2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2019/07/15 Mon  残念
自分の作った作品の中でも、一番使いやすくて、
可愛くて、気に入っていたのに、
なぜか落としてしまった。
金継ぎもできるけど、
ここまでになったら、また新たに作った方が早いかな。。

なぜ気に入っているものから壊れるのだろう。。
2019/07/13 Sat  なでてー!なタケルさん
手を離したら、猫ポーズ。

大変幸せをいただきました。ありがとうございます。
いい加減に退いてください。
2019/07/13 Sat  伸びをするタケルさん
開いたお腹を撫でてあげたら、両手を上げて、寝転び万歳。
アヘー
2019/07/13 Sat  ある日のタケルさん
さぁ、これから仕事をしようという机の上にやってきて、
ゴロン。猫が大好きな新聞の上に、だらん。
と伸びて、
そのまま。
2019/07/11 Thu  藤井フミヤ 十音楽団ライブ@中野サンプラザ
今月から 35周年記念公園 十音楽団 ツアーがスタートしている
藤井フミヤさん
7月11日中野サンプラザで、大阪より一足お先に、拝見しました。

10の音の楽団と書いて「とおん楽団」
ステージにはバンマス有賀啓雄さんを中心に、
フミヤさんも含む10人のバンドメンバー。

藤井フミヤ(Vo)
有賀啓雄(Ba)
田口慎二(Gt)
岸田勇気(Key)
藤井珠緒(Per)
吉田翔平(Violin)
藤家泉子(Violin)
清田桂子(Viola)
林田順平(Cello)
かわ島崇文(Sax, Flute)

(ストリングスカルテットの1stバイオリン 吉田翔平さんは
有賀さんと同じく、小田和正さんのツアー中。
吉田さんは今4つのツアーを並行して回っているそうで、
びっくり大忙し!!)


この10人の音で織りなすステージは、
初の試みとなるの構成・演出で楽しませてくれました。

冒頭から、フミヤさんの語り・セリフ?のような、それでいて、
途中は完全にアドリブだろうなと思わせる言葉で、
導かれ、新旧の楽曲で描かれるストーリーを見るようなステージ。

(すでにライブのレポートもネットで
公式に掲載されていいるようなので、
記しても良いであろうところまで。。)
物語は5章に分かれていて、
それぞれのテーマに合わせてNO選曲は、
どんな曲が奏でられるのかワクワクしました。
意外な曲もあり、かと思うと、
個人的にはこの章、このテーマならきっと演奏してくれる!
と期待した曲が当たったりして、嬉しいものです。



この日で57歳になられたフミヤさんですが、
その歌は歳を重ねるごとに豊かになっているように思います。

映画や、舞台を見るように楽しみながら、ふと気がつくと、
その世界にストンと落ちて、歌に包まれている感覚を味わいました。
また、
いつもとちょっと違う、
しなやかな動きをたっぷり堪能できるダンスもお楽しみに!


ご自身で考えられたと言うセリフもあって、
いつもと違う緊張感があるようで、
アンコールで見られるホッとした表情も格別です。
この日は、バースデーケーキも登場し、
会場みんなでお祝いすると言う光景も見られました。
HAPPY BIRTHDAY!!


そして年末にはライブハウスでのツアーも開催ですー。
2019/07/08 Mon  Curly Giraffes @渋谷WWWx
ベーシスト高桑圭さんのソロプロジェクト 
Carly Giraffeの久しぶりのライブ。
約5年ぶりとなるNewAlbum[a taste of dream」を携えてのライブは
おなじみのメンバー 
Gt:名越由貴夫、key:堀江博久、Dr:恒岡章という鉄壁のバンドで、
途中アルバムにも参加した 
藤原さくらさんもゲストにお迎えして楽しませてくれました。

前半はアルバムの曲を曲順に、
そして後半はこれまでの6枚のアルバムからの曲を交えての
Party Time!!

アンコールの後に鳴り止まぬ拍手にもう一度登場されて、
急遽、ダブルアンコール、弾き語りで一曲聞かせてくれました。

5年ぶりのNewAlbumの心地よさと、
最高のバンドのグルーブに酔ってのPartyNight.

終演後のご挨拶では楽屋にびっくりするような
ゲストアーティストの方々がずらり。
大人気のCurly Giraffeさんです。

来月、この番組で特集させていただくことになりました!
お楽しみに。
2019/07/06 Sat  YAZAWA FES’
幕張メッセで開催された
E.YAZAWA SPECIAL EVENT ONE NIGHT SHOW 2019へ

氣志團、MIYAVI, 東京スカパラダイス with奥田民生 KRAEVA
そして矢沢永吉、という順でステージに登場。


幕張の会場は他にもいろんなイベントしていたので、
もうお客さんが多種多様ですごい人だった。。。

この会場だけでも、氣志團の格好、
リーゼントに学ランきた女の子2人が、
E.YAZAWAのタオルを広げて写真撮っていたり、
真っ白なスーツにサングラスのおじさまがたくさんいらして。。
私の前の席にも座ってらして、
おじさまのお隣が『真っ赤なスーツにリーゼント姿』の息子さんで、
隣が普通の格好のお兄さんとお母さん、
と、勝手に家族にしていますが。。多分そう。

