2019年06月の日記
 サザンオールスターズ @東京ドーム
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2016/03/12 Sat  3月12日「LOVEの今日ここ大阪にいるということ」
サンケイホールブリーゼにて、今年も開催されました。

チケットには「ピカピカ小学一年生入学と、
頑張る小学2年生、3年生、4年生、5年生支援お祝いセット代込み」
としっかり記してあります。

今年は1600人の小学生に
LOVEが自ら、そしてご家族やスタッフがパケージした文房具が贈られます。

そんなLOVEの想いに集まったのはは今年も年齢もジャンルも幅広いアーティスト達。
「いちばん大変なこと」と先週番組でLOVEが言っていたキャスティング&ブッキング、
ナイスです。

直筆のお手紙を書いて、依頼しているそうです。
去年に引き続き、坂崎幸之助さん、cobaさん!
GLIM SPANKY、 桑原章(RADWIMPS)
最年少のシンリズム、フジファブリック山内総一郎、
そして演奏を助けて下さったのは、key永井誠一郎さん、スティーブ・エトウさん。

素晴らしい一体感でした。

LOVEの一言一言愛情の深い紹介で、次のアーティストが登場し、
共演、もしくはひとりで弾き語り。
2人以上がステージに上がれば、自然に会話が弾んで、
脱線していくらでも盛り上がりそうな会話を繰り広げ、
それをしっかりとLOVEがしきる。
さすがでした。

ギタリストが多く揃った今年は、「ギター祭り」として、
ずらっと横一列にならんで
皆でTwist&Shoutを演奏してくれたり、
(紅一点のlOVEがかっこよかったです)
アンコールは全員で「Stand By Me」をきかせてくれました。

初めてひとりでイベントに出演、というRADWINPSの桑原さんは、
客席から「緊張し過ぎー」と声がかかり、
「大丈夫?」はもちろんのこと「大丈夫だよ!」という言葉も投げられて、
笑ってしまった。
でも、とても楽しそうにギターを弾いていらっしゃいました。

山内総一郎さんは、坂崎幸之助さんとステージ裏でずっとギターを弾いていらしたそうで、
ステージに出て来てもニールヤングをつま弾いて、
そのまま曲がはじまっちゃいそうな一幕も。
ライブ後に「たのしかった〜」と笑顔を魅せてくれましたが、
弾き語りのステージでも「終わりたくない〜〜〜」と叫ぶほど。

シンリズムは楽屋で坂崎さんにお目にかかった時に話そうと、
用意していた話があったのですが、
「目の前にしたら話が飛んじゃって、、、」その話はかけらもできなかったそうです。
ライブ後に話せたかなぁ?

楽しい夜をいただいて、
皆の笑顔が形になって届けられた文房具で、
こども達が日々、夢を描けますように。。。

来年は「LOVEの今日ここ」もラストになりますね。。
LOVEお疲れさまでした!そして来年も頑張ってね!!
2016/03/11 Fri  「ご機嫌なスミレさん」A
最近特にお気に入りので窓辺のハンモックにて、
ご機嫌のスミレさん。
2016/03/11 Fri  3月11日「ご機嫌なスミレさん」
「キモチイイ…」
と思っているかどうか、ブラッシングが大好きなスミレさん。
2016/03/10 Thu  3月10日「不機嫌なすみれさん」
「ゴハン…」

と催促し続けているスミレを無視していたら、黙って側に座って、
時々、見上げます。
こんな顔で。

不機嫌なスミレさん。
2016/03/09 Wed  3月9日「キャンセル」
楽しみにしていたお約束。
初めての駅に向かい、電車を降りて、改札を出る前に
なんとなく電話をみたら、先方から電話。

急遽トラブルがあり、キャンセルに。。
改札出る前で、反対側のホームに向かって、電車を待つ。

雨が強くなり、屋根の下でも吹き込んで来て、
くるはずの電車が来なくて、待つ事十数分。
(なぜでしょう?)

