2020年10月の日記
 突然の贈り物
2020年09月の日記
 今年の手帳
2020年08月の日記
 完熟トマトシャーベット
2020年07月の日記
 TATSURO YSMSSHITA SUPPER STREAMING
2020年06月の日記
 前世、アマビエ?
2020年05月の日記
 花壇
2020年04月の日記
 アメリカの椅子
2020年03月の日記
 志村けんさん
2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2016/05/20 Fri  吉田美奈子&森俊之 DUO
昨年10月にキリスト品川教会GLORIA CHAPELにて、
ピアノ:森俊之さん、パイプオルガン:紺野紗衣さんと三人で演奏したもの。

GLOLIA CHAPELのパイプオルガンを演奏するために、
紺野さんは何度もCHAPEL に通ったそうです。

CDを購入すると、終演後にサインもいただけるということで。。
並んでしまいました。仕事場で「サインください!」というのは恥ずかしいので。。

今回も素晴らしいステージをありがとうございました!
(DUOツアー終了後にしるしました)
2016/05/20 Fri  吉田美奈子&森俊之 DUO
吉田美奈子さんとピアノ:森俊之さんとの二人だけのステージを
目黒ブルースアレーで拝見。
3月からの長いツアーを、車一台でスタッフと4人で移動しての演奏旅行。
昨年に続いてのDUOで、さらなる歌とピアノの関係の深まりが、
ブルースアレーを厳かに、とても温もりあふれる空間にしてくれました。

「時よ」「少しだけ…」
大好きなラブソングが聴けて、うれしかった!

そして…
43年前に初めて聴いたときから「いつか歌いたい」
作った方に失礼のないように歌えるそんな歌手になりたいと思っていた曲を
昨年から歌い始め、ご本人にもカバーしている事をお伝えするべく、
メールに想いを記し、音源も添えて送ったそうです。
すぐにお返事が来て
「そんな想いを抱いていてくれたなんて、うれしい」ということと、
原曲ではテンポのあるその曲を、
「バラードで歌う、という発想は僕にはなかったな。
こんど歌ってみようかな?」と記してあったそうです。

その言葉は、これから歌い続けようと思っている美奈子さんの背中をおしてくれる言葉だったとか。。

そんな細野晴臣さんの1枚目のアルバム、1973年「HOSONO HOUSE」に収録されている
「終わりの季節」を聴かせてくれたのでした。

音楽にそんな想いをずっと抱き続けるって、なんてステキなのでしょうか。

この曲はライブ会場限定で発売されているCD「Calling」に収録されています。
このアルバムは。。。
2016/05/19 Thu  文楽A
終演後、義援金のおねがいをお人形がされていました。
自分で、着物の裾をなおしているところ。
その動きは、一体でした。
2016/05/19 Thu  文楽
一度観てみたい。。と思っていた人形浄瑠璃文楽。
どこから入ったら良いものかと、HPを覗きながら一歩を踏み出せないでおりましたが、
鑑賞教室のチケットを思いもかけず、譲っていただけるという機会に恵まれ、
行って参りました。
いま、文楽は大人気で、チケットをとるのも大変。。。
大変光栄です。

満員御礼の国立劇場で、その基礎を学び、
世話物「曾根崎心中」を拝観。

夢中になって観てしまいました。
途中、
「三人遣い」(人形を動かす三人の方)の存在が消えて、
太夫の声が人形の言葉になり、
最後には涙が流れてしまいました。。

女性の人形には足がついていなくて、
着物の裾に手を入れて、足の動きを作っているのを知ってからみるものですから、
なんとお見事な!!と感動しながらも、
すぐにそれを忘れて、人形の動きの素晴らしさに夢中になっておりました。

お初の身のこなしの美しい事!
お人形の顔は、表情が変わらないわけで、その角度や仕草や、
身のこなしで感情が見えるわけです。
素晴らしい。

まだ、三味線の音の変化まで堪能しておりませんが、
もっと観たいなぁ。。

ちょっと気になっているという方は、是非!文化遺産をお楽しみください。
2016/05/18 Wed  50周年
小坂忠さんの5Oth ANNIVERSARY PREMIUM LIVE @ビルボートライブTokyo

gui:鈴木茂
bass:小原礼
dr:屋敷豪太
key:Dr.kyOn
sax小林香織

というこれまたベテランのミュージシャンが揃ったバンドとともに、名曲が演奏されます。
何と洒落た曲たち!(この曲達を小坂さんも細野さんも二十代に作っているというのがすごい。。)
アレンジも、言葉もメロディも、時を超える力を悠々と携えている格好よさ。
そして、50年歌い続け今なお、つややかに愛が深く、包容力のある歌声のすばらしいこと!
聴いている内に心がどんどん開いて行く感じ!!

