYOMIさんとはすっかりご無沙汰しちゃって。
でも、相変わらずかっこよかったなぁ。
前にがんがん進んでいる感じ。

このお二人と会うと、自分の未熟さを思い知ります。
学ばないと。。。
2010/01/28 Thu  「こんな日に限って。」
どうしてもサバの味噌煮が食べたくなって、サバを買いにいった、
こういう時にかぎって、売っていない。
しかたないので、そこから歩いて15分のスーパーに行った。
もっと近くにもあるけれど、新鮮なものがいい。
そう思って歩いた。

そこはとても大きなスーパーなので、間違いなくある。
あった。
焼いてあった。
まるごと一匹、すでに焼かれたものが並んでいて、
それいがいは売り切れ。

あひゃ。

今日は何処かの番組で「サバ」を使った料理でも紹介したのでしょうか?
でないとこんなになくならないって!!
仕方なく、ブリにした。

はぁ〜サバみそに。。。

と思いながら、ブリのおいしい記憶が舌の上でよみがえった。
あぁ、しあわせ。

遠い道のりもなんのその。

家に着いて、支度を始めた。

がこんな日に限って、呼び出しがきた。

はぁ〜〜。。ブリ〜。。。明日食べます。
2010/01/27 Wed  「One Man Sings」
東京は代官山:「晴れたら空に豆まいて」というライブハウスでOneManSingsというライブがおこなわれた。

このライブのきっかけはcut-manboocheのVo&gのウリョンさん。
「いつもバンドで唄っているヤツらが一人でやってきて、弾き語りライブをするとどうなるのか。」
そんな思いつきのもと、
彼と、セカイイチの岩崎サンが中心になって、
tobaccojuiceの松本さん、andymoriの小山田サンが第一回目に参加しました。

すごい、好きな人ばっかり♪

この「晴れたら〜」というライブハウスは和風の趣があり、小さいながらも
工夫された、センスのよい雰囲気です。

客席後方にはふたつのたたみ席、があるのですが、時にそこは舞台になります。
で、まずは岩崎サンとうリョン君二人が登場して、1曲。

Folk has enough Rock!

そんなキーワードが繰り返されるこの曲は書き下ろし。
どうやらOne Man singsのテーマ曲になりそう。

二人ののんびりと力の抜けた会話で会場がさらになごむと、
トップバッターは
andymori 小山田壮平さん。
一人でもあの生き急ぐ危うさ
(でもエネルギーの向かっている方向はあくまで「生」。死ではない)を携えていましたね〜。
傷つくより先に走る感じの唄は、その声のよさも、感情も際立っていました。
そして「アコギを普段弾かないから、指が痛い。。」と呟く姿も。

クレイジークレイマーは二回演奏。
一回目が納得いかなかったのか、それとも何度でも届けたいのか。
言われてみれば二回目の方が確かに歌詞が聞こえたけれど、どちらもとても胸に響いた。
「友達に贈った曲」というMCがなくても、ずしんと心に伝わる唄だった。
「16」もやってくれたもんね〜。
でも「1984」はなかったな。

2番目はtobaccojuice まっちゃん。
洋楽カバーを中心に(そんなナイスカバーアルバムを出しています)
持ち時間をめいっぱい使ってたのしませてくれた松本さん、
ギターがこれまたGOOD!
唄の世界を演出するその弾き方、音はかっこよかった〜。
でも唄が終わってお喋りすると、なんだか他の惑星(ほし)で生まれたネコか妖精のような
浮遊感があるのです。
HAPPY♡

しかし、今日の唄は迫力あった!
とてもemotionalというのか、違うところにはいっちゃった感じの熱い唄。
ステージで倒れてしまうシーンもあったけど、
終わるとニコニコ。
ものすごいエネルギーでした。

3番目は。。実はまだどっちが先に唄うか決まっていない、という二人。
ステージ上でじゃんけんして、
勝った方、岩崎サンが先に唄いました。

フィッシュマンズ「ナイトクルージング」のカバーなんぞも披露してくれて、
「合言葉」では会場大合唱!
たのしいたのしい!
岩崎サンの声はまっすぐ伸びながらも色気があって、男らしいのです。
そしてその自由なギターと乗せ方で、会場を熱くわかせてくれました。

なので、やりにくいなぁ〜なんて笑っていたcut-manのウリョンサン。
唄いだせば、それだけで一気に自分のいろに染めてしまうのが彼の声。
ブルージィーでソウルフルな声。
そしてぶるーすハープがこれまたかっこいい!
うたと、ハープとギターの関係がたまりません。


なんて思っていたらあっという間に終了。
盛り上げすぎて、そして楽しすぎて帰れない二人は、
それぞれのライブを終わらせて、アンコールにて
二人一緒に「帰れない二人」を。
二人の全く個性の違う声がかさなって描かれるこの曲の世界は、
清志郎さんと井上陽水サンの共作のこの曲にぴったりでした。

そうして、アンコールは続きます。。
ウリョンサンのたっての希望で、
4人がステージにでて「スローバラード」を。

清志郎さんの曲は清志郎サンの声で唄うのが一番ですが、
4人で奏でるスローバラードもかっこよかったです。
松本さんはぶるーすハープで参加していました。
これがかっこよかった!

