2020年06月の日記
 前世、アマビエ?
2020年05月の日記
 花壇
2020年04月の日記
 アメリカの椅子
2020年03月の日記
 志村けんさん
2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2009/05/21 Thu  「人のせいにはできないのだ」
私が思っている以上に、関西の人は不安な気持を抱えていた。

インフルエンザのこと。

関西での感染者が出て、学校も幼稚園も保育所もお休み。
そして神戸ではお祭りも中止になって、修学旅行も中止。

一週間は家にいないといけない。

そうすると、いつも子供を預けているお母さんも仕事にいけない。
そういう余波が大きいことも、みんなのメールから知った。

そうですよね。。

でも、インフルエンザにかかってしまった人を責めることなんてできないのです

だって、自分がかかっていたかもしれないのだから。
熱出して苦しいのに批難されたら、かわいそう。
早く良くなりますように♪


そして後は、自分で守るしかありません。
できることは、手洗いとうがい。そしてマスクを常備。

それだけで、広がることも少なくなるのですから。
誰かに迷惑かけないように。自分を守る為に。

でも、騒ぎすぎるのもよくない。

海外ではそんなに騒いでいなくて、日本の騒ぎにびっくりしているそうです。
水際でなんとかしようと、思ってくれた結果バタバタしたのでしょう。

騒ぎすぎるのもよくない。冷静に。でも、しっかりとケアしましょう。

七日間お家でなにするのか。。考えると退屈だけど、802とも遊んでね。
2009/05/16 Sat  「素敵な夜☆」
突然のメールに笑顔になった。
とても嬉しいメール。

それは突然のお呼出。

<どうしているかなぁ?>

ずっと心配していたけれど、こちらからはお伺い出来ない時がある。

その人の状況と心情を計り知るからこそ、今はタイミングをみたほうがいい。

そんな風に思っていたから。
といいつつとても心配だったから、その人からメールが来て、嬉しかった。


で、4人がカウンターに並んで、グラスを鳴らした。
いっぱい話して、いっぱい聞いた。

その人はジェットコースターみたいに泣いたり笑ったり、笑ったり、泣いたりし
た。
ここ数日のことをいっぱい話してくれた。

誰かを思って心が思い切り動いている。

生きてるってことだ。

かっこいいなぁって、思った。
素敵だなって。

そして、しっかりと、路上でHUGして別れた。

心から、ありがとう。

その人が居なかったら、きっと私たちは違ってた。
今、こんな気持を抱えていなかった。
きっとこの、なんとも豊かな感情を抱えることはできなかった。

その人に、心から有り難う、です。

これからも、夢を一杯 みましょう。
また夢をいっぱい、語りましょう。

素敵な夜でした☆
2009/05/15 Fri  「弟の子供とキヨシロー」
弟夫婦が引っ越ししたので、遊びに行った。

元々建っていた一軒家を自分たちで考えて改築。
そのセンスの良さにちょっと感動!

大きな納戸にはスケートボードやサーフボードが並び、
ゴルフバッグも悠々と置ける。
(スポーツウェアやスポーツ用品の仕事をしてきたので、
そんな道具が多いのだ)