そして、ステージ上の素晴らしきミュージシャンたちが楽しそうな顔を見せてくれるから、
それを観てまたこちらが笑顔をもらえます。
その中に、ゲストとして登場したのが さかいゆう さん。

小坂さんが「50年前、僕のオヤジの世代と一緒に音楽ができるなんて、思いもしなかった。
今はそれができるんだよね~」と話されていましたが、ホントに。
さかいくんのリクエストで「風来坊」を歌い、
小坂さんはさかいくんの「Life is」を!
らすとに「HORO」も共演されていましたが、さすが全く物怖じしない、
楽しんでいるさかいゆうくん、さすがです。


SoulBirdQuire(6人)のゲストも入り、初めてカバーするという
サムクックの「a change is gonna Come」も披露。

50年歌い続けて、言えるのは
「やっぱり人が好き。出会いが最高」
「東北の震災のあと、小さなコンサートをしに東北に言っていますが、
こんどは熊本・大分にタイミングをみて行かないと。。。
今日本は大変だね。
「人」 という字は支え合わないと「人」にはならないからね」

そうして、「日本語ロック」と言われていた時代から、こう言う音楽がメインになったのは
どんなに苦しい環境でも歌い(演奏し)続けて来たミュージシャン達がいるから。
(ステージにいるメンバーに向けた言葉に聴こえました)
そして、それを支え続けて来た、リスナーがいたから。
支え合って来たんだ、

と続けて
「People get Ready」へと続いたのでした。

小坂さんのお話も、やはり、ステキなのです。

ということで、7月のBirthdayライブのチケット(代官山)を
予約してしまったワタクシです。。

7月8日 HappyBirthday Session
9月5日 渋谷にて、小坂忠50周年記念公演もあります!
http://www.chu-kosaka.com/event.20160905.html
佐橋さん、kyOnさん、拓夫さんも出演です~。
2016/05/17 Tue  クレマチス
ちょっと珍しいクレマチスを購入。
国際バラとガーデニングショウにて。。紫の小さな花と、まっ白なクレマチス。
ガブリエルと合わせると似合うなぁ~。
と思ったのですが、どこに植えたら良いのか。。
白いクレマチスは母のもとに行きそうです。
2016/05/16 Mon  久しぶりの。。。
揺れがきてから、地震速報がなった夜。
「来た!」と感じると同時に、どんっ!と揺れて、
慌てて側にいた猫を抱え、ソファに置いていた大判のタオルでくるんで抱く。

家族に靴下と、とりあえず分厚いスリッパを履くように伝えて、
頭を保護するものをさがす。。(ブランケットをソファに置いておくと何かと良いですね)


これはもう一度揺れがくる。。と感じたので、
「大丈夫だからね。しばらく、くっついて離れないでいてね」
と猫に話しかけ、ぎゅっと抱きしめたまま他の部屋にあるキャリーバックをとりに行き、
リビングへ。
迷子札のついたベストを取り出して、おちついたら着せようと手に持って、
抱きしめたまま待機していると…何もおこらない。。


その後、揺れは来る事なく済みました。

しかし怖かった。
ほんの一瞬だけど。。久しぶりの緊急速報にびびりました。

猫は大人しく腕の中にいてくれたけれど、もっと揺れが大きかったら
飛び出してしまうでしょう。
それが不安。。。

「もう大丈夫だと思うけど、揺れたらキャリーバッグに入ってね」
と念を押して腕から放すと、キャリーバッグのまわりをウロウロ。
そうして中へ。。暫くの間、この中で大人しくしていたスミレさんでした。

なんて良い子

と笑って話せた今夜でしたが、
もっと大きな揺れが来た時も、
私がいない時も、そうしてくれた良いのだけれど。。
2016/05/15 Sun  噂の公開収録A
とてもマジメに仕事しています。
「生茶」ほんっと、おいしいです。

