2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2017/02/27 Mon  「武部聡志さんHAPPY 60」
音楽プロデューサー:武部聡志さんの還暦をお祝いするShow!

これまで武部さんと共演していらしたアーティスト(蒼々たるメンバー!!)が勢揃いして、
終止笑顔の武部さんと、その関係を表す素敵なエピソードと、
敬意と愛の溢れた演奏を堪能した夜でした。

東京国際フォーラムは
会場となったステージのすぐ下、客席との間にはは赤い絨毯が敷かれ、
テーブルクロスと花が飾られた丸テーブルがずらり。

そこにその夜の豪華な出演者達と、主役である武部聡志さんが着席し、
Showを観ながら出番を待つという演出。

プレゼンターのChayさんが、楽曲のやりとりのメールには、意外にも絵文字がついてくる!
と披露すれば、ゴスペラーズの村上さんは「僕にも絵文字をつけてください」とおねがい。

一青窈さんは「もらい泣き」と「ハナミズキ」をひろう。
新しい命とともに白いドレスを纏い、ステージを自由に動きながら歌う姿は神々しくも有りました。
もらい泣きの歌いだしで、涙を滲ませたり、
歌詞の「親友」のところで、コーラスのひとり、加藤いずみちゃんのところにかけよって、
泉ちゃんが恥ずかしそうに歌いながら笑うシーンも、胸をつつきました。


*大黒摩季さんと織田哲郎さんが登場すると、ステージがパッと明るく。。
お二人とも衣装があかるかったのも事実ですが、その存在感とお喋りで笑顔にしてくれました。
武部さんは、こんなに皆に気を配る方なのですが、うっかり傷ついたことがあります
一緒にお酒を飲んでいる時に「僕は白身魚系が好き。白ワインとか。大黒は、がっつり赤身系だよね。」
「うっかり傷ついた。。」というエピソードを披露。
「ららら」では
コンサートでお馴染みの年代別で客席に歌わせるのですが、
六十代のとき、
立ち上がり、手を左右にゆらして「ら~ら~ららら~」と大きな声で歌う武部さんの姿も見せてくれました。


*トップバッターで登場し、「卒業」を聴かせてくれた斉藤由貴さん
その後プレゼンターとして再びステージに上がると、最初に緊張して話せなかったというエピソードを披露。
最近ご一緒したライブで、武部さんに言われた言葉が「何でも言って。どんなことでも対応できるから」
それを言える人はいないとおもう。
大きな船です。
「その船に乗って、安心して歌えます。」

などなど、それぞれのアーティストが武部さんのお人柄や、関係を表すお話を聴かせてくれて、
RADIO EUTOPIAの収録前だったら、武部さんにいろいろつっこめたのに~
なんて思うほど、楽しいお話ばかり。


ずっと皆の演奏をステージ下で観ていた武部さんですが、
途中、kokuaのめんばーとしてステージに登場し、演奏。
また、このshowの演出は松任谷正隆さんでしたが、
ご自身がプロデュースしたコーナーもありました。
音楽家武部聡志さんに多大なる影響を与え、音楽家になりたいと思わせたアーテイィスト、
まず一組目はスティービーワンダー。
『音楽は愛である』と教えてくれたそうです。

そしてこの出会いがなければ今、ここにはいない、
というかまやつひろしさん。
二組の名曲メドレーの選曲、アレンジ、ヴォーカリストのキャスティングも武部さんが自ら手掛けたそうです。

かまやつさんの時は、ステージに上がってキーボードを弾いて歌も歌っていました。
そして今回このステージに参加することができなかったかまやつさんからのお手紙を朗読。

「ピアノを弾いて、ぐるぐるぐるぐるやっていってほしいい。それが武部らしい。」
ぐるぐるぐるぐる
を読み上げながら、首を傾げていた武部さん。その表情はとても嬉しそうでした。

このメドレーを歌う時、
Yumingとスガシカオさんが腕を組んで登場したのも貴重なシーンでした。




*Yumingは34年という長い月日を共にしている特別な関係。
Yumingのコンサートにトラ(ピンチヒッター)として武部さんが表れた時、
まだ音大生最後くらいだったそうです(1983年のこと)。
「譜面を楽譜ケースにいれて、銀ぶちメガネをかけてカマキリみたいな顔して。。」
松任谷夫妻は、武部夫妻のお仲人もつとめられたとか。。


この日、「武部さんはせっかち」というメッセージが多かったのですが、
Yumingは「裏」の表情がみえるエピソードを。。
F〜8年前、リハーサルのあと、ステージに残ってピアノを弾いている武部さんを客席からみていたYuming,
「ラベルひいて~サティ~ドビッシーひいて
とおねがいしたそうです。
「似合うんですそのすがた。とっても繊細なメランコリックな永遠の青年だとおもっています。
末永く、音楽をやりましょう。」
そういって歌った「ずっとそばに」はとっても温かかった。。




