2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2010/10/03 Sun  平安神宮 月夜の宴 第二夜〜お食事3
京都のお漬け物〜。
2010/10/03 Sun  平安神宮 月夜の宴 第二夜〜お食事4
噂のカレー屋さん、スパイスチャンバーの店長!
カレーのお差し入れ、ありがとう
美味しいけど、辛かったよ。
2010/10/02 Sat  平安神宮 月夜の宴 第一夜 ライブレポート
出演:kokua ASKA ,Cocco, miwa, and more

京都らしい音のイントロダクションから始まる月夜の宴。
このインストはDr.の屋敷豪太さんが
作って来てくださった曲(ありがとうございます!)で、
リハーサルの時から皆が「ありがたい曲」と呼んでいました。

この「有り難い曲」のイントロが流れ出すと、
ステージの後ろの大極殿は、その全体がブルーの照明に照らされ、
より幻想的になります。
そうしてkokuaのメンバーがステージに登場。
曲の途中リズムが入る所からは生演奏に。


古代から今日までの時の流れをたどるような、
どこか大陸的なビートと、
武部さんのピアノが流れるように響き、
小倉さんのギターが闇夜を抜けるように抜ける。。
2人のメロディーの繰り返しが、めぐる歴史を語るよう。。

そうして「ありがたい曲」が終わると、絶妙な間を置いて、
小倉さんのギターが一曲目のイントロを奏でます。
M1:「Progress」

そのイントロに乗ってスガさんが登場すると、
会場からは一段と大きな拍手。
大極殿は白いライトに照らされ、
まっ白な壁に朱色の柱がくっきり。
それとは対照的に、一瞬スガさんがシルエットに…。
マイクに手をかけて、すっと立つ姿のシルエットが絵になる!!

スガさんの声は、いつでも歌いだしに、まず、まいります。
どんな声なのかわかっているけど、
何度聴いてもこの歌いだしにぎゅっとくる。


曲終わりでご挨拶とkokuaというバンドの説明。
(NHKの番組「プロフェッショナル」の主題歌を歌うために、
伝説のバンド、プロフェッショナルが集まったバンドを作ろう!
ということで生まれたバンド。)


一人目のゲストボーカリスト紹介。
彼女が出てくる間にギターを抱えると、私の後ろの席から
「わぁ〜スガさんギターも弾いてくれるんだ!!」
と感激の声。
ステージから下がると思っていたのでしょうね。

今回はスガさんはkokuaというバンドの一員。
なので、ギターを演奏したりコーラスをしたり、
デュエットしたり。。と大忙し。
スガさんの曲をもっと聴きたかった!というかたも
多かったかもしれませんが、
そんな姿を観ることができるのも格別です。
初めて、と仰っていましたしね。
2010/10/02 Sat  miwa
M2:愛について with スガシカオ
M3:僕が僕であるために
M4:don't cry anymore

「こんばんわ miwaです!」
そうそうたるメンバーの中、トップバッターを飾ったのは
今年3月にデビューしたばかりのmiwa.

今年イベントライブで拝見し、
その堂々たるステージングや、
まっすぐのびる歌声に魅了され、
お声をかけさせていただきました。
スガさんや武部さんともテレビのお仕事などで
数回共演されているそうで、
miwa さん自身もスガさんの大ファン。

しかし、さすがのmiwaちゃんもこの空気には緊張気味!

MCでも「なんか喋ってください、スガさん。。」
と頼りにしちゃう姿も可愛い。

しかし、歌いだすといつものmiwaの歌、なんですね〜。
さすが!

昔から好きだと言うスガさんの「愛について」は
ご本人との共演で。
miwaの歌いだしで始まったこの曲では、
彼女の、可憐でありながら強さを携える歌声が
この曲をいつもと違う魅力に。
この曲のスガさんの歌声、すーっと身体の真ん中を
通る気持ちよさがあったなぁ。。

「僕が僕で。。」尾崎豊のカバーでは、miwaのサビ前の、
気持ちがぐっと前に出るところが、たまらなかった。
そしてデビュー曲では「あ、知ってる!この曲だったんだ〜〜!」と
会場から納得&感激の声。

また彼女のもう一つの魅力、ギターを楽しそうに弾く姿。
短いながらも、彼女の魅力は存分に発揮されたのではないでしょうか?

いつでも、どこでも「自分の歌」を歌えるmiwa。
ライブ終わってハグしてしまいました。。
2010/10/02 Sat  Cocco
M5:強く儚い者たち
M6:ニライカナイ
M7:樹海の糸

スガさんから
「僕と同期デビューの方です」
「今回初めて会えて、やっぱすげーなーって思った。
皆さんもその歌に吃驚すると思います」と紹介されたのが、Cocco!


長い手足をしなやかに動かし、軽やかなステップをふむように
出て来たときの美しさに溜め息!

