2020年06月の日記
 前世、アマビエ?
2020年05月の日記
 花壇
2020年04月の日記
 アメリカの椅子
2020年03月の日記
 志村けんさん
2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2008/12/20 Sat  「感動の涙。。。☆」
京セラドーム大阪で小田和正さんのツアーファイナルでした。
感動でした。
このツアーは実は三回拝見しました。
一度みて感動が大きいと「この一回だけで、心に仕舞おう」と思うライブもある
のですが、
小田さんのツアーは何度でも何度でも何度でも観たい、そんなコンサートなので
す。
会場のすみまで進める、長い長い花道。
そこを疾走し、歌う姿は嬉しくて心がはずみます。
アリーナ席とスタンドの間に設けられた道(アリーナの外周というと解りやすい
でしょうか?)
をぐる〜〜っと走りながらうたい、目の前を手を振りながら去っていく。。。
うわ〜近い。。。と喜んでいると、
反対側から自転車に乗って帰ってくる。

東京のリハーサルで、足を怪我したのに。。
東京では歩けないほど痛かったとMCで仰っていましたが、
今もまだ痛さは残るよう、ライブの終わりには「またこのドームをかけぬけたい

と宣言していました。
「言葉にできない」の時に大きなスクリーンに現れた向日葵の花畑。。。
「東京の空」「きかせて」で写された東京の夜景。
「君住む街へ」で映った、ツアーを作っているスタッフの作業中の表情、笑顔。


そしてそのスタッフからの小田さんへのプレゼントは、
アンコールで会場皆に配られた「サイリウム」のペンライト。。
会場がブルーとグリーンの光に溢れ、
ステージに登場した小田さんは驚きながら小さく「手を変え品を変え喜ばせてく
れて。。。」
というようなことを呟いていらっしゃいました。
小田組からの、そして会場からのプレゼントはサプライズだったようです。

そうして30分以上のアンコールを終えて、小田さんがステージを去ると、
あぁ、本当に終わりだ。。。と淋しくなった時に!
スクリーンには舞台裏の光景が映ったのです。
スタッフ、メンバーが小田さんを胴上げし、心が膨らんだ小田さんの目からは涙
が。。。
その涙をぬぐう小田さんが、とても素敵でした。
カッコいい60歳です。
(とても60歳には見えないけど。。)
どうか、怪我をお大事になさってください。
そして、また、コンサートを楽しみにしています。

そのまえに、「クリスマスの約束」を楽しみにしています。

小田さんのライブのある日は、いつも空が綺麗です。。
今日の大阪の空の写真。
2008/12/19 Fri  「歯医者が好き」
なんていうと、今痛い治療中のらくだディレクターや、
虫歯が痛くてそろそろ歯医者さんにいかないとなぁ。。
とお嘆きのあなたには、「なに言うてんねん!」となるかもしれません。

私もそうでした。
だいっきらいでした。

が、
一昨年くらいにしっかりと歯医者に通い、虫歯をなくし、歯並びもなおしたおかげで、
今は怖いものなしです。
三ヶ月ごとに送られてくる「定期検診ですよ〜〜」のお葉書(私の歯医者さんは送ってくれるのです)が
嬉しく感じるほど。
「はい。綺麗に磨いていますね!大丈夫です!」
美しい、確実に年下の歯科衛生士のお姉さんにそう言われたいのです。
(年下だけど、お姉さんと呼びたい)

ですが、
ここ数ヶ月届かなかったのです。

「あれ?おかしいなぁ。。そろそろなのに。。。」と見捨てられたかのような気持ちになりながらも、
調べることなく「あれ?」「あれ?」と思っていたら
6ヶ月が過ぎました。
で、自分から電話して、定期検診を〜〜とお願いした次第です。
ハガキは何かの手違いらしいのですが、また送りますと言われました。

はい。
年末の歯のお掃除も終わりました。

歯医者さんは、一度我慢して頑張って通うと、後が楽しいですよ〜〜。これ、ホントです!
がんばれ〜〜。


一昨日のHERO、ガンバ大阪の橋本選手に、チケットにサインを頂きました。
ユニフォームは以前に頂いたもので、これを着て応援していました〜〜。
三位決定戦もがんばれ〜〜!!
2008/12/18 Thu  「幸せな対決!いいGAME!〜1〜」
ということで、ガンバのユニフォーム、はしくんからいただいた27番を着ました。
マフラーとストールはマンUを持っていますが、
ストールは冷たい椅子の上に弾き、
ブルーのガンバカラーのブランケットを膝の上に描けています。
私のお隣にいる方は、マンUのマフラーを巻いています。
気がつけば、前の人もその前も斜め前も、赤いユニフォームきたり、
ロナウドの顔が編み込まれたマフラーをしています(これは子供2人、お揃いで巻いていました。かわいかった〜)