なんだか、とてつもなく悲しくなりました。

えっと、キャンセルになった事は、事情が有り、まったく問題ないのです。
なくされたものがあって、それは大変
という状況なので、無事見つかる事を祈るばかりですが、

なんでしょね?
なんだか長靴とコートの裾に容赦なくぶつかってくる雨が、
意地悪に感じて、
それでも意地はって動かずにいたら、コートの裾の重みが、
心にのしかかってきて、
aikoの「雨踏むオーバーオール」を思い出して、
なんだか「すごく痛い」ってaikoが歌ってた。心の中で。

そんなセンチメンタルになることがあるのですね~。

で、折り返して帰って来た駅で、
このまま改札を通ったら、電車に乗ったのに、乗っていない事になる。。
と気が付き、
どうしたものかと悩み、
駅員さんに事情を話したら、
「残念でしたね、改札出ていないのでね、料金もなかった事にいたしましょ」
とにっこり

で一気にご機嫌に。
優しさをありがとう
三月のある日のことでした。
2016/03/08 Tue  3月8日「モクレン」
真っ白木蓮が満開の木をみつけて思わず撮影。

紫色のモクレンとハクモクレン、
そしてサクラモクレンというピンク色もあるのだとか。。
みてみたい。

写真で見ると、左側が北側でしょうか?
モクレンの蕾みは一斉に北を向く、と言われています。
日当りの良い方向に向くから、なのですが、
華が大きく、それが一斉に同じ方向を向くので、
他の華に比べてわかりやすいのだとか。
なので、「コンパスフラワー」と呼ばれているそうです。

また、
モクレンは地球上で最も古い花木とも言われています。
その仲間が化石で発見されているそうです。


調べたら、 「高潔な心」、「慈悲」 「自然への愛」持続性。
など花言葉が出てきました。

春が来ましたね~。
2016/03/07 Mon  3月7日「TOTEM」
東京はお台場で開催中の「TOTEM」を楽しんで参りました。
動物のいないサーカス、それがシルク・ドゥ・ソレイユ。
人間の身体の素晴らしさ、美しさを知ると同時に、
人間の身体の中には、様々な生物がいることを教えてくれます。

母親の子宮の中では魚。
生まれた直後はは虫類。
そしてほ乳類に。。。
そんな人類創成がテーマになっている今回は、
プロジェクションマッピングを使って、
岸辺から海へ、そして宇宙の世界まで連れて行ってくれます。

あっという間の二時間。
それぞれの演目の楽しさと圧倒的な演技の素晴らしさに目も口も閉じる間もなく楽しみました。

日本人アーティスとが出ているカエルや魚が飛び跳ねる演技は
一気に、TOTEMの世界へと引き込んでくれます。

人間業とは思えぬ飛び跳ね方に心も弾みます。

そして2人の男女が、木の上の小鳥のように、
枝の上を、ぴょんぴょんと跳んで移動しながら、互いにちょっかい出して、
恋に落ちて行く空中に釣られたブランコでの演技は、とっても可愛らしかったです。

とはいえ、やっている事は凄い。。
命綱はなく、お互いの身体だけがたより。
それも足首にぶら下がったりと、ハラハラさせながらも、
美しい動きにうっとりしてしまいました。

直径1.8mの小さな円形ステージの上で、
男女2人がぐるぐるぐるぐる回る、滑るローラースケートの演技も
お見事!

高~~~い一輪車に乗って、足でお皿を投げて、頭で受け取る女性達は、
衣装もかわいく、
足のツマサキまで鍛え抜かれた筋肉を使って、
自在に操る事ができるからこそ。
ハラハラするけれど、安心してみていられるのがシルク・ドゥ・ソレイユ。

だから楽しめるのです。

そして、キャラクターの一人に、陽気なイタリア人「バレンティーノ」が面白い。
彼の使う変な日本語も、動きも、
かなりおじさまなのに、妙に短い短パン姿も、面白かった。
後ろのこども達が、彼が出てくるとケラケラ笑って、
変な動きに「何してるの~~~?」と呆れて大きな声を上げてしまうほど。