そして「やっぱりいいね〜」と羨ましくなったのが、畳の部屋。
気持ちいいですね〜。畳って。
しかも掘りごたつ。
足の下からぽかぽかと温かくなるのも嬉しい。

そこでワインを少々いただきながら、清志郎さんの話になった。

どうやら、知らなかったが、弟は清志郎さんが大好きだそうだ。

高校生のとき「RHAPSODY」を始めとして色々なアルバムを何度も聴きまくったそうで、
最近もずっと、「朝からキヨシロー」だそうだ。

その証拠に、弟の子供が、唄っている。
小学校5年生の彼が、どこでギターが入り、どこで「イエーイ」というか知っていて、
歌詞も空で唄ってる。

とっても楽しそうに。

「早く寝なさい!」と言われている その眠る直前に、
曲に合わせてたのしそう〜に唄っている。

パパの好きな歌を一緒に聴いて、パパが涙したところを目にして、
そして、歌いまくってる。

なんだかとっても正しいことに思えた。

正しいと言うのか・・・「愛と平和」な空気が見えたというのか…。

自分の弟ながら、羨ましいなぁと思った。
こんな風に音楽を伝えることができるなんて。

だがしかし。

その弟が高校生の時に、「デイドリームビリーバー」の入ったテープを貸したのが、
私だそうだ。
フフフ。

確かに、私はあの曲に一耳惚れして、オリジナルがモンキーズだとは知らずに、
一生懸命エアチェックして、友達にもレコードを借りて録音した。

弟はその頃色々悩んでいたそうで、この曲がかなり力をくれたのだそうだ。

ふぇふぇふぇ。

私が弟に教えて上げたのだ。
私も弟に影響を与えるようなことをしていたのだぁ〜。

って、全然覚えていないんだけど。
本当に私かなぁ。。?
2009/05/14 Thu  「6年の間に。。」
山崎まさよしさんの東京はNHKホールでのライブでした。

関西はまだこれからの公演、ということもあり、
控えめにご報告させていただきますが、
なんだかat HOMEなライブでした!まさに、『In my house』な感じ。

いつものように、ゲンタさんとキタローさんとの三人でのライブ。
三人だけとは思えぬ迫力の音で、力強くも、
やるせない気持ちを描いた曲の世界を広げたかと思えば、
ほっこりした温かさのある、三人ならではの笑顔が広がる演奏。

今回は新譜が出る前からツアーがスタート。
予習して楽しむことができなくて、ごめんなさい。という言葉を添えながらも、
こういうライブの楽しみ方もあるでしょ?と諭すMCも。

「初めて聴いた外国の曲が、意味もわからないけど、
とてもいいなぁ〜っと感じたりすることないかな?」

と、突然出てきた意味不明なキャラクター『先生風』で仰っていました。

笑わせていたけど、これが、彼の今回のアルバムへの自信の表れでもあるのかもしれません。

今の、そのまんまの山崎を楽しめるライブ。

関西公演をお楽しみに!

そう言えば、東京のNHKホールは2003年以来だそうで。
その6年の間に変わったこと。。。
ホールのトイレがウォシュレットになっていたそうです。。。

いい感じで力の抜けたMCも、なんだかいつも以上に距離を縮めてくれました。
2009/05/13 Wed  「コンカツ」
突然降って湧いた「婚活」なるコトバ。
使われるようになって大分経ちますが、
元は「婚活時代」(家族社会学者:山田昌弘さん。、ジャーナリスト:白河桃子さん著)
から広がったものだそう。

就職活動=シュウカツにならって、結婚活動=コンカツ。
婚活。結活。。。
なんで「ケツカツ」にならなかったのですかね?

婚=「結婚」とわかりやすいからでしょうけど。
『けつかっちん』みたいで面白いかとおもうのですが。。

(けつかっちん=後がない、終わりが決まっていて延長できないこと
映画の世界から生まれた言葉)


ま、コンカツですよね。
ケツカツ、って言いにくいし、なんだかあまり綺麗じゃない。
響きも「カツカツ」していますものね。


で、婚活ですが。
婚活で検索してみたら、ものすごい数のサイトが出てきました。

そこら中に「婚活」の文字。
結婚相談所やお見合いの紹介所などは、昔からありますから、
そう言う老舗も一斉に「婚活」なるコトバに書き直したのでしょうか?

ほんと、一気に広がりましたね。

一気に広がって、
下着も誕生しました。

今日ニュースで紹介していましたが、ご覧になりました?
ふっしぎ〜。

時々ふっしぎ〜という下着をシャレで作りますが、
これ、何の為に作ったんでしょか?

ウェディングドレスのようなまっ白のレースのブラ。
真ん中にタイマーが付いていて、宣言した結婚の日をセット。
相手に出会えて、ゴールインした場合、指輪をタイマーの上にセットすると、
ウェディングマーチが流れる。
婚活失敗して、期限までに結婚できないと、ぶぶ〜っとブザーがなる。
それだけかい!?
と突っ込みたくなります。
しかし、それだけではありません。

胸のサイドには印鑑とボールペンが入る細いポケットも!!
へ〜。って感じですよね。
なんなら婚姻届の用紙も入れて置いてくれればいいのにね。
というか、婚姻届を書くとき、裸(下着姿)で書くんですかね?
まぬけな感じですね〜。。。

ま、そんな掘り下げちゃいけないことですよね。
でも、
あの下着、発表した後、どうするんでしょね?

