2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2009/05/08 Fri  「うわさのFOEVER 21」
原宿に登場したうわさのSHOP FOREVER21、あけたんと、らくだと覗いてみました。
すっげー混んでいました。
だって、看板見えますか?先の方に小さく縦にあるでしょ?
あそこまでこんなに人がいるんですよ〜〜ん。
もともと並ぶの苦手な私ですから、そこで気持ちも下がりましたが、
そう言いながらも話のネタに、と入ってみました。

ううむ。。さすがにお姉さんには無理かな?
あまりの混雑に商品もひっぱられ、のびのびになっていた、という感じもありですが。。
もう「永遠に21歳♡」
というには確実に罪なお年頃の私ですから。ぬふ。
十代の頃にこんなお店があったら、色々試してファッションセンス磨けたのになぁ。
2009/05/07 Thu  「チャンピオンズリーグだよ〜」
ということで、マンUですよ。やっぱり。

チャルシーVSバルセロナ、すさまじい試合でした〜♡

あれは、あっぱり。。。ハンドですよね??
チェルシーは良く守りましたよ。うん。
あのバルサに 「枠にいくシュート」を打たせなかったのですから!

さ、決勝の日もたのしみだ!
2009/05/06 Wed  「糸/布のカラフルないろ」
実は軽井沢です。
なので、チャンピオンズリーグの話はできません。
帰ってから録画を観るのですから。

あ、放送の頃にはしっかり観ていますので大丈夫です。



で、数伊沢で見つけた、糸、布屋さん「みりで」
教会通りの入り口(出口か!?)のすぐ左側にあるお店です。
(上がって行くときは左側です。)

この糸の美しさにひかれて入ってしまいました。
ご主人によると、まだ整理が出来ていない、二年目の店だそう。
どうりで、去年は通り過ぎたと思った。。

で、この糸はご自身で染めたそうです。
きれいですね〜。
2009/05/06 Wed  「布/糸のお店2」
こちらはご主人が自ら染めた毛糸だそうです。
2009/05/06 Wed  『布と糸のお店』
何処かで観たような。。。このフランスはリヨンで買い付けてきたもの
ばかりだそうです。
他にもさらさらふわふわの布地があって、それでワンピースを作って欲しい。。

あくまで作りたい。。とは言わないのだ。ミシンは苦手なのだ。

ということで、毛糸も糸も綺麗だったけど、
さんざんあれが欲しいこれが欲しい、と騒いだけれど、

購入したのは「赤いランチョンマット」5枚、合計500円。

布切れをつかった赤いランチョンマットは、年末年始に活躍してくれそうです。


今週のらくだは、軽井沢日記です。
あまり関西からはいかれる方も多くないかもしれませんが、
もし「いくよ〜」と言う方は、らくだがご案内いたしますので、
お楽しみに〜
2009/05/05 Tue  「こどもの日ですから」
こどもの日です。

柏餅を食べないと。
と言いながら、何年たったでしょうか。

最近食べていません。

子供の頃は
「こどもの日=柏餅」だったのに。

みそ餡が苦手でね〜。やっぱりこしあんに限りますよね。

それと、「ちまき」も大好きでした。

白いお餅の中にあんこ。美味しいですね〜あのもちっと、ぺたっとした感覚が。

でも、あまり買ってもらえなかったなぁ。といかあまり売っているところがなかったのよね。


こどもの日、といえば、我が家は兜でした。
あこがれたなぁ〜こいのぼりの大きいものに!

おおきいのとちいさいのが風に泳いでいるのが羨ましかったなぁ。

最近では皮でおよぐ 鯉のぼりがいるそうですね。
なんとも優雅でうつくしいのでしょうか。

こどもの日といえば、あやめ=菖蒲ですよね。
飾っていません。

ということで、こどもの日らしいことは殆どしていない私です。


思えば。。。
我が家にあった兜たちは、どうしているのでしょうか?
最近はすっかり出さなくなってきているけど、
あの実家の押し入れの上の方に横になって いらっしゃるのでしょうか。。

考えるだけでおそろしいわ〜。
2009/05/04 Mon  「GWまっただ中」
ですが、もうみんな帰ってくるようです。
上りの渋滞が激しいようで。

高速道路の料金が下がったことで、のきなみみんな車です。
飛行機も新幹線も空いてましたもの。

あれですね。

高速料金が安くなって、そりゃ嬉しいですけど、
こんなにみんな車で出かけて、Co2排出量はどうなってるんでしょか?