いつでも体全体で、たましいのこもった歌を放つCocco.
この平安神宮という神様のいる場所での彼女の歌は、
どんな光を放つのか、
どうしても感じてみたい。。その想いが叶いました。
穏やかな空気が漂うこの場所に風を起こす力強さ、美しさは、
身体全体で感じられました。

ニライカナイでは、
「イーヤー!ハイヤー!」というかけ声と同時に、
右手をまっすぐ天にのばした瞬間、大極殿が黄色に染まりました。
ほんの一瞬の事。
そのハッとする迫力!!
なんて素敵な演出。。
この黄色はこの一瞬だけしか使われなかったような気がします。
ドラムが入るところではすっとブルーに変わり、間奏では真っ赤に。。
大極殿が歌に染まっていく感じ。


圧倒的なその世界がひろがり、さらに
風向きがぐわっと変わったのは、「樹海の糸」

その歌に、身体の底から何かがわき上がる様に力が溢れ、
涙が出てしまったワタクシです。。
2010/10/02 Sat  and more...
M8:愛は勝つ
M9:求婚(プロポーズ)

スガさんが「今回は一人だけシークレットのアーティストがいます。。
僕らのバンドkokua もですが、
miwaさんも, Coccoさんも、ASKAさんも。。
ローマ字表記ということで、
この方もローマ字です。ローマ字だと三文字に。。」
とand moreさんを紹介。


はい。偶然なんですけどね、
ローマ字、アルファベット表記がヒントでした〜。
and moreさんは この番組では本当にお世話になりっぱなしの、
KANさんでっした。

「KANさんです!!」
の紹介に会場には大歓声が起こり、きゃ〜と黄色い声!!
その感激の声の中。。。ご本人は登場せず。。
というのも、その出で立ちの関係上、早く歩けない、
斜めに歩けない。
スガさんは4回も「KANさん!」と呼んで、ゆっくり登場、
ステージの中央に来た時には、5回目のコール、「神主さん!です」
ナイススガさん♪

そうです、
神主さんの出で立ち(平家の装束?)で
曲線をきっちり描いてゆっくりと登場したKANさん。

この時まで、ステージにいる誰も、私たちも、
KANさんの衣裳を知りませんでした。
リハーサルの時は「衣裳がでかいので、近くに寄れないかも。。」
なんておっしゃっていたので、
もしかして、十二単??とも思いましたが。。
(実は、ライブ一週前の番組の最後に、and moreのアーティストヒントを
「KAN主(神主)さんも吃驚!」って最後に叫んで終わろうか〜なんて
スタッフと言ってたのですが、言わなくてよかった。。)

『丁度20年前ですね、西暦で申しますとと776年に出した曲を。。
歴史にお詳しい方は、是非ご唱和いただければ。。。」

ひぃふぅみぃよっ!
のカウントで「愛は勝つ」を演奏〜。
イントロの演奏の広がりの気持ちよかった事!!


ポニーテールのような烏帽子?があのピアノを弾く度に揺れて、はねて。。
たのしい、おかしい。。。!!
スガさんが言ってた「その靴で、ピアノ弾けるんですか!?」
というぼっくりのような履物は、脱いでピアノに向かったそうです。

そして何事もなかったかの様にすっと立ち上がり、
「もう一曲よろしいでしょうか?19年前のことですから、
西暦にすると775年に…
当時は「求婚」というタイトルでしたが、
1200年以上経ちまして、「プロポーズ」という
タイトルで親しんでいただいてます。」

プロポーズは、なんと武部さんのピアノで、ハンドマイク!
これもなんとも貴重な映像でした。


まもなくのイベントの準備などで、
お忙しい中の出演依頼にも関わらず、
快くお返事をくださったKANさん。
そのお返事の最初の言葉は
「衣裳どうしようかなぁ。。」だったそうです。フフ。
2010/10/02 Sat  ASKA
M10:はじまりはいつも雨
M11:C-46
M12:月が近づけば少しはましだろう
M13:めぐり逢い


KANさんに「個人的に最も尊敬する兄貴分でございます」
と紹介されて出ていらしたのは、ASKAさん!