なんだ、マンUばかりではないですか。
ガンバの応援団は反対側のスタンドですから。。
しかし、
お隣の方は、関西弁で話していたので、大阪からでしょうか?
頭にはガンバのタオルを巻いているじゃないですか!!
ふふふ。
これでゴールを決めたときには一緒に喜んでくれる。。


しかし、同じピッチに、リオもギグスもスコールズも、はしくんもテベスも、バンドもロナウドもヤスダも、
ヤマグチもヴィディッチもカジもいるわけですよ。
オヒョ!

そんなアップの時間にすでに興奮する私。

ああ、どんな内容になるのか。。。

はい。

終わりました。

いい試合でした。
西野監督は「相手を本気にさせられなかった」と言っていたようですが、
いやいや、ガンバのディフェンスはかっこよかったですよね。隙がなく、綺麗で。
ルーニーが出てきていきなりの得点に焦りましたが、
その後もガンバは自分たちのペースを崩すことなく、最後までしっかり点をとりにいく姿勢がかっこよかった!
最初からがちがちに守備に集中するのではなく、点を取りにいく気持ちが、
とても見ていてわくわくする試合になったと思います。
誇りに思います!!
し、か、も。
最後は橋本選手がゴール!!!!!ですよ。
ユニフォーム着ていて、ほこり〜〜〜に思いましたわ。

大阪で応援していて、見に来たかった人のためにも、今日はガンバをしっかり応援しました。

あ、でも、ルーニーもギグスもネビルも見れて、正直に幸せでしたけどね。

そうそう。

スタメンから外れたルーニーがベンチを立ち上がり、ユニフォーム姿になったのを、
オペラグラスで捕らえた私は、「お、ルーニーが脱いだ!」と言ったら、
隣のガンバのタオルを巻いた関西人男子が「え?ルーニーですか?」と聞き返してきました。
「はい。」
「おぉ、やった〜!!」と両手をあげた男子のダウンジャケットの下から、
赤いユニフォームが見えました。
どうやら、頭はガンバ、身体はマンUだったようです。

わくわく、どきどきがいっぱいで、その気持だけでサッカーを楽しめる日本は、やっぱり幸せですね。

さぁ、ガンバ、あとは天皇杯です!がんばれ!!
2008/12/17 Wed  「幸せな対決!いいGAME!〜2〜」
選手入場です!写真に撮ると、小さいですね〜。
2008/12/17 Wed  「幸せな対決!いいGAME!〜3〜」
らくだも観戦!かれも首に赤を巻いていました。
2008/12/17 Wed  「いよいよです。」
いよいよ、明日です!
大好きな2チームが戦うのは。
それも親善試合とかではないですよ。
本気での勝負です。

ガンバ大阪vsマンチェスターユナイテッド。

さ、どちらのユニフォームを着ていくのか。
どちらのマフラーをしていくのか。

いま、考え中〜〜〜
2008/12/16 Tue  「出会い」
普段はあまり使わない駅から バスに乗って帰ろうとして、バス停で立っていた。なんだか寒い。
私の前後の人はあまり寒そうにしていない。
どうやら私の立っている位置が ビル風の通り道になっているようで、冷たい風が吹き付ける。
思わずコートの前をしめ、襟を立ててしまった。

バスこないかなぁ。。。と道路を見ていたら、後ろのおばあさんと目が合った。
ニッコリしているわけではないけれど、なんだか柔らかい顔をなさっていて、
今にも話しかけてきそうな、そんな視線。。。

しばらくしてまた風が吹いたので うわ、さむ。。。という顔をしたら、
「今日は寒い?」と話しかけられた。
その笑顔は優しくて、「はい。。風が冷たいようですね」
と私に柔らかく応えさせてくれた。

