2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2009/03/06 Fri  「秦基博 LIVE @ 武道館」
朝から雨と風が強い東京です。

長靴で行くしかないなぁ。。と悩むこともないほど風が強くなったお昼。

でも、ライブが終わる頃には、春の風も漂う雨上がりの夜道でした。

武道館は。。あつかったです。

初めてとは思えないほど堂々として、でも、人柄もあわさって、どこか初々しい

そんな秦きゅんの武道館ライブ。

暗闇のステージに一人で登場し、スポットライトがあたると、それだけで会場か
ら歓声が。

唄いだしたのは、弾き語りでの「僕らをつなぐもの」

本編の最初と最期は「ボクの音楽の始まりの形」という弾き語りでした。
それがとても温もりをもたらせるライブのポイントとなっていましたね〜。

ドラムの坂田学さんを始めとして、Key),山本隆二さん、g)山本タカシさん ,b)
鹿島達也さん
という今、大人気のミュージシャンが集まったバンドメンバーも、楽しそう♪
(鹿島さんの日記には、ステージの美しさがわかる写真が載っていました〜。
「秦君の背中が 大きく見えた」とありました♪鹿島さんの音、かっこよかった
〜!)

デビューから2年半の活動の中で、自分の曲から力をもらったこともあるそうで、
「この曲もターニングポイントになった曲」といって、「虹が消えた日」を歌っ
たり、
『風景』〜アンコールラスト前〜では、
ステージに向って右側、三階からのライトひとつだけがステージに照らします。
その光で、秦さんとメンバーのシルエットが左側に映る。
真上に吊るされたスピーカーや照明器具が 暗闇に浮き彫りに。。。
それが、素の状態の武道館を見せてくれたようで、その大きな会館の中で歌う姿
が、とても美しく、
心に焼き付けられた瞬間でした。

そして本編ラストは 「朝が来る前に」を弾き語り。
その声に誰ひとりとして音をたてずに集中。
大サビのところでは ギターを弾かずに、声だけを響かせて聴かせ、
見んあのため息と拍手を後に、ステージを去って行きました。

アンコール最後の「新しい歌」では、♪ボクの闇を照らして♪と歌った途端に
客席の照明が点灯!お客さんみんなの顔を見渡せる明るさで、やはり、「ラララ
〜♪」と
大合唱して終わったのでした。

声の良さを堪能、はもちろんのこと、
秦さん、ギターも上手いですよね〜♪

そして、男子のお客様、多いですよね〜。それはちょっと意外!
客席から「結婚して〜」なんていう声も上がり、
「それはいやだなぁ〜」って笑って返していました。

次のツアーも決まっている秦さん。
そのツアーでも更に深みをまして行くのでしょうね。
楽しい時間をありがと〜♪
2009/03/05 Thu  「斜めにかかる雲」
青空にかかる雲がね、ななめなんです。
とってもくっきり、斜めで、
しかも もこもこするペンみたいに、盛上がって白いのです。
ものすっご斜めだ〜?
と面白くなって写真を撮ったのですが、写真にすると、つまらないですね。
2009/03/05 Thu  「東京タワー」
湾岸線をお台場の方に走ると、汐留あたりかなぁ?
道路が交流するあたり、カーブを曲がって、すぐ姿を現すのが東京タワー?
このカーブが大好き。
東京タワーが目の前に見えるのが大好き。
青空東京タワーは、素敵です。
2009/03/05 Thu  「青空レインボーブリッジ」
真っ白いレインボーブリッジが、青い空に映えて綺麗!
2009/03/05 Thu  「好きなカーブ2」
これまた帰り道に見える角度が好き。
もうちょっと手前が、綺麗なんですけどね〜。
押し損ねました、シャッター。

ということで、青空の綺麗な東京の風景でした?
2009/03/04 Wed  「今日は、餃子だよ!」
今日は、静かに、餃子を作った。

おいしいね〜。

なんでこんなに美味しいのか!!
2009/03/03 Tue  「こまきPrincess」
昨日は三月三日、ミミの日です。

そしてひな祭りです。

さらには、土井チャンのお誕生日でした〜〜

ということで、今日は一日遅れのお誕生会を行いました!

土井チャンは1年ほど前から仕事で東京通いをしております。
そこで、以前から「土井チャンを囲む会」をしよう〜〜!!
と話していた東京Ladies
(東京Ladies=802の東京在住女子DJのこと。シャーリーさんやちわさんが言うと可愛いのです)

どうせなら。。。お誕生会にしちゃいましょ〜と張り切る私達。

それぞれ推薦のお店をピックアップして、土井チャンのお好みを聞いて、
ケーキを出してくれるところを考えて、美味しい〜広尾のメキシコ料理屋さんへ。
次いで、プレゼントを相談。
そしてこの日を迎えたのでした!