今のところ、テレビなどで目にしていませんが、

「エコは?」

って、誰か言わないのかしら?

でも、家族全員の交通費を考えたら、断然車、になっちゃいますよね〜。
電車/新幹線も安くならないかしら。。。
明日、車で遠出しますが、なんだか、胸が痛い。。

写真は。。
バラがやっと咲きました。『ムーンライト』
4月の初めに咲いて「早くないか?」と言いましたが、
そのあと全く開かず。
今年は開花が遅いです。。
2009/05/03 Sun  「ファンキーマーケットな日曜日1」
朝から、たくさんの方の笑顔を拝見しました。
私達に 会いにきてくれて、有り難うございました。

お菓子のお差し入れや、絵本のプレゼント。
そして手作りプレゼントの中では、こんなに可愛いものも

以前番組でBUMP OF CHICKENの藤原さんが描く猫の「ニコル」が大好き〜
と話したのを覚えていてくれた女の子が、手作りしてくれたのです。


「アルエ」のシングルにステッカーが入っていて、
802の私のロッカーの扉に貼っていました。
ロッカーが新しく入れ替えられて扉もチェンジ
(古い扉ははがして自宅に持ってきました)

居なくなったニコルの代わりに、やってきてくれまひた〜。

に巻いた赤と白のマフラー包帯がきゅーーーと
細かい縫い付けが、とても綺麗!
丁寧に丁寧につくってくれたのですね。しかし、上手!

で、なんと、これ、ひっくり返すと!!
2009/05/03 Sun  「ファンキーマーケットな日曜日2」
後ろ姿もしっかり作ってくれています。
感動かわいい〜〜〜〜

今日は万博公園で、たくさんのプレゼントいただいたような気がします。
握手するたびに、自分の名前書くたびに。

らくだリクエストもいっぱいいただいて。
(会場にスタッフはまじ〜がとっても素敵なリクエストボックスを作ってくれたのです。
彼女は週末朝も早いのに、そしてこの日記やら、らくだの写真やら、アップしなきゃで
めちゃくちゃ忙しいのに、抜群のセンスを生かした「らくだ」の絵の看板!
最高でした!
それにつられてみんながリクエストしてくれました。有り難う!)

太陽の周りに円を描いた虹がでたのも、不思議な現象で、
みんなで空を見上げるのもちょっと不思議で、面白い。
太陽の塔と太陽の虹、なんとも妖艶で、そしてなんとも虚構的な光景。

ディレクターミッキーは、
その太陽を大切なカメラで撮り続けていたら、
いきなり壊れたそうです。
なんででしょ。

思えば
ミッキーとのフラワーに清志郎さんが来てくれたのは、丁度一年前だったなぁ。
清志郎さんを私に近づけてくれたのはミッキーです。


私の周りには、「この人がいなかったら、今の自分はここにいない」
と清志郎さんをリスペクとする人が、何人居るだろうか。

その人たちに、そしてご本人にも、どれだけのパワーを頂いたことか。
そして、今日メッセージを送ってくださった、ボスのファンにも。

何度も何度もきいた
「愛しあってるか〜い!」「あいしてます!」
その声は、ず〜っと、心で響き続けますね。

たっくさんの笑顔と気持ちを、有り難うございました。


う〜〜〜〜ニコル、かわいい(FAXもありがと!)
2009/05/02 Sat  「亀の恩返し」
いいライブでした〜。

亀田誠治さんが総指揮をとる、イベントライブ、「亀の恩返し」
日本武道館で二日間に渡って行われます。
番組(5/3日曜日の)では中途半端にしかご紹介できなかったので、改めて残します。

出演は亀田さんがこの10年間にプロデュースしたアーティストがずらり。
2日:スピッツ、KREVA、
平井堅、椎名林檎、秦 基博、JUJU

3日:スピッツ、KREVA、絢香、
スガ シカオ、Chara、Do As Infinity、

林檎さんとの出会いが98年/99年ころとして、今日までの10年間、
とりわけ2000年代の日本の音楽シーンをプロデューサー亀田誠治が彩ってきた、
ということがこの出演アーティストの名前を目にするだけで感じられます。
日本の音楽シーンを、とてもきらきらと、明るく、
でもどこか胸をきゅっとさせる切なさを伴ったサウンドで、私達の心も華やかにしてくれました。

今回のライブのミュージシャンも亀田サウンドに欠かせないメンバーが揃いました。
だからこその、演奏で歌が楽しめるのです。

まず、武道館に入ってびっくりしたのが、ステージング。
武道館の正面から入ると、手前から奥に向かって菱形のステージが三つ、縦に並んでいます。
そして手前と奥のステージはちょっとだけ斜めに剃り上がっています。

手前にはハウスバンドのメンバーが、
真ん中のステージは中央が四角くへこんでいて、そこがストリングス8人とグランドピアノの部屋。
へこんだところ意外は、ステージになっています。

そして一番奥がSPITZのステージ。

ソロのアーティストは真ん中の菱形ステージの両端に立って唄うので、
どこの席でも正面を楽しめる、そんな心遣いにも愛を感じました〜。初めてみた、こんなステージ!