しまった。。焼きそばも置いておくべきだった。。。
絶対喜んでくれたのに。。
2016/05/15 Sun  噂の公開収録
「伝説の」とか「噂の」とつけてメッセージを送って下さる方が多数いらした、
「あの」公開収録のオンエアです。
もう、オンエアも終わりましたので、どうぞ、大げさにお話しなさって下さいませ。

いや、やはり止めておきましょう。。
またゲストをお迎えして「公開収録」をしましょうね〜
とプロデューサーも言ってくれているので、自分でハードルを上げる事はありません。


いやでも、今回は、吉川さんのお力があってこそなので、
やはり「伝説」「噂の」をつけて下さって、大丈夫です。
「伝説の男、吉川晃司さんの公開収録」としておきましょう。

しかし、録音したものを聴いて、自分の抜け方に驚きました。
自分でわけわからないことを言いながら、
「まぁまぁ」とてきとう~な相槌打ってスルーするという高度なことをしておりました。
お恥ずかしい。。
大変失礼いたしました。

しかし、泳ぎながら歌えませんかね?歌えませんよね。水を飲んでしまいます。

というか、やざわさんが、「顔を出して平泳ぎしている」イメージじゃなかったもので、
つい、クロールとか?水面で歌いながら、顔を上げた時に声が聞こえたのかと想像してしまいました。


本当に沢山のご応募をいただき、ありがとうございました!
会場にお越しいただいた皆様と一緒に
2016/05/14 Sat  HAPPY BIRTHDAY!!
そして5月13日はPUFFYの20歳のお誕生日でした。
今日は、ツアー最終日!
「20th Anniversary PUFFY TOURISTS社で行く PUFFY TOURS EPISODE 0」
という事で、開演前の会場アナウンスは、機長:大貫亜美とチーフパーサー:吉村由美による、
離陸前の機内アナウンス風で。
笑わせてくれました~

そして、20周年のステージは、ベストアルバム「非脱力派宣言」を一曲目から全曲演奏!という
贅沢な演奏。
オープニングはデビュー曲「アジアの純真」で始まり、
お馴染みのバンド:バンマス&bass:木下裕晴、gui:フジタユウスケ
key:渡辺シュンスケ dr:川西幸一
そしてもう一人。。ギターに奥田民生さんが、一曲目からステージに!
シングル曲を共に演奏して、20周年ツアー最終日をお祝い。
(6曲ほど演奏して退場し、アンコールにまた登場されました)

アルバム収録曲34曲と、
「とくするからだ」(初めてレコーディングした曲!奥田さんも参加してアンコールラストに披露)
全35曲を歌いながらも、MCはのんびり、マイペース。
このゆるい感じがたまらない、そして面白いPUFFY。

オープニングからラストまで「良い曲だなぁ~」と改めて感じながら口ずさみ続けてしまう
シングル曲たち。
ところどころ短くアレンジされているので「あぁもっと聴きたい!」
と思わせる「MOTHER」や「くちびるモーション」や「All because of you」
「この曲ほんと好き」と大声出して歌いたくなる「「赤いブランコ」や「誰かが」

ステージでより華やかになる「パフィピポ山」へ。。
「作って、とは頼んでいない」という「抱きたきゃ抱けばEじゃNIGHT☆」では、
会場が日常生活では大声で叫ぶ事はない言葉を笑顔で歌い、大盛り上がり。

そうして、episode 0最終日に、20周年イヤーはまだ続く!とホールツアーを発表。
さらには、「二人の20年間のコネを駆使してブッキング中~という
「PAPAPAPA PARTY2016」開催決定!と
「東京ドーム!」の文字と写真を(空撮)をスクリーンに映し、、、
会場から「えぇ?」と声が上がると
そこから写真がゆっくり移動して。。。
「ココ!」と矢印がでて「TOKYO DOME CITY HALL」

いちいち笑わせてくれるのでした。

今年は「ここにいる誰もが20年続くと思っていなかったでしょ?
私達も〜」という20周年のお祝いが続きます。

おめでと~

このアルバムジャケットのイラストがとっても好きなワタクシです。
亜美乃さん由美乃さんTシャツ、ステッカー買いたかった。。
亜美乃さん由美乃さんパーカー作ってくれないかなぁ。。