OneManSings一回目は大成功に終わったと思います。
ご機嫌なライブだったので、次回もありそうです。
次はどんなメンバーになるのか、楽しみ!
そうして、大阪でもライブしてくれたらいいのにね。
がんばれ〜
2010/01/26 Tue  「模様替え」
とても久しぶりに、模様替えなるものをしてみた。
使っているようでいて、あまりきちんと使いこなしていないライティングデスクを、
CD部屋から居間に移動した。
なので、電話の近辺やらなにやらに散らばっていた文房具を 全部一カ所にまとめる。
ふふふ。
そうすれば、あちこちに歩いていかずにすむのだ。収納も無駄がなくなる。

おまけに辞書もまとめて置いて、レターセットなども綺麗に閉まっちゃう。
宅配便やバイク便の送り状や、切手なんぞも綺麗に整理してこの中に。

仕事のものだけではなく、生活のものを移動させるのだ。

これですっきり!!

のはずが、いつまでたっても綺麗にならない。

正直、確実に散らかっている。
どこから始めればいいのかがわからない。

ルールがまだ決まっていないから、、

どこに何を入れる、それが常、とい場所がまだ決まっていないから。
ルールから作らないといけないのだ。

あっちにこれ入れて、入りきらずに諦めて、
こっちにこれ入れて、大きさがびみょう〜で気持ち悪く。。

あぁぁ。。始めなければよかった。。
フローリングがモノで溢れてる。。フローリングの板目がみえない。あ、模様替えだ。。

いま、そんな状態で〜すっ。

今日のところは、空っぽの引き出しに全部入れて、とりあえず入れて、
明日またがんばりますう。
2010/01/25 Mon  「ご縁ですから」
世の中はバーゲンの時期である。
なんて言ってみるけど、
百貨店や駅ビルは 結構長い間saleの文字を掲げている昨今ですよね。
だからか、今年の冬のバーゲンはあまりみんな燃えていないような気がします。
というワタクシ、
基本、あまりsale に行くのが好きではありません。

いえ、半額とかで好みのものが買えたら、そりゃ嬉しいですよ。
でもね、自分が正規の値段で購入したものが半額になっていると、
くやしくないですか?くやしいですよね〜。

だったら言ってよ〜。
あの時「もうなくなりますよ!!」とか言ってせかしたじゃん!!
とニコニコ顔の店員さんに向かって、ほっぺを膨らませたくなります。
だがしかし、もう遅いのだ。

私は背が高いからか(サイズが違うのか)、
それとも自分の服の好みが他の方と違うのか、
余っている事、多いのですよ。
余っているんですよ、売れなかったってことです。
それもなんか悔しい。。。

でもね、反対に、
それをわかっているなら、最初からバーゲン狙いでいけばいいじゃん!てわけで。
とおもうと、これがうまくいく訳なく。
「この一つ下のサイズなら。。」となるわけです。

それも「ご縁」というものですよね。

出会えるときには出会えるのです。駄目な時には駄目.

なので、その貴重な時を大切にしないといけません。

はい。
何気なく寄ったお店でみつけた半額になっているワンピース、
買いました★
ご縁ですから、それを逃すとよくないですわよね。
2010/01/24 Sun  「言い忘れた事」
空を見上げた去年。(世界天文年)
今年も、航空100年、ということで、飛行機が夢を運んでくれることを願いましょ。
なんてオープニングでしたが、
そろそろ月と火星が接近する頃です。

紅い星が満月の近くに。。ということをきくと思い出すのが、
岡本祐佳さまと満月&火星を見上げながら飲んだ夜の事。

目の前の美しい星に感動したなぁ。。

なんでも月と火星が接近するのは2年と2ヶ月ごとだそうです。
ということは、ゆうかちゃんとの夜は4年4ヶ月まえのことか。。
そんな風に思い出すことができるのも素敵なことですね。
覚えているかなぁ。。