そのおじさまがどのアーティストでも手をあげて、
応援するようにみていらして。素敵でした!
息子さんにも盛り上がれーと促すんだけど、クールに笑ってて。
もっとクールなのはお兄さんとお母さんでしたが、
そのお兄さんはKREVAの時に大盛り上がり!!
お父さんもお兄さんに合わせて盛り上がろうとして、
お兄さん更に喜ぶ、という光景にキュンとしました。
一家で、この日を楽しみにされていたのでしょうねー。

そんなYAZAWAファンが多く、
どのアーティストでも拍手と歓声が大きかったのが素敵です。

トップバッターの氣志團は
「矢沢さんのフェスに呼ばれたぜーーー」と喜びを表しながら、
Rockin’ my Heartやファンキーモンキーベイビーをカバーして、
リスペクトの気持ちを表していました。


MIYAVIさんはおなじみドラムのBOBOサンとの2ショットステージで、
そのビートの効いた音で一気に観客を引きつけました。
矢沢さんと同じ誕生日だそうで、告白すると、
会場から「おお〜〜」とそれだけですげ〜的な声が。。
いつか言おうと思っていた。そうです。


東京スカパラダイスオーケストラはDown beat Stompで始まるも、
最初,会場は、長身のスーツ姿の男たちに釘付け。
ステージの上を縦横無尽に動いて演奏する姿と、
その華やかな音に自然に体が動いて、
3曲めの「Paradice Has No Border」になると
「さかなクン!」と叫ぶ声も聞こえて、大盛り上がり。

斜め前に、その音に身を委ねていつものように踊る女の子がいて、
その子のことを、あの白と赤のスーツの親子が見ていて、
「いいな、あんな風に踊るんだな。楽しそうだね」
という感じでニコニコ親子が会話している感じが良かった。
(これも勝手な想像です。でも、お父さんは、一曲ごとに、
スカパラと、その女の子に拍手を送っていました)

その三曲めで「ゲスト:奥田民生さんが紹介されたのですが、
演奏が始まって名前呼ばれた途端に会場大歓声!
出てきていきなりギターソロをカッチョよく決めるはずが、トラブル!
ギターの音が出なくて。
メンバーが間奏を伸ばして試みたけど、修正できず、
ギターおいて、マイクとって、お立ち台に立って、
「てってれってってー!!」と
あのさかな君のsaxのフレーズをスキャットで披露。
そこでもまた大歓声。

奥田さん、最近のアー写でおなじみの
松田優作さんの黒スーツ着ていたのですが、
MCで「音でないので、歌いました。まさになんじゃこりゃ!?」な
感じでしたー」と笑わせてくれました。

続いて、スカパラと、
UNICORNの「スターな男」スカパラホーンズが入って!!
これも嬉しかった!
加藤さんのギターそろや冲さんのキーボードソ路もかっこよかった!
「谷中さんの「僕らの大切な曲を民生さんい歌ってもらいます」
と言って、「美しく燃える森」
谷中さんがフェスの大判タオルと、民生さんの肩にかけて、の一曲。
終わって、民生さん、
そのタオルを綺麗に畳んで返却していたのが可愛かった。


この後にKREVA、スカパラあと、
永ちゃんの前,というのもプレッシャーだろうなぁと
思いきや、全く緊張しなかったそうですが、
いつものように、場の空気を感じ取るのがうまいKREVA.
矢沢さんに敬意を、お客さんに決してへりくだることなく、
丁寧に会場に話しかけ、盛り上げるのはさすが!です。


矢沢永吉さん、大トリの登場。
舞台転換の間中、会場のそこかしこから、
待ちきれない「永ちゃんコール」

矢沢さんは、とても若いメンバーも入ってのバンドで、
ホーンセクションも4人、
佐々木組、と矢沢さん紹介されたコーラスには
なんと佐々木久美さんや、
タイガー(サザンのライブでもおなじみ)も!!
かっこよかった。

で、始まりは
このフェスのタイトルにもなっている「ワンナイトショー」
1979年6月発売のアルバム Kiss Me Please収録。
ちょうど40年前リリースされた曲、糸井重里さん作詞。
でスタートしまして。。

「Brother」
「You」

そしてお?なぜこの曲?と思ったのが
「September Moon」

曲終わりに 「夏だね。夏の夜はこの曲だよね、
と思って持ってきました」
嬉しいです。好きなので。まだ7月だけど。。

そして後2ヶ月で70歳になります。と。
70のロックシンガーはいる。ミックジャガーに、エアロに。。
でも日本ではいない。
「俺、やります。よろしく!」

といって『Somebody’s Night』ですから!!
「ラストシーン」と二曲続けて、
この日テレビでやっていたMusicDayの中継が入りまして。

ステージにスカパラホーンズと、MIYAVIが出てきて。
さらには矢沢さんが「民生くんとかもコーラスに入ってさ」
という一言で、
全キャスト揃っての「止まらないHa~Ha」