「私は大丈夫よ。暖かいお茶をいただいたからかしら?身体の中からぽっかぽか」
そう言って笑う顔はとても美しく、あたたかかった。

「若い人は身体が冷えている人が多いわね」

そう言って、左手を差し出して私の手を包むように暖めてくれた。

「ほんとだ。。あったかい。」と笑顔を見せたら嬉しそうな顔をしてくれた。

柔らかい手に包まれた時、バスが来た。
乗り込むとき、近い席に座るべきか考えたが、あまり近づくのもなぁ.と
思って、ひとつ空けて後ろに座った。

おばあさんかバッグをのせる小さなカートを持ち、杖もついていた。
後ろから見ていたら、バッグから何か取り出すたびに、杖を落としていたので、
拾ってさしあげた。
小さな声で「ありがとう」と言ってくれた。

そうして私の降りるバス停が来た。
一応、肩をぽんぽんと軽くたたいて、「お先に失礼します」と言うと
「またね♪」

バスを離れるまで、外にいる私に手を振ってくれた。

短い時間だったけど、なんだかとても心に残ったのです。

最初に手を温められたときにはちょっとびっくりしたけどね。
でも、そんな一瞬の温もりさえも疑って、手を振りほどくのもちょっと淋しいものですよね。

ほんの数分の出会いだったけど、なんだか優しい笑顔が残った日でした。
2008/12/15 Mon  「レインボーブリッジ」
レインボーブリッジ夜

みえますか〜。
レインボーになっているところ。
そして左から三分の一くらいのところに、蝋燭のようなほそ〜〜い建物が、
50周年の東京タワーです。
いま、50周年記念でいつものオレンジが、上からブルーグリーン。。。と色が変わっています。
うううむ。
いつになったら、東京タワー50周年のカラーリングのわかりやすい写真が撮れるのだろうか。。
なんてったって、特別に色が変わるのが8時から8時10分までですので。。
(それ以外の色もいつものオレンジからブルーになっていますが、
とくにこの時間には色数が増えます)

このたそがれは、ラクダ日記で日曜日にさらに公開予定!
2008/12/14 Sun  「ラジオならでは。。。」
SPECIAL WEEKということで、いつもとはちょと構成をかえて、
タイムトラベル3連発!でお送りしました。
そして最後の一時間はMr,Children特集、という感じでゲストに御迎えしてお送りしました。

が、その間に、BBSではいろいろ素敵なことがおこっていました。
読まれたリクエストと曲を聴いて「もしかしてリクエストした?」とご本人に電話をしてきたそうです。
それは久しぶりの電話だったようですね。
どんな関係で、どんなことがあったのか。どんな気持ちだったのか、
それはわかりません。
でもね、私が読んだにもかかわらず、メッセージを聞いて「もしかして。。」と誰かを思い出すって、
素敵じゃないですか?
その人の声が聞こえる、って。ラジオを通して、時を超えて気持ちが繋がるって、素敵なことです。


今日の電話が、どうか、新しい一歩を踏み出す。。ここから過去がより素敵なものに変わる、
そんなきっかけになりますように。

心からそう思いながら…おやすみなさい♪
今日もありがと!
2008/12/13 Sat  「ロックスター♪」
TRICERATOPS、ツアー最終日は、マドンナも来日時にコンベンションライブを行った新木場コーストでした。

いつものように楽器だけが乗るシンプルなステージに鮮やかなライト、
そこに三人がいる。
でもそこから放たれる音もこれでもか!というほど鮮やかでした〜
踊らせてくれるBASS,
男らしくも華やかなドラム。
そしてやんちゃで上がるギター。

コーラスもお見事で、会場を上から見ると地面が波打つように黒い頭が渦を巻くのです
時折金髪の方も(外人さん)いらしたのが目を引きました。

なんでもないことなのだけど、それがとても格好良く見せてくれる、
それがトライセラ。
エフェクターをガッ!と踏んで、ぐわ〜んとギターの音が変わる、
曲から曲へと気持ちよく変わり、ギターのリフで曲が解る、
キャッチーなリズムとメロディに気がつくと口ずさみ、身体がリズムにのっている。
それがトライセラなのです。

これが三人だけで出している音!?
と思うほど華やかに、楽しい、それが彼らなのです。
たのし〜〜〜い

「MADE IN LOVE」という言葉が、身体で感じられる、そんな楽しさに満ちたライブでした!
ありがとう〜〜。
きっと、年末もこんな感じでCOUNT DAWN JAPANを盛り上げてくれるのでしょう。
来年もよろしくね