2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2009/01/21 Wed  「今年の漢字」
年末になると発表される「今年を表す漢字」
今年2009年は、どんな文字になるのか。

という話をしていた。

ううむ。

まだ一ヶ月だし。

でも、今年がどんな年になるのか 考えてみると面白い。

オリンピックもないし。ワールドカップもないし。

今のところ今年最大の日に挙げられるだろう『Mr.オバマ新大統領就任』。

アメリカから日本にどんな影響が及ぶのか。

ううむ。

と話していたら、「<頑>という文字かなと思うんですよ」
と、正さん(男性 44歳〜今日がBIrthday ☆☆  職業:お寿司屋さん)が言った。
頑張るの頑。

「かたくな」の頑。頑固、頑強、頑健、頑丈。

一方で「融通の利かない」とも言いますが、それくらい自分を持った人が
話題になれば面白い。

なるほどね〜。

というと、正さんが「広めて広めて♪」と言うので、日記に書いてみた。

これで今年の12月に 清水寺でお坊さんが「頑」って書いていたら、
びっくりですわよね。


そこで、帰り道に考えてみた。

YES we CAN。。。のCAN..できる。。。可能。。『可』?

でも演説では敢えてWE CANを使っていなかったし。。

あ。『責』責任の『責』!!

せめたてるみたいで、あまりいいことがなさそうにもみえるけど、
なんとなく、浮かびましたが、さてどうなることやら。

広がりないから、ちがうだろうなぁ。

『頑』になるのか?

今年がどんな一年になるのか、楽しみです。
2009/01/20 Tue  「新大統領誕生!」
すごいです。。。
今、生中継を観ています。
200万人のアメリカ人が集まっているそうです。
 
はぁ。。。すごいひと。
遠くで一斉に手を振ると、蜃気楼のよう。

13カ所の検問所、二万人以上の警官が警備に当たる、

と言っていたけど、間に合いませんね、この人数。。

あ、新大統領の演説です。

すごい。この同時通訳の方々。。
うわ!同時!
うっわ〜〜。。。。
事前に演説内容をもらっていて、それ読んでいるのでは?と
思ってしまうほど、同時です。
そして噛まないし、迷わないし。
ぶらぼーですわ。

そして長いスピーチは19分。
全部覚えているのですよね?
抑揚のつけかた、間の開け方。
汽車にのってカメラがついてまわって、
いったいいつ、作成し、暗記し、そして練習したのでしょうね?


感動。

演説の時にはこの200万人が静まり返るのですから。
オバマさんを一目見たいと厳寒のワシントンに過去最多の人が集まったこの人々が、
静まり返って聞き入る演説は、感動でした。

しかし、この人々の思い、アメリカの問題も重いものでしょう。

アメリカの歴史的瞬間です。
2009/01/19 Mon  「沢尻エリカさんご結婚」
綺麗でしたね
そしてちらりみたエリカさんの15歳の頃の映像。。
本田美奈子サンにそっくり!と思ったのは私だけでしょうか。。。

おめでとうございます!
2009/01/18 Sun  「クジラの不思議」
先日のクジラのお話に「クジラは優しいとききますが、なぜでしょうね?」
と書き込みをいただきました。
はい。
弟からもメールが来ました。

どうやら、クジラを研究している団体に問い合わせてみたようで、
あのクジラのボートに近づく動きは、

メスのクジラがオスの求愛を避けるために
ボートなどを利用したのではないのか?
という見解だったそうです。
『メスが「not in the mood.」だったということです。』

ザトウクジラのオスは一定の距離を保ちながら、
数時間から何日間もメスを追いかけます。
時にはそばにいる子クジラを傷つけることもあるそうです。

あくまで「ではないか?」という見解だそうです。

ふむ。

クジラの恋愛に巻き込まれちゃったのね.
偶然見えたのがボートだったわけですね。
人も自分たちの恋愛に人を巻き込むこと、ありますからね。
しかし、それがクジラともなると。。。
ふ〜。みんな無事でよかったです。