お酒をほとんど飲まない土井チャンなので、
お姉様方の飲みっぷりにびっくりしたのではないでしょうか?
土曜日に聞いてみてください。。フフフ。

シャンパンで乾杯して、あとはそれぞれ、お好きなお酒を注文。
(なみちゃんは、ビールとテキーラ?を割ってました。
シャーリーさんはミントとライムがいっぱい入ったさわやかなお酒。
ちわきさんと私は、白ワイン?)

美味しいメキシコ料理でお野菜をたっぷりとり、
三種のミルク(エバミルク、コンデンスミルク、ミルク)で作られた
最高に美味しいバースデーケーキが登場して、
HAPPY BIRTHDAY

北欧もの好きの土井チャンに選んだプレゼントはマリメッコのイチゴポーチ!
あぁ、写真とれば良かった。。可愛いのですこれが可愛いのです!

(これを見て「まぁ、大きなイチゴ」と声を上げたシャーリーさんがキュートでした!!
それくらい大きなイチゴ柄です。)

さぁ、その間に繰り広げられた会話は。。。やはり、恋バナです。
時折大笑いが出るような、たのしいたのしいGirl's Talkでした。

土井チャンのおかげで、皆でおいしい〜〜〜時間を過ごせました
ありがとう、土井チャン


写真は、左から、ラクダさん、ちわきまゆみさん、池田なみ子ちゃん、シャーリー富岡さん、土井こまきプリンセス

ラクダも図々しく参加しましたので、番組用の日記に載せたいと思います。
そちらで、続きをお楽しみください。
2009/03/03 Tue  「初体験」
雪です。

積もらないだろうけど、雪が降った東京です

こんな夜に出勤です。ぬふ。

大好きなお店のお母さんが、新しく東京に出店したので、ちょっとお手伝いに。

思えばわたくし、喫茶店でバイトをしたことも ないのです。
接客業が向いているとは思わないけれど、社会勉強的にいざ体験!!
お母さんの息子さんの、お嫁さんもいらしたので、その方にいろいろ聞きながら、
できることだけ やってみます。

床を掃いて、お湯わかしてポットに入れて、ワイングラスを丁寧に拭いて。。。
コートをお預かりしてクロゼットに入れて、お絞り出して。。そのタイミングも難しい。

意外なところで「げっ。」とつぶやく私
生ビールをお盆に乗せて運ぶのって、難しいですね。。細くて背の高いグラスが不安定。。
ビール飲まないから。。って言い訳になりませんが。

お母さんがお料理を出すその時を盗み見、盗み聞きして覚えておく。
「コレ奥のお客様」と渡されると、
言ってたことを真似して「越冬キャベツでございます」とにこやかに出してみたりして。
「おぉぉ!越冬キャベツだ〜〜」と湧く背広姿の方々。フフフ。嬉しい。

お願いだから、ワインのこと、お皿のこと、野菜の産地のこと、などなど一切聞かないでくれ〜〜〜と
心で念を送りながら、にこやかにしてみました。

といっても、私はほとんど、接客をいたしませんでしたが。フフフ。

しかし、
長年、ひとりでお店をやってきただけあって、お母さんのその手際のよいこと!
(あたりまえですよね。)

お料理を出すタイミングや、お客様の喜ぶお酒を選ぶそのセンス。
何より、「おいしいね〜〜」と顔がほころぶそのお料理!!

数時間 同じ場所に居ただけで、どれだけ幸せな顔を見ることができたでしょう。
それだけで、いい体験させていただきました。


お母さんが、一組みのご夫婦にとあるワインを持ってきた時。
「うわ〜〜〜それ、それ!」
と喜んだ顔が忘れられません。

男性の眉間がふわ〜っと開き、とても綺麗な輝きを放った笑顔と感嘆の声。

初めてお母さんのお店で飲んだワインで、それからワインにはまってしまったそうです。
市場に出回る前に人手に渡ってしまうそうで、
どこに行っても見つけることができず、諦めていたとか。
それが、またここに 用意してある訳です。

あの頃を思い出しながら、奥様にお話ししている姿は微笑ましく、
ゆっくりと、その香りと味を楽しむご夫婦の空気の素敵なこと。

ワインって、こんな風に出会い、楽しむことができるのですね。
味と香りと、時を楽しむ

人が食事をするというのは、とても大切なこと。
その時間をどんな風に演出できるのか。
笑顔で食べる食事と、そうでないものは、どれだけの違いが生まれるのでしょう。

一人の女性が作り出す、たくさんの人の幸せな時間。

魔法を使っているかのようなその数時間に、かなり感動してしまいました。


しかし、立っているだけで、こんなに大変なんですね。。。

そして、私は、役に立ったのか・・・・
2009/03/02 Mon  「ほっとする瞬間」
人には、それぞれホッとする瞬間、というのがあるでしょう。
それは食べ物や飲み物、手触りや肌触り、そして視覚からくるもの、と
いろいろあります。