途中、リハーサルの風景も流れた
見学にきた武部さん、みているだけなのに、いつのまにか仕切る、武部さん。
総合監督の松任谷正隆さんのとなりで、演奏をしめる!だめだしする!
そしてとうとう、松任谷さんに追い出される、というシーンには大笑い。


「音楽を続けて来てよかったなーと思える夜です。
さいごは僕のわがままで、ピアノを弾かせて下さい」
大きなアコースティックピアノを弾き出すと、ゆっくりと出演者全員が登場。それぞれ、ピアノを弾く武部さんの背中にふれながら、
ピアノを囲んで、一組ずつ、メドレーで歌う、、最後はYumingの卒業写真。

それはそれは、温かく、贅沢で、楽しい夜となりました。


この関係が音になっている。
それはなんと素敵なことでしょう。
素晴らしき演奏(歌)はもちろんのこと、私達に届く楽曲の、生まれるまでの空気感を
知ることが出来たようで、楽しかった。

「RADIO EUTOPIA」でマンスリーゲストとしてお話を伺うことができたことも、
とっても光栄におもいます。


武部さん おめでとうございます。
2017/02/22 Wed  「猫の日」
仲良さそう
2017/02/14 Tue  「小さな贈りもの」
ディレクターが資料を入れてくれた袋の持ち手のところに、
こんなシールが。。

受け取って、しばらく気づかず、
帰り道に見つけて、思わずにっこり。

なんでもないことだけど、なんだかとっても素敵。
ありがと
2017/02/07 Tue  「森亀橋2017presents YourSongsOurSongs」
森俊之さん
佐橋佳幸さん
亀田誠治さん

日本の音楽シーンを彩り、牽引するプレイヤーであり、プロデューサー、アレンジャー、コンポーザ^である
お三方が10年振りに結集して開催された素晴らしいステージでした。

1日目は
岸谷香とmiwa
片平里菜とトータス松本
MANISH BOYSとGLIMSPANKY
そしてTOSHI-LOWと仲井戸CHABO麗市

2日目は
きのこ帝国の佐藤千亜妃とChara
田島貴男とさかいゆう
吉田美奈子と中納良恵
そして小田和正と岸田繁

世代を超え、音楽で繋がるコラボレーションは、この日限り、大阪限りの貴重な共演ばかりで、
贅沢な二夜となりました。

森亀橋バンドが、お三方と河村カースケ智康さんの4人だけ、というのも
これまたすごいこと。
この4人だけで、これだけカラフルな豪華なアーティストを迎えるわけですから。。
そしてその演奏の豊かさにも心が弾んだ夜でした。

2月19日と26日の二週に渡って、ライブ音源をオンエア!
2017/01/30 Mon  「ありがとう」
「ありがとう
2017/01/27 Fri  「音楽の力」

番組「RADIO EUTOPIA」の、マンスリーゲスト、インタビュー収録。
いつものように楽しく進んでいたのですが、
話しの流れから、思いもかけずライブの感想を言う事になり、
どれだけ素晴らしいステージなのか、を伝えている最中に、
全く思いもかけずに、涙が溢れてしまいました。

プロだというのに、情けなく、ほんとに申し訳ない。
お恥ずかしい限りです。

それでも、突然涙を流したのにも関わらず、
なんら驚きをみせず、ニコニコしてそのまま話しをして下さったことに感謝します。

なぜか、「あの日」のライブの感動と、感情がぐわっと蘇ってしまい、
気がついたら涙があふれてしまった。。

言い訳になるし…記すべきではないのかもしれませんが、
それはそれは素晴らしいステージで、
きっと一生忘れないだろうな、、と思うほどに力をもらったライブでした。


母の病状を主治医から告げられ、
これからどうしたら良いのか、どうすることがベストなのか、
何が出来るのか…疲れと戸惑いで自分の中の羅針盤がくるくるくるくる回って、
どこがどこだかわからなくなった時にみた、エレファントカシマシ、ZeppTokyoでのステージ。

ものすごいパワーで心を引っ張って、前を向かせてくれたのです。
「明日はくるぞ」
何を迷っている、できることは、まだあるだろ。
と、言われた気がして。


できることはまだある。
できることはなんでもする。
あの日があったから顔を上げることができました。


音楽の力をもらった瞬間です。
心から感謝しています。

その想いが先にあふれてしまって…つまりは仕事に私情を挟みました。
何年やっているのか。。
と今年一番の反省です。
2017/01/25 Wed  「ごめんね」
この日の事が文章に出来なくて、一年間日記をさぼりました。
ならば他の日から記せば良いのに、
もしくは、そのことを記す必要もないのに、他のことを書くこともできなくて。