てなわけで、満月と赤い星が近づくのは1月30日ですって。
(火星が接近するのは28日です)
今回は最接近しても約1億km離れている
小接近だそうですが。。。

空を見上げてみて。

それだけでうつむいた心もいやでも上を向きます。きっと。
2010/01/23 Sat  「列伝」
スペシャ列伝を赤坂BLITZまでいってきました。
びっくりしたのは BLITZの前にスケート場ができていたこと。
と思ったけど、そういえばテレビでやってたなぁ。。
もっとびっくりしたのは、まだクリスマスみたいにきらきらしていたこと。

ま、閑散としたスケート場というのも寂しいですものね。

それはそれとして、いいバンドが集まったライブ。
sister jetはなんであんなにcuteなんでしょね?
そんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、
なんか、きゅんとさせる魅力をもったキャラクターです。
最後にきかせてくれた新曲は
「98回戦って、98回負けたというボクサーのニュースをみたんだけど、
それってオレのことだとおもったんだ。
Mr.ロンリー。
でも、それってみんなもそうだと思うんだ。
だから、sisterjetはいつでもそばにいるよ、っていう曲をつくったんだ」

たぶん、時間がなくて、ちょっと言いたい事を省略したかと思います。
でもね、その言葉に私の目の前の女の子達は「きゃっ♡」と喜んでいました。
彼らはなんだか一生懸命なところがいいのです。この言い方は不本意かもしれませんが、
一曲でも多く演りたくて、聞かせたくて仕様がない感じ。
いいですね〜。


そして初めてみたのが
avengers in sci-fi
うわさにはきいていましたが、この音の世界を生で演奏できるの?
と期待していたら期待以上でした!
3ピースバンドで、打ち込みの宇宙感と生の演奏のスピード感があわさって、
気持ちいい!宇宙感ありながら、現実感あるんですよね。。
「先生」とよばれていたハセガワマサノリのドラミング、凄いなぁ。。
R.E.Mのアルバムからバンド名がついているというのも、ちょっと興味をそそるでしょ?

andymori
はいま、一押し。
なんて言いますが、実はらくだディレクターの去年NO.1バンドで、
あぁ、もっと早くからライブをチェックしていれば。。
と悔しい気持ちを持つ程、私の周りでは盛り上がっています。
あの危うい程の疾走感と声の切なさのバランスがたまらないわけですが、
ドラムの怖い程の迫力ととその声を結びつけるBassの存在感がバランスをとっています。
といいつつ、このスピード感もたまりませんが、
こんなぐっとくる曲も書くんだ。。とひと聞き惚れした「1984」「16」(偶然にもどちらも数字タイトル)
この2曲はバンドの深みを知らされる。
とても映像的で切ない。切ないから音がそばにある。そんな感じがするのです。

しかし「1984」は唄もめちゃくちゃ好きですが、
間奏もいいんですよね。。そこに見える絵は自分の中にある風景だと思うのです。
今度じっくり、目を閉じて聞いてみてください。

そうしてとりを飾ったのはこりゃまぁ盛り上がるTHE BAWDIES
彼らはあげ方がさすが!喜ばせてくれるのです。
そして何よりその曲が体を弾ませてくれますから。
今日のトリを飾るにふさわしい、一つ上の華やかさを携えたライブで楽しませてくれました。


二階の立ち見エリアは音楽業界若手関係者も多かったようで(?)
幕間の世間話にも耳をかたむけたりして。
スペシャの映像が流れてモーモールルギャバンが一瞬うつると
「知ってる?チェックした方がいいよ〜。」
「大阪で話題になってるバンドなの」
だそうです。
たしかにMUSIC CHALLANGEで一等賞とりました〜。
東京でラ族が増えるかもしれません。ふふ。
2010/01/22 Fri  「あんどりゅ〜」
安藤裕子サンのアコースティックライブ。

ピアノとギターと唄(時々笛)。

すごいな、この人の声は。

とても神々しく感じることがある。
美しく強い声が、光が膨らむ様に広がって、心をついて響く。。
諭されるような…痛いところにまっすぐくるような。。そんな強さのある声。

そしてMCでは力のぬけたお喋り。
なんとも自然で可愛らしい。

でも、力が抜けているようでいて、実は、溢れ出るパワーを携えているのが
安藤裕子なのである。

「自分の人生、自分で歌わないでどうする!」
一緒にうたう曲で会場を盛り上げるために出て来た何気ない言葉。
でもずんと来る言葉。

新曲にも、たくさんのパワーをもらいました。
いい曲、いっぱいできているようです。
アルバム、たのしみです。