??な方は、ちょっと前の日記を振り返ってみてね。
クジラの写真のところです。
2009/01/17 Sat  「TTM TOM !」
再度、担々麺にトライしてみた。
あっさり、成功した。
ような美味しさだった。
ま、程度は低いけれど、自分で満足。
しかし、皆はいない。
なので、ここで「できるのよ。本当はね」
という証拠の残すような気持ちで、記します。
TTM ,TOM(とても 美味しくて満足)フフフ。
2009/01/16 Fri  「担々麺作り」
お客様だったので、前日から鳥一羽を煮込み、スープを作って
水炊きにした。
さらに、担々麺も食べたいなぁ..という声に応えて
では、作りましょうか〜〜と、立ち上がった。
のですが、いいタイミングで、私がすきっぱらにシャンパンを頂いたため、
いい加減でほろ酔い。でも泡を2杯しか飲んでないので、自分でもびっくり。

ご機嫌な状態で、キッチンに立ち、一人用意する私。
う〜む。。。何から先に始めるんだっけ?う〜む。。。
ま、いいか、どうにかなるさ!と軽やかに考える。

まずは、どんぶりを並べて、そこにごまペースト、お酢少々、醤油大さじ2、
さらにネギのみじん切り、最後にラー油を入れる。

そこまでは良かったのよね〜。
鶏スープに豆乳を投入〜。なんちって。
とか言ってる時点でもういい加減でしょ?

投入しようと思ったら、先に麺をゆでるお湯が沸いてしまったもんだから、
ぐつぐつと熱い誘いに惑わされ、麺をゆでちゃったのよね。。。

投入を豆乳したときには、麺はやわらか〜やさしい〜〜い感じに。。。

はい。失敗。

あれですね。。明らかに美味しくないというときは、
出すべきではないですかね?
でも作る、って宣言したわけだし。

「失敗しちゃった〜〜」言って出しても、出た以上みんな我慢して食べてくれますものね?
うううむ。。。

悩んでいる間にまた伸びるので、出してみました。
「失敗です」と正直にいって。

案の定、皆様食べてくれました。

みんな、飲んでるからわかんないかな?すぐ忘れるかな?
なんて思ってみたけど、絶対わかるよね。麺のやわらかさは。

だって、みんなラーメンを夜中に食べるときって、だいたい飲んだ後で、
その時、よく「麺の茹で方が甘い」とか「スープが。。。」って文句言ってるもんね。

みんなTTMとかって、省略して呼んでるし。。

あぁ。。。がんばった料理もきっとこの担々麺が一番印象に残るんだろうなぁ。。
2009/01/14 Wed  「いい顔」
昨日、川上憲伸選手がブレーブスに入団が決まり、記者会見していたとき、
ぴっかぴかの笑顔だなぁ、と嬉しくなった。
なんだかとてもうれしそ〜〜♪
という顔で、「魂」というとても気合いの入った文字で、意気込みを記していた。
かっこいいなぁ。と思った.

そして今日は上原選手。
オリオールズに入団です。
「第二の野球人生がスタートした」という彼は33歳にしての初挑戦。
「10年前の大学時代のような気持ち」でヤンキースの松井選手との真剣勝負を楽しみにしている
と語るその顔もまた、輝いていた。
 
朝青龍が、勇ましい。
もうこうなったら断然応援してしまうのだ。

もうだめじゃないのぉ〜?と周りにあーだこーだ言われて、
一勝しただけで大騒ぎ。確かに稽古もしていない状態だったしね。
「でも最初の三戦が大事。」と言われて。。。五連勝!

その表情が一組み一組み気合いが入っていている。
好きだとか嫌いだとか、そういうことをあまり口にしなかったけど、
お陰で 毎日の取り組みが楽しみになっているのは確かなこと。
今日はどうだったかなぁ?とニュースを見るのが楽しみになる。
朝青龍がいるだけで、なんだか角界に活気が出る。
それでいいじゃないですか。
こうなったら、優勝して欲しいなぁ。。

なんでも三戦まで勝ち続けた年は優勝する可能性が高いとか?
あまり騒がずにしっかりと応援しましょうか。

何かに挑む時の顔、何かに向かっている時の顔は、
それだけで見た人にいいエネルギーをくれますね。

見た人が元気になる顔、しないとなぁ。。
2009/01/14 Wed  「おひつのひみつ」
最近また、おひつにご飯を入れるようになっています。
ご飯を土鍋で炊いて、おひつへ移しておくと、余分な水分も木が吸収してくれるので、
ふっくらおいしいご飯がいただけます。
時間をおいても固くならないのも嬉しいです。

ご飯を炊いても全部を食べきることはないので、
ついつい土鍋の中に入れっぱなしだったのですが、
時間が経つとお米同士がぺったりくっついてしまうのです。
でも、土鍋に写しただけで、冷えても心なしかふっくら