トップバッターはSPITZ!
彼らだけのいつもの演奏もありながら、なんと!
バンド+ストリングス!という贅沢な初の試みも!!
よかった〜。とくに、メモリーズ・カスタムと正夢♡
メモリーズ・カスタムのストリングスがかっこいい!!
エッジの聴いたロックなバイオリンの音!
さすが金原千恵子ストリングスです。
めちゃくちゃ明るくてポップでロック。とにかくかっこよく楽しい!
正夢は、ほんといい曲〜〜〜♡

秦君は弾き語りで始まって、ハウスバンドとの共演。
弾き語りの「朝が来る前に」はぐっときますね〜。
で、亀田さんとの最初の共演曲であった「鱗」も気持ちいい!
ぶわ〜っと広がるのです、秦君の世界が。

その秦さんはライブの後半でSPITZと「空もとべるはず」を聞かせてくれました。
この日だけのスペシャルはいくつかあって、
SPITZとJUJU(翌日は絢香)と「魔法のコトバ」を、
平井堅さんと椎名林檎さんは英語&スローバージョンの「閃光少女」=『PutYourCameraDown』
を歌い(そのあとさらりと退場し、林檎さんだけの「閃光少女」も演奏)

KREVAと草野正宗さんも期待通り、「くればいいのに」と、
さらにもう一曲、KREVAがさかいゆうさんと作った「生まれてきてありがとう」も共演。
マイクだけ持ってメンバーも後ろにいない草野さん。ちょっと淋しそうな感じも心をくすぐります。
なにより、このメロディーと声の美しさがマッチしています。

今回やっぱりかっこいいわぁ、と思ったのがKREVAで、いつものように
コトバがきっちり伝わり、コトバ遊びが深い。
そしてMCがいい!
面白いし、温かい。
彼は今回のこのライブの為に新曲を用意して聞かせてくれました。
そこがまた、KREVAの人に対するサービス精神と愛の深さなのでしょうね。

登場に思わずかわいい〜と会場から声があがったのが、JUJU!
そして心にす〜っと入り込んで心地よいcoolさが胸に広がる。。
そんな歌声で会場を華やかに彩ってくれました。

平井堅さんはまず「瞳をとじて」でスタート。
やはりこの曲の壮大な広がり方、そのアレンジはお見事!
このストリングスアレンジの美しさも亀田さんならではでしょう。
そんなバラードで会場を沸かせたかとおもえば、
下ねたでご挨拶して、「意外と下もOK なところをみせたりして。。」
と自ら言って笑わせてくれました。
そして最後は『POP STAR』が楽しい楽しい♡
いいですね〜この曲のHAPPYさ、最高!

今回のライブはアーティストの登場の前に 何度か映像が流れました。
「ありがとう」にも色んな気持ちがある、
そんなストーリーをテーマに描かれたドラマ、アニメーション。
その間ステージは暗転。
最後のスクリーンが流れている時には、ハウスバンドが皆白衣をまとっていました。

スクリーンの男の子が一言、「出会うことは最大の感謝なのかもしれない」
というと、「茜さす、帰路照らされど」のイントロ。
確かに、亀田さんにとっても林檎さんにとっても、この出会いは格別なことでしょう。
イントロが演奏されるその音の中、
椎名林檎さんがバンドの後ろからゆっくりと、美しくピンヒールの足を運び登場。
白衣の下は黒のビスチェとミニスカート。
ストッキングは足の縦半分、内側が黒、外側が肌色、
というセクシーなもの。

圧倒的な歌と存在感で、会場の空気を張りつめさせ、
そこから発せられる音が心に痛いほどに入る。こちらがどんどん吸収したくなる歌。
この人の曲と唄は子宮で生まれているような。。。
そしてこちらも子宮で聴いている感覚がするのです。
官能的で、圧倒的な迫力で、奮