2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2008/10/31 Fri  「ミナミで音楽♪」
ミナミホイール初日です。
まずはknaveからスタート。
のあのわ はボーカルの女の子がチェロを抱えながら唄うというバンドで、
その魅力的な楽器の編成から、柔らかな世界を作り上げながらも、
演奏力を感じる5人組でした!
これからちょと楽しみでね〜。

そこからいろいろチョロ見しながらも、
厚生年金会館まで向かい、
藤井フミヤさんのライブにも。
ディレクターのナイスくんが「オープニングを見逃さないように!」
とにやっと笑っていたのですが、なるほど〜〜〜。
すごい登場でした。

この日は忘れていたけどハロウィンで、
会場にもなぜか角やらかぼちゃやらをかぶっている方がいっぱい。
急遽決めたそうですが、ハロウィンスタイルで遊ぶそんなライブでした。
フミヤさんは白い仮面(顔斜め半分だけが仮面になっているので、唄いやすい)
に黒のマントをかぶって、
屋敷さん(ドラム)は可愛いオレンジのかぼちゃの帽子をかぶって。
有賀さん(Bass)は白の骸骨がかかれた、黒の前身タイツで。
KYONさんは牧師さんのファッションで聖書を手に登場(これがよく似合うのです!)
(顔の部分もかぶりなので、前が殆ど見えない。。)
佐橋さんも尚之さんも、なぎさんも、こわ〜〜〜〜いかぶり物と前身コスチューム。
コーラスのアマゾンズのお姉様方はセクシー小悪魔系の衣装で、かわいかった〜〜♪
そんなスタイルで登場し、楽器がよく見えないままに二曲演奏。
(さすがです。見えないとはおもわなかった)

はじまりと終わりにそのスタイルで遊んでくれましたが、
その流れからなのか、いつもよりはしゃぎ気味のフミヤさんが可愛らしかったです。
「かっこいい俺は、嘘だから」なんて言ってたなぁ。
これはホリスペで使えるなぁ。

残りわずかとなったF'sKitchenのツアーですが、
様々なアーティストがかいた曲達を、心から楽しみながら唄うフミヤさんの姿をみることができました。
しかし、佐橋さんとのコンビ(フミヤさんが話していると、いいタイミングで突っ込む佐橋さん)は素晴らしく、面白いですね。

11月24日には、802で9時間のDJを務めてくださいます。
アルバムに曲を提供したアーティストも登場しますので、お楽しみに!!


そのあと、またミナミに戻ったワタクシでした〜〜♪

写真:knave にて。
ミナミホイールのはじまりを感じるらくだくん。
2008/10/30 Thu  「風通しを良くする アルバム♪」
SOME BRIDGES 〜FREDMARTIN& the LEVITE CAMP

プロデューサーはフレッドマーティンとジャクソンブラウン。
フレッド マーティンさんは元高校教師で、LEVITE CAMPは生徒達の課外活動としてスタートしたもの。
カリフォルニアのあまり治安が良くない地域で「非行に走らないように」と、
音楽を通しての指導を始め、10年経つそうです。

そこで育った歌い手2人はジャクソンブラウンのツアーに
同行したり、オバマさんの応援ライブにも共に出演していました。

このアルバムでは、the LIVITE CAMPがジャクソンブラウンの曲を中心にゴズペルで唄っています。
あらま、びっくり。
曲の素晴らしさを感じるとともに、彼らの歌声で、心が掬われます(上にす〜っと持ち上げられるような気持ちよさ)。

豪華なミュージシャンの音にもニヤリとしてしまいます。
秋から年末におすすめ一枚です。
2008/10/30 Thu  YANCY <TASOGARE - JOHN>
ぼ〜っとする、というのは、できるようでいてなかなかできないものですね。
さ、今日は一日ぼ〜〜っとするぞ!
と決めてもなかなかそんな一日は作れないもので、
家に居たら宅配便の方がいらしたり、電話があったり。
窓辺で外を見ていたら、サッシの汚れが目に入って掃除し始めたり。。。

昔はもっと「ほげ〜〜〜っ」とする時間があったのになぁ。
遠くを走る電車をぼ〜と見つめたり、
流れ行く雲と空の色で時の経過をゆっくり感じたり。
旅に出ないとそんなことが出来なくなっているのでしょうかね?