ヒノキの香り(正確には同じヒノキ科の「サワラ」の香りですが)が漂い、
なんだか心もほぐれます。
因に、最近、お米を研いでからなるべく1時間ほど置くようにしています。
甘みが出るんですね〜。
お米は、お水を吸収するのに30分以上かかるのだそうです。

あぁ、白いお米は美味しいですね〜〜
2009/01/13 Tue  「クジラにのった青年」1
ということで、以前お話した、「おとうとからのメール」許可が出たので、
このままアップしようかと思います。

以前にもかきましたが、おとうとはハワイでダイビングのインストラクターをしています。
以下、長いですが、お楽しみ下さい。




いつものようにワイキキ沖に潜りに行っていました。
1本目のダイブポイントは、シータイガーという沈船のポイント。
深度30メートルほどのところに日本の漁船が沈めてあります。
いつも通りにツアーしていると、頭上から巨大な物体が2頭接近してきました。

ザトウクジラです。

そのまま通り過ぎていくかと思ったのですが、
何でだか、ダイバーに向かってきてしまいました。
2頭とも10メートルを越えるであろう大きな巨体です。
胸ビレなどで叩かれれば怪我をするかもしれません。
細心の注意でゲストをボートに戻しました。

全員大興奮&少しの怖さを経験しました。
そこまではアドベンチャーな楽しいダイビングでした。

2本目は浅瀬(12メートル)です。
もうクジラは来ないからゆっくり潜りましょう、とエントリー。
5分ほどでタコを見つけて ゲストに見せようとすると、
なんとさっきの2頭が再び出現!
全員水底に腹ばいになり、
クジラの動きを見極めようとしました。
少しずつ移動し、リーフの影に隠れる。。。

一人の女性ゲストは怖さで少しパニック状態。
そこで、タイミングを見て その方を先にボートに連れて行きました。
僕のチームには他に、インストラクター2名とゲスト2名が潜っていました。
その4名が水底に取り残されてしまったのです。

浮上しようとするにも、2頭のクジラに邪魔されて浮上できない状態に。
ボートにクジラが接近しすぎるので、ボートも危険な状態になっています。
そこで、ボートをブイ付けしているロープからはずし、離脱させました。

4名を救出するために、もう一度僕が水中に戻り、全員をクジラが入ってこられない、
さらに浅瀬まで誘導することにしたのです。
しかし!
いざ、水中に入ると、僕のチーム4名が見つかりません。

その時、2頭のクジラは僕に気がつき向かってきました。
これはチャンス!ということで、2頭を皆から引き離すためにクジラを引き付けることにしました。

今日のクジラは何かがおかしかったです。
理由は分かりませんが、ずっとこちらに向かって突進してくるのです。
胸ビレで叩かれ、尾ビレで叩かれ、マスクが水中に飛んでいってしまいました。
それでも彼らは僕について来ます。
足元からスッーと近づいてきて、
そのまま水面に正座のまま持ち上げられ、自分のすぐ右横からブシューと潮吹き!

ボートの上のアメリカンはクジラにサーフィン状態の僕を見て、
拍手で大歓声をあげています。
しかしこっちは真剣です。生きるか?死ぬか?の必死さでした。
僕がクジラにオモチャにされている間に、
ボートが無事に4名を救出。

僕もさらに浅瀬に泳いで何とか脱出することができ、
ボートに拾ってもらえました。
ボートに戻った時は、笑顔で「凄かったですね」と
言いましたが、足が少し笑っていました。

今まで18年近く潜っていますが、危ない目には1回も遭ったことがありませんでした。
今日のクジラは凄かったけど、怖かったです。
皆にはクジラに乗った少年、とからかわれましたが、
一生に一度の経験だと思います。
今度会える時は2メートルぐらいの子クジラが希望ですね。
何はともあれマスクを無くしただけで、
怪我無く無事に戻れたのが幸いでした。

以上、ハワイからのメールでした。
よかったよかった。。


そして、これが、そのくじら。
でかい!!
ていうか、そんな状況でも写真を撮る、彼が凄い。。
2009/01/13 Tue  「クジラにのった青年」2
これは、どこが口になるのか。。。
怖いけど、昔絵描き歌で書いたコックさんを思い出すのはなぜでしょうか?