民生さんと肩組みながら歌う光景も見られ、みんな嬉しそうでした!
矢沢さんがみんなの名前を呼んでいらしたのですが、
KREVAも「名前呼ばれて嬉しかったー」って
終演後に楽屋でおっしゃっていました。

もちろん矢沢さんもご機嫌。
「夏だよ、夏、最高。47周年、嬉しいね。ありがとう」

で、最後に「Yes My Love」聞かせてくれて。
歌い終わると同時に、
スクリーンにバーンと、「NewAlbumのお知らせ」が出ました。

9月4日、7年ぶりのNEWALBUM

「いつか、その日がくるまで…」

70歳にして、ビシッとしまった体型、伸びやかで力強い歌声。
色気のある。。
日本のバリバリのロックシンガー、矢沢永吉、
今からお誕生日月の9月が、楽しみです。
2019/07/05 Fri  宮沢和史@世田谷区民会館
「時を泳げ魚の如く」コンサート。
この日の東京公演は世田谷区民会館という住宅街に囲まれたホールで、
宮沢さんがいつかやってみたいと思っていた場所だそうです。
世田谷区内の小田急線の駅にもポスターが貼られていて、
お散歩がてら歩いていた宮沢さんが
自分のポスターに出くわして、ボサボサのかっこした自分と、
ポスターの自分が対面して 恥ずかしかった。
なんてMCでおっしゃっていました。

アルバムリリース記念のライブを続けて8ヶ月?
今回はツアーを一緒に回ったメンバー

ドラムス:伊藤直樹
ピアノ:白川ミナ
ギター:町田昌弘


に加え、パーカッショニストの“美座ミザリート良彦”が参加。
オルケスタデルソルのメンバーであり、 THE BOOMの
極東サンバ、Tropicalism-0°、時代のサポートメンバー、
久しぶりの共演に、宮沢さんも嬉しそう!

このころのツアーはブラジルやヨーロッパ
(フランスドイツ、スイス)、
そしてキューバの方も回ったかと思います。
自分たちのライブの後、
夜中に音を出せるお店に集まってまたライブして。。
歩いて帰って道に迷って。。
という思い出もおもわず出てくるほど、嬉しそうでした。

ライブ後半にミザリートさんが登場して、
極東サンバから モータープール、風になりたい、
TOKYO LOVE、ブランカ、と続けて聞かせてくれて。

久しぶりに宮沢さんのラテンなダンスも見られました。

終演後に「あんなに動いて、首は大丈夫なの?」
と聞いたら、あいつのせいだよ〜躍らせるから!!
と嬉しそうにミザリートさんのせいにするMIYAさんの表情が
体調の良好さも、この日のステージが
どれだけ楽しかったかを語ってくれました。
と同時に、
色気のあるステージだったな。


ライブの前半の最後で

「道で演奏していた僕らを拾ってくれた」
というレコード会社のディレクターさんが今週亡くなられたそうで。。
トロピカリズムまでのアルバムを一緒に作っていた大切な方で、
つまり、THE BOOMが一番動いていた、世界を南下して、
探求して新しい音楽を奏でていた時。
どこに向かうのか、新しい音楽を次々と奏でる彼らを
心から信頼して応援してくださったようです。
そんな彼に捧げる思いが託された、島唄が、素晴らしかった。

三線を弾き語りの形で始まったのですが、
ここ数年沖縄への思いも深まっている宮沢さんなので、
凄みも感じるほどの、説得力のある歌。言葉。
圧倒的でした。


NEW ALBUMからの曲、ガンガズンバの曲や
ソロの曲、あとはTHE BOOMの曲。。。
ミザリートさんも参加されたからこそのセットリストかと思いますが、
秋の30周年記念コンサート「あれから」が楽しみになります。

THE BOOMを超えることは到底できないけれど、
このバンドに恥ずかしくないような道を進んでいきたい。
という言葉も響いた夜です。
2019/07/03 Wed  七夕祈願祭
三年前にお参りして、すぐにご利益があった友達と、今年もお礼参り。
なんとも風情があります。

ここは本当にご利益あると、信じている、私たちです。
2019/07/03 Wed  東京大神宮
「東京のお伊勢さま」である東京大神宮へ
神前結婚式の創始の神社だそうで、
「心むすび、縁結び、幸結び」のご利益のある神社として
知られています。
文月の七夕祈願祭には笹が飾られ、
短冊三種(織姫短冊、彦星短冊、幸せ星短冊)が用意され、
笹竹に結びつけることができます。