そんな時間を部屋に居て作ってくれたのが、YANCYのNewAlbumです。
様々なアーティストのサポートや、CRAZY FINGERSでお馴染みのYANCY。

言葉数少なく、その間に景色を浮かばせる歌詞は、情報量の多い現代では安心する空間を作り出してくれます。
哀愁漂うギターの音や、どこか遠くから流れてくるような、押し付けがましくない、とても自然なYANCYの鍵盤。

気がつけばゆったりとしたリズムに身を任せ、夕日を眺めてしまう私でした。
柔らかなコーラスが、空のグラデーションと重なり、心地いい。。。

秋の夕暮れにおすすめです。

写真:YANCYのアルバム、紙ジャケットを開くと、
こんな風通しのいいお部屋に招かれます。
2008/10/29 Wed  「おとといスティービーワンダーさんを知りました!」
渋谷でコンベンションらいぶでした。
ミナミホイールにも出演が決まっている阿部真央さん、18歳。
すでに話題になっている彼女の、お披露目ライブが行われました。

「ミナホ、私ならこう回る」でも注目の人としてご紹介いたしましたが、ライブをきいて、びっくり。
印象が変わりました。

「MY BABY」の唄い始めの声が可愛い、とかきましたが、勿論、その声は、心にきゅんと来ました。
が、まあ、なんてパワフルな声なのでしょう!!
「マイク、通ってる??」と思ってしまう地声の強さを感じる声は、
時に可愛く、時にスカッと、そして時に、体中で叫ぶように放たれました。
(個人的には歌い上げない、あの可愛い声も、いっぱい聴きたいなぁと思うのですが。。)

弾き語りで唄うことが多かった彼女は、バンドで唄うことには慣れていないそうで、
今回のドラム、ギター、ベース、キーボードという編成でのライブは三回目だとか。
そうとは思えぬいい関係に見え(聴こえ)ました。

MY BABYの時にはハンドマイクで歌い、関係者ばかりのし〜〜〜んとした黒い客席を相手に、
挑発するような仕草を。その度胸のあるパフォーマンスでびっくり。
でも、ハンドマイクで唄うのも初めてだそうです。

なるほど、ちょっと<ビヨンセが真似される感じ>もありましたが、それでも初めてにしてその動きと、
その歌声には感心してしまった。

三年前に始めたというギターの音が、これまた なかなかかっこいいのです。特にイントロの音が。
インタビューでは「ギターはもっとうまくなりたい?」と質問され

「いや、それよりもやらなければいけないことが、いっぱいあるから」
と、デビューしてから先の曲作りに不安を感じている様子も正直。

そして面白かったのが。。これまでに作った曲は40曲ほど(だったとおもう。。)
しかし、音楽を殆ど聴いてこなかったそうで、

『つい三日前にスティービーワンダーさんを知りました。
ああ、なんか聞いたことがある、これがスティービーワンダーさんなんだ」と思ったとか。

司会者から「これから(色んな音楽を)知ることができるというのは、世界が広がって面白いですね」
と言われると、即座に

「どっちか、でしょうね。広がるか、駄目になるか。。。」

その言葉に会場から笑い声が上がると、

「あ、本当にわからないから そういうんですっ!」


計算している?と思うほど面白いおしゃべりでしたが、素のままのようです。
妙に客観的に自分をみて話す彼女に、お目にかかれる時が楽しみになりました。
その素の可愛らしさを生かして、誰に似ているでもない「阿部真央の唄」が楽しみです。