楽しい時間はあっという間でした。

いやしかし、自分の身体を指の先から足のツマサキまで、
細かく自由に動かせるって、すごい。
すごいし、楽しいだろうなあ〜
自分の身体、ですものね?
鍛えないと。


大阪は7月14日(木)から10月12日(水)まで開催です。
FM802&FMCOCOLO 貸し切り公演、今年もあります。
http://funky802.com/totem/
是非、おたのしみください。
2016/03/06 Sun  3月6日「LOVE!」
LOVEが来てくれた番組。
今年も「今日ここ大阪にいるということ」が開催されます。
東日本大震災が起こった翌年から始めて、
その時の一年生が6年生になるまで行う事が目標。
ライブのチケット代と、会場での募金から福島県相馬市の小学校に文房具を贈ります。
続けることは難しいこと、だとおもいます。

その想いに賛同した幅広いアーティストが集い、この日しか観られない共演が楽しめます。
昨年は、坂崎幸之助さんとChageさんが初共演!!
という素晴らしいステージを拝見できました。

今年は初めてひとりでイベントに出演するというRADWINPSのギター桑原さんが、
どんな曲をどなたと演奏して下さるのか。

18歳のシンリズムくんと、坂崎さんの共演はあるのか??

「LOVEの今日ここ大阪にいるという事」は3月12日の土曜日開催です。
2016/03/05 Sat  3月5日 ハナレグミ@NHKホール
「今日ここは、君たちの為だけの場所。はじけちゃっていいんだぜ〜〜」

そっか。貸し切りだ。
ライブだから当たり前だけど。

弾き語りライブの時は、ハナレグミのお家に遊びにいった感じでしたが、
武道館も、その延長。
ハナレグミのPartyにお呼ばれしたような感じで、ライブ中盤のMCで
改めて、「貸し切りだ」なんて思ってしまったのでした。

たのしかった~~。

MCで笑って、その笑顔のまま、一緒に声を出して歌って、
バンド編成の曲に身体が動いて、詩に心を乗せて、自然に両手が広がって、解放~~♪
会場からはこども達の声や、茶々をいれる声が響き、
会話をしながら進んで行くライブ。


アンコールラストの「いいぜ」も
「寄せたり上げたりして」で大爆笑の声が上がったり、クスクスが響いたり。
そして
「ちょっとキスしただけで『あれってどういう意味なの?」
と歌うと、客席から「どういう意味~~~?」
と女子の声が上がる。
会場大笑い。ハナレグミも大笑い。
「こんなふうに、つめよってきやがるぜ〜」と歌ってくれて。

さらには男子全員で♫いいぜ、いいぜ、女の子っていい~ぜ~♫と大合唱。
さらには、全員で歌って、拍手があがったあと、
「もう君たちの好きにして、いいぜ~~」
の声が響いて、ライブは終了。

最後は選んだレコードに針を乗せて、ポールサイモンの声に合わせて、
歌声を響かせてから、ステージを去ったハナレグミでした。

帰り道もふふふ、ふふふと笑みがこぼれて、
浮き足立った私です。」
2016/03/04 Fri  3月4日 「日本アカデミー賞」
やはり二宮さんが獲られましたね。
そろそろ獲るのではないかと。。
ドラマでも良い作品に連続して出ているし、
確かにジャニーズ(アイドル)であることを忘れさせます。
すなおに 嬉しそうな表情が、観ているこちらも笑顔にさせてくれました。

そして安藤さくらさん。
確かに、「あん」の樹木希林さんか、「100円の恋」の安藤サクラさんか。。
と思っていたけれど
やはりあの役を二週間という短さで見事に演じきった
安藤さんが獲るのも納得。


そうだ、「海街diary」の新刊が出ているのだった。
買いに行かないと。
そして観に行かないと。。実はまだ観ていません。
原作が大好きで、つい、観遅れてしまった感じ。
でも是枝監督とあの四姉妹ですから。良いに決まっています。
と思いながら今にいたります。
しかし、作品受賞して、ますます観たくなりました。

海外のアカデミー賞受賞作品も、これから続々公開されます。
観たい作品が沢山な春です。