黒のスーツでびしっと決めたASKA さんは
白いタオルを袴の様にして、
払いながら歩く真似をして、笑いながら登場。

ASKAさんがマイクに手を置くと、ステージの後ろから
放射状にライトが照らされ、
「はじまりはいつも雨」のイントロ。。
武部さんの奏でるそのイントロに溜め息のような歓声。
(その後ろではKANさんがしっかりと直角にまがって、ゆっくりゆっくり退場。
そのあとステージの下でしっかり大声で歌っていたそうです、あのお姿で。。)
心くすぐる歌声がたまらない美しい名曲です。

武部さんが次のイントロを奏で始めると、
そのピアノの美しさに敬意をしめすように、
ASKAさんは後ろに下がって姿を潜めます。
C-46のメロディ。
「あの頃」を思い出すかのようなメロディ。。
この曲はニューアルバムのラストを飾る曲。
アルバムを流れで聴くと、この曲の深さを改めて感じられます。
お楽しみに。


「自分でもいつかこういう光景で経験できたら良いなぁ〜と思っていたので、
こういう機会を与えられて幸せに思っています。」

と言ってくださった後、
昨夜の前夜祭の話もあり、
「月が近づけば少しはましだろう」の曲紹介に
大きな喜びの声が起こりました。

情け無い男の心情を歌いながら、
とても力強い歌が広がるこの曲は、
ライブでも人気の高い曲。
ここで聴ける事を期待していた方も多かったと思います。
曲終わりで男性からのかけ声が多かったような気がします。。

ASKAさんはソロでアルバムをリリースしたとき、
当初、ライブはしないつもりだったそうです。
でもその当時武部さんが「ライブやらないの?
なに言ってんの?やろうよ、オレピアノ弾くよ!」と
言ってくれたそうで、
武部さんがそう言ってくださるのなら、とやる気になったそうです。
だがしかし、いざやろうと思ったら、
「ごめん、忙しいんだよ〜って言われちゃって。」
「ソロでステージに上がらせてもらっているのは、武部さんのお陰です」

そんなお話も披露してくれました。

めぐり逢いはスガさんとのデュエット。
ASKAさんのコードは難しい。。歌も難しい。。と
皆が言っていたこの曲、
スガさんの歌いだしで聴くことができました。
格別


これで、第一夜の本編は終了。
2010/10/02 Sat  encore
en1:午後のパレード〜kokua
en2:夜空ノムコウ~全員

「はっと気がつくと僕があんまり歌っていなくて。。
kokuaの持ち曲はとても少なくて。なので、僕のオリジナルを、
kokuaでカバーという感じで。。
大体なんでこんなにかしこまっているのか。
「僕」って言ってますものね。
神のちからというのか、spiritualなものが
「僕」と言わせる。。」と笑わせてくれて、
さらには、
「午後のパレード」で盛り上げてくれたのでした!

思えば。。屋敷さんのアレンジのこの曲。
テレビの収録では何度かあったようですが、
恐らくライブでこの曲を屋敷さんのドラムで聴けたのは、
初めてではないでしょうか。。
そして後奏ではそれぞれのソロ演奏もあり、
盛り上がる盛り上がる、たのしい〜〜い♪一曲となりました。
(この曲の根岸さんのベースラインも気持ちよかった!)

そうして、出演者全員がステージに登場して、
「夜空ノムコウ」で終了。
デュエットするときには、ご本人ではなく、カバーする人が歌いだす。
という武部さんのアイディアですが、
このアンコールの一曲では、ご本人の歌いだし。

リハーサルでは曲の終わりを、歌終わりですっと終わらせようか。。
という案もありましたが、Coccoさんが「これは最後の曲だから、
<今日もいろいろあったや〜>と思い返すところ。
だから、すぐおわったら 可哀想だや」

という意見で、長めに歌う事になったのでした。
本番ではCoccoさんが
全員の名前を呼んでメンバー紹介。
これはあっぱれ!です。


第一夜は、超晴れ男さんもいらしたこともあり、
星と虫の音が美しい帰り道となりました。
2010/10/02 Sat  平安神宮 月夜の宴 第一夜
さすが超晴れ男:ASKAさんと、
今年全勝!ツキを背負う男:shikaoさんがいるだけあって、
晴天の第一夜です。(途中で雲が増えたけど、夜空は星が見えましたね)


昨夜の「すでに打ち上げ?」的な盛り上がりのお食事会で、
楽しい時間を過ごせたからか、
連日のハードスケジュールもなんのその、
皆様ご機嫌で登場です。
(本当に昨夜は盛り上がりました!
こういうところに、バンドの関係の素晴らしさがにじみ出るものですね)

参拝客がいる時間からリハーサルが行われ、
その間に番組の準備をしながら、途中抜出して
はまじぃと私は2人だけで、平安神宮の神様にご挨拶。
5時から全員で正式参拝するのですが、
このライブをお手伝いするお話をいただいた春から、
何度か参拝してお願いしていたので、やっぱりここはね♪
2人でご挨拶しておかないと。
2010/10/02 Sat  平安神宮 月夜の宴 第一夜2
気がつけば開演時間になり。。
メンバーはステージに。
屋敷さんとスガさんの2人のスマートな衣裳が素敵!
細身のパンツとシャツ、帽子がまたオシャレ!
「かっこいい〜 」と思わずつぶやいたら、
屋敷さんはポーズをとってくれて、スガさんは
「俺たちロンドンスタイルだもんね〜」
と、ご機嫌にステージに向かわれたのでした。