平和だね〜。。
2009/05/12 Tue  「一年に一回の季節」
一年に一度、華やかになる花壇。
バラが今年も咲きました。

サハラ98というバラ。
今年はこのコが元気に花をつけました。
毎年主役が変わるのも面白い。


しかし、一斉に花を開き、それはそれはお見事なのですが、
一斉に開くと、一気に淋しくなるのも一緒なのですよね。
ま、暫くは毎日の水やりが楽しみです
2009/05/11 Mon  「巧いなぁ〜1」
あららなんか眠いなっ!

ってCMをご存知ですか?大分前から放送していますが、
観るたびに巧いなぁ〜と思っちゃうし、口ずさんじゃう。

「ラバンバ」の曲に乗せて「あららなんか眠いなっ!」
うまく日本語がはまっているなぁって、感心しちゃいます。


それと、

「細マッチョ!」VS「ゴリマッチョ!」もかなり好き。
こちらも春の始まりから放送されてますので、
すでに誰かが話していると思うけど。

1970年代のHIT「THE HUSTLE」にのって、
松田龍平さんと中村獅童さんがタンクトップ体操服で
その筋肉の美しさをさりげなく披露する。
このお二人、というのがまた、ナイスキャスティング!

細まっちょ!ゴリマッチョ!

ってコトバと、曲の関係がこれまた絶妙。

で、
うまいなぁ〜ということで言えば、今日、電車の中で目にしたこの中刷り。

「互いに譲って  うれシイタケ!」
「どうぞの笑顔で すっきリンゴ」


おもわず、「おーい!」「なんじゃそりゃ」と呟くほどいい加減な、
いや、基本のダジャレです。
が、ここには、更に一つ上のテクニックがあったのです。
2009/05/11 Mon  「巧いなぁ〜2」
気がつきましたか?
読めますか?

「ご協力 果菜(ください)」だって。

おおぉぉ〜と、電車の中で声をあげて、笑ってしまいました。

一緒にライブを見に行ったディレクターのあけたんと、
「これは写真に撮らないと!」とトライしたかったのですが、
なかなか勇気が要るものです。
で、座ったところから、あけたんが激写!!

と、もうひとつ向こうの車両に。。。
2009/05/11 Mon  「巧いなあ〜3」
「マイカーやめて、スイスイーカ」

はい。
こちらは、遠くからみつけて、さすがにこれも撮って、とわがままは言えないので、
私、す〜〜〜〜とその下まで行って、
突然カシャッと、携帯で撮ってきました。

周りの方(特にライブ帰りの女性達)は、「な、何撮ってんの?」と
びっくり笑われました。

で、写真ではお芋の方の文字が読めませんよね。
わたくし、写真を撮るのに集中して、読んでくるのを忘れました。
「Co2削減も、◯◯イモん!」

おイモさんはなにいもん!と言っているのでしょう?

「ちょろイモん!」
「くさイモん!」


いや、「Co2地球も。。。」ですかね?
どなたか、ご覧になった時は覚えておいて果菜。
2009/05/10 Sun  「日曜日」
安藤裕子さんをお迎えした夜。

今、新しい安藤裕子が始まっている。

ベストアルバムのジャケットも裸にレースの布を巻いた写真。
贅沢に用意されたレースの布。

繊細でありながら、とてもしなやかな木綿のレース。
彼女のイメージにぴったりです。

『何も着たくなかったんだよね」
はだかになりたかったので、そういう写真になった、と仰っていました。

新しい安藤裕子。

初回限定版についている自分史は、文章にスピードがあって「さすが!」な表現

一気に読ませてくれます。
という話をしたら「締め切りが近かったからね〜急いで書いたんだよね」と
笑わせてくれましたが、小説を書いたら面白いだろうなぁ。
歌詞の世界でも短い中に感情がとても鮮やかに描かれていますから。

その自分史を読んで、ますます彼女が好きになった、近くなった私です。
(これを読んだ女子スタッフはみんな同じこと言ってました〜)

ふふふ。

なんだか、安藤さんと一緒に居ると、こちらがリラックスしちゃうんですよね。
インタビューというより、会話になってしまう。。
ゆるゆるなトークで失礼しました。

でもまた、一緒に特番したいなぁ。