寒さに震えた時の缶コーヒーの「あったかい」は、身体の力がぬけるし、
お風呂に入った時の心地よさも、体中が弛緩してほへ〜〜っとなります。



と同時に、特定の人に会った時に感じることもあります。

昔から知っている人、久しぶりに会ってもすぐ大笑いできる人。。。
これまた色々ですが、
ほっとする、というのは張りつめた空気の中で和む、ということですから、
場所とタイミングが大きく関係するでしょう。


「今夜は雪」と言われた今日、大阪から早くに戻ってきて、
夕方からコンベンションライブへ。
東京と大阪でのライブの違いは客席の反応だけではなく、私の場合、関係者の違いがあります。

数年前までライブ会場で会っていた知り合いも、殆ど顔を見なくなり、東京の移り変わりにも対応できず、
今では、ご挨拶しても会釈程度。
関係者同士が盛り上がる横で、楽屋ご挨拶などは淋しさも感じてしまうほど。

でもまぁ、ご挨拶しにきている訳ではなく、ライブを観にきているので、
気にしませんけどね。

気にはしませんが、なんとなく淋しげな空気が漂っているかもしれません。へへ。
そんな中の強い味方が居てくれます。

それが、レコード会社のプロモーターさんとイベンターさん

関西、大阪、802担当だった方が東京に移転して、会場であった時のよろこび!

「ひさしぶり〜」っと笑顔を向けてくれた時のあの瞬間も、妙にほっとする瞬間。
一度関西で仕事をすると、「ここは特別(おもしろい)」と言ってくださる方が多いのですが、
それは関西人の暖かさ、近さ、というのもあるのかもしれませんね〜。
ノリがね、一気に場を暖めてくれますものね。


ということで、今日も何組か、「いやぁ〜ひさしぶり〜」と笑顔にしてくれました。

そうして、ライブ後にお食事へ。
そこでも久しぶりにご飯を食べる方々が待っていてくれて。。。

さっむーーーーーー!

という夜に、
手を挙げて笑顔で迎えてくれる人がいる、そんな温もりを感じられた夜でした。

あぁ、昆布焼酎のお湯割り、ほっとする
2009/03/01 Sun  「卒業式」
思わぬところで、卒業式の花を思い出した。
私たちの学校では、卒業する大好きな先輩に花をプレゼントする、
という習慣があったのです。

私たちの前後の代の、ほんの一瞬だけだったかもしれないけど、
小さな花束や、一本だけとか、
小さなものを用意して、気持とともに渡す、というもの。

その時お小遣いで買える花とえば、
パンジーとか、
スイートピーが多かったかなぁ。

だから、黄色や、紫の濃いパンジーを合わせてブーケにしてもらったのです。
母が好きな組み合わせで、その影響を受けていたのでしょう。

なので、今でも花屋さんの店先でその組み合わせを見ると、どうしても「きゅ〜
ん?」と
なってしまうのです。

確かに、私は買いました。

買ったけど,あげたかなぁ。。。そこから先を覚えていないって、
失礼ですよね〜。

でも、あげたと思います。  的な。。?
その程度しか覚えていないのもどうでしょかね〜。。

中学一年の時に好きだった先輩は覚えているんですけどね。
でも、お花を渡した覚えは、ない。

自分が卒業する時、いただいたことは覚えているんですけどね。
(女子が多かったなぁ。。。)


私の母校では、今でもお花を贈る習慣はあるのでしょうか?
ちょっと洒落た習慣だと思っていたのですけどね。


これまでの人生の中で、忘れられない花束、というのがいくつかあります。

まず思い出すのは、父が昇進したときの花束。
六本木に、家族でお祝いの食事に行った時、母と一緒に買った薔薇。
いろんな色のスプレー薔薇(一本の枝に沢山の花が付いている)を混ぜた、
贅沢な花束。
母のセンスに脱帽です。

その花束は、お店で待ち合わせた父に渡すまで、持って歩くだけで嬉しかったな
ぁ。。
でも、思春期で、仏頂面していたような気がします。
(両親にごめんなさい。)

2つ目は、初めての芝居(舞台)でもらった、薔薇の花束。
大きな大きな花束は、それが人生初の赤い薔薇の花束でした。
小さな劇場だったから、目立って、恥ずかしくも嬉しかったなぁ.

現在は、ま。置いておいて。

今思えば、花は枯れてしまうけど、花の色もカタチも、
心に鮮明に残るものですね。

卒業シーズンですね。

想いを告げたいけど、言葉にできない方、お花を黙って渡してみては?
「卒業おめでとうございます!」とそれだけ告げて。

それだけも、相手の心にずっと残るかもしれませんよ