来年1月21日、お誕生日直前にデビュー。
その前に、ミナミホイール (club jungle10/31初日)でその声を聴いてみてください。」

写真は、弟が送ってきたハワイのはろうぃ〜〜ん。怖いのだ。
2008/10/28 Tue  「お疲れさまでした!」
高橋尚子さんが、現役を引退。

もっと走れそうなのに。。。そう思うのはこちらの思いであり、
ご自身はきっぱりと、決めた様子が気持ちよかった。

高橋さんが走ったとき、マラソンを観るのが楽しかったなぁ。
彼女が出ているだけで、わくわくしたし、
実際女子で2時間20分を切ることができる、と示した人。

走りたいだけなのに、走れば走るほど、背負うものが大きくなってしまったのも
事実でしょうね。

みんなの期待に、いつでも笑顔で応えていた彼女は凄いですね。

何が好きって、走り終わってもまだ余裕の高橋選手の姿。

それを観ると、余力のある美しさを感じたものです。

「さよならRUNみたいなもの」をしようかな?と思っているそうで、
そんときはまた走ることを楽しんで、あの笑顔をいっぱい見せて欲しいですね。

お疲れさまでした!

たくさんの笑顔をありがとございました!

写真は。。青空の下キリンがいっぱい。
2008/10/27 Mon  「逃げたらあかん。欲しいものが逃げてしまう」
辰吉丈一郎さんの言葉。
最後の試合から5年経ち、現在38歳。
周りからは引退を勧められ、それでも諦めることなく、サンドバッグをたたき続けた毎日。
日本では試合を組んでもらえないため、海外に行くしかない、
そこでタイへ。

『逃げたらあかん。欲しいものが逃げてしまう。』

その言葉が心に残った日曜日だった。

そうして今日の朝刊をみて思わず私がガッツポーズをとってしまった。
TKO勝ち。

タイに向かった日本のファンもその会場を埋めた。
「辰吉コール」に加わりたいと思った人が、増えたことは間違いない。」
2008/10/26 Sun  「オマエ。。。」
「朝日新聞に載っていた <オマエ>と呼ばれて嬉しいかどうかのアンケートを紹介しました。
昔は『御前』という目の前に居る方を敬い、名前を呼ぶ代わりに前にいらっしゃる方、
ということで御前と呼んだとか。。

現代に置ける「おまえ」は、ちょっと逆の意味にもなりかねませんね。
年下・目下のものに話しかけるイメージのほうが強いような気がします。

ちょっと前に東京のテレビの仕事場で「おまえはさ〜」とか「みきはさ〜」
と名前で呼ぶ方がいたなぁ。
ああしたほうがいい、と決めつけた言い方をされるたびに、
「お願い、私を解らないで。。。」
と心の中で思ったものです。
ま、実際自分で自分を解っていなかったので、
その方のおっしゃる事が正しいこともあったのかもしれません。

ところが、それが、とても憧れている方だったらどうでしょう?
「いやん。。私のことを解ってくれているのね!」
になるわけです。

ふふふ。
へんなの。 

おまえ、というのは一歩近づいている関係にある呼び方。
近づかれて嬉しい相手でないと、「やめて〜」になる。
だがしかし、
「恋人や夫婦」まで近づくとこれまた「やめて〜」となる人が多いわけです。

うううむ。
難しい。

それもまた、マシャくらいかっこよかったら、許されるのだろうか。。。
2008/10/25 Sat  「Atomic Heart の夜」
今日、おでかけした場所の近くで、ず〜〜と「HANABI」のイントロが聴こえていた。
しかも、イントロで終わるのです。
がくっ。先に進まないんだ..と不思議に思っていたら、
大学の学際でのリハーサルだったようです。
覗いてみたらバンドがステージに立っていて、音合わせでHANABIを弾いていたのですね。
しばらくみていたけど、真夏の果実や楓、といったヒット曲と、イノセントワールドは演奏したけど、
結局HANABIはやらなかった。。。
なんでだろ?
うううう。聴きたい。。。
その気持を抱えたまま、家で聴きました。
学際の季節ですね〜。