で、何度も書き直して、年末で~す。
こうなったら正直に思うままに言葉にしてみよう。
と思ったら、ものすごい勢いで主治医への文句になってしまったのでした
deleteして、改めて。。




母が亡くなりました。

三年前に癌が発覚して、
すでにステージ4と言われ、それでもつかの間すっきりした身体で
お洒落を楽しむこともできて、
定期的な通院も一緒に過ごす時間が増えたね
と喜びに変えて、抗がん剤も頑張って飲んでいたけれど、
去年の夏からまた腹痛が激しくなり、
その後は辛い日々だったと思います。

「腸閉塞」の激痛の治療と、
手術をして一週間も経たないうちにもう一度手術。。
82歳なのに。


なんにもしてあげられなかった。

前夜に「買って来て」と言われたものさえ見つけられなくて、
リハビリ用に縫い直していた寝間着も、まだ完成していないのに。

数日前に、病院に美容師さんを呼んで、
髪を切ってもらったときの母は、とっても嬉しそうで、可愛らしかった。
きっとずっと、お洒落したかったのだろうな。。
もっと早く気づけば良かった。


なんでもする。と決めていたのに、
きっと、本当に望んでいることは何にもできなかった。
ごめんね。
2017/01/02 Mon  1月タケルの成長
昨年秋に突然やってきたちび猫「タケル」(元コウボ)
先住猫のスミレに認められず、喧嘩が絶えません。。
遊びたくて追いかけると、
すぐに天井に近いキャットウォークに逃げられてしまい、
まだちっびこの彼には階段を駆け上がることが出来ず、お手上げ。
「なんでそこに上がるの?」と思っているのか、
「ずるいよーー!上がれないじゃん。。」と悔しい気持ちなのかわかりませんが、
いつまでも 見上げています。

それがかわいかった

ある日、第一難関であるチェストの前で何度も何度もジャンプしている姿を見た時には、
涙が滲みました。かわいくて。
やたら走り回っているのも筋肉を鍛えているのか。。
病院でも「この子、まだ数ヶ月なのに、体重,重い!!筋肉凄い!!」
と後にいわれましたので、悔しい気持ちが身体を作ったのかもしれません。

こんなに小さかったのに。。
2017/01/02 Mon  1月タケルの成長
昨年後半は特に家にいることが少なく忙しくしていたワタクシ。

「いきなり一匹、しらないネコが!!!」
というスミレにとっても、かなりストレスをかけてしまい、
これまた大変でした。
一時期は声が出なくなることも有り。。
(ストレスが原因か、赤ちゃんネコの風邪をうつされたのか?
と先生は言っていましたが、今から思うと、「シャー!!」(怒声)をしたことなかったスミレが、
年中シャウトして、喉を痛めたのではないか…という説も浮上しています)

先住猫がいて、新しい猫をお招きする時は、
かなり気を配ったほうが良いようです。
最初はケージ越しに逢わせる。
一つの部屋に綴じ込めて、先住猫の縄張りを侵さない。
匂いを感じさせて、徐々に存在を知らせる。
先住猫を徹底的に上に扱う。。。などなど。

とはいえ、全く問題ない場合もあるようで、
タケルの妹(姉?)のおウチは、犬も猫もいるのですが、
どちらも家に入ったその日からWelcome状態。

なので我が家も!と思ったけれど、
大間違えでした。

スミレごめんね。
大変な想いをさせました。



(写真左上)タケルの兄弟(姉?妹?)定期検診の時間をあわせて、
久しぶりに会わせたら、もう誰だかわからず、ビビってケージに上がって逃げ腰
弱いなぁ。。女の子は普通にしているのに。。

(写真右上)帰って来たら、家族の手の中で寝ぼけていて、可愛い~~
と思ったら次の瞬間気づく。。
ワタクシのとても高いお気に入りのカーディガンを毛布代わりに敷いていた。。
(ていうか、家族がブランケット代わりにしていた)
ていうか、タケルはそのカーディガンがめっさお気に入り。

(左下)ある日は、洗濯したばかりの私のカットソーを着ていた。。

数ヶ月で大きくなりました。
2017/01/01 Sun  2017年元旦・元日
実家に届けたお正月の花。

昨年から慌ただしい日々が続いていたのですが、
やはり街が静かなお正月は、少しだけ心が落ち着きます。

大騒ぎしながらご飯を食べる家族達をみて、
「あぁぁしあわせ
と言った母の言葉に、みんなが笑顔になった新年でした。

みなさまは、2017年元日を笑顔でスタートできたでしょうか?