さて、ということで、

明日、番組で取り上げるので、改めて聴いています。Atomic Heart!
いいですね〜〜〜♪

92年にデビューしたMr.Childrenは翌93年にCROSS ROADがドラマの主題歌になり、大ヒット。
初のミリオンセラーになりました。
続く イノセントワールドも発売と同時にNo1を獲得。200万枚の大ヒット。
その2曲をおさめたアルバムが、この『Atomic Heart』です。

確実に注目を集めること間違いなしのアルバムジャケットは、ブルー一色!
プラスティクのケースもブルーで、この二色が重なると、とても深い色になるのです。
にしても、あまりにもシンプルなジャケットに、びっくりしたことを忘れません。

で、先のシングルからぐっとMr.childrenというバンドの色が濃くなったアルバムです。
Dance DanceDance やラブコネクション、など、ロック色が濃くなり、
それでいて、クラスメイトやOverという名曲で、これまでの色も出す。

このアルバムを受け取ったとき、なんだか少し淋しくなったのも覚えています。
よくあるでしょ?
デビュー前から応援していたアーティストが「これで大ブレイクだ!」という瞬間に、
妙に淋しくなる感じ。かなり身勝手な片思いな感じ。
REPLAYのときにCM SONGになり、同じことを思ったけど、それ以上の衝撃でしたね、
CROSS ROADをもらったとき。
「凄い。行った!」って思ったものです。(どこに行ったのか。。わかりませんが)


てなわけで、明日は、このアルバムのみんなの思い出をお待ちしています。
皆の愛(言葉)で、このアルバムをさらに大きく大きく膨らましてください♪


写真は。。。
萩の花と、小菊の花。
今、我が家を彩っています。萩を撮るのは難しいです。
満開になったらトライします。」
2008/10/24 Fri  「兄の誕生日♪」
いくつになったのだろう?
と思って昨日から電話しているのに、珍しく出ない。
今日が誕生日というのは知っているけど、いつも当日しかかけないから、
前日にかけてみたのに、出なかった。
忙しいのだろうか?
だろうなぁ。

加藤家は、兄弟のことを名前で呼ぶ。
もっというと、呼びつけにする。
私は兄を KENN(けん)と呼び、弟を耕(こう)と呼ぶ。
そして兄は私を みきと呼び、弟は私を、時折「ミッキー」と呼ぶ。
ほとんどが「美樹」と呼びつけである。

おにいちゃん♪
とか
呼んだことないのよね。

妹に「おにいちゃん?」と呼ばれるのは、ちょっと可愛いドラマである。

と思いながらも、一度もないなぁ。。。

恐らく、両親が海外にいて、そのころ兄が生まれているからだろうなぁ。


反対に、弟に「美樹!」と呼びつけにされることは、結構好きなのだ。

お兄さん、お姉さんのこと、なんてよびますか?
大人になって、呼び方が変わったりしますか?

電話して、「おにいちゃん、いくつになったの?」って聞いてみようかなぁ?

気持ち悪いからやめとこ〜〜。

そういえば。。。皆様、弟のこと、なんて呼びますか?
兄に向かっては「お兄ちゃん」というのにね?
弟に向かって「弟ちゃん!」とか「おとうとよ!」とは呼ばないですよね?
他人には「弟が。。」と言うでしょうが。。

なんて呼びますか?

追記
兄は、日本に居なかった。。


写真は髭ちゃん!!
新聞の片隅に載っていて、嬉しくなった!
(新曲「髭よさらば」がタイアップになっているのは知っていたけど、
この髭ちゃんハイジまで出演とは。。?フジファブとの対バンライブが楽しみです。)
2008/10/23 Thu  「鶏とレンコンの炒め煮」
漬け汁に一時間ほどつけた鶏手羽を炒め(付け汁は残す!!)
焦げ目がついたら
漬け汁を半分と、水を入れて煮込みます。弱火で20分

そぎ切りにしたレンコンと、
残りの付け汁を入れて煮ます。

火を止めて、味をしみ込ませて完了。

漬け汁 :  酒1カップ みりん1/2カップ 砂糖大1 しょうゆ大3

水 1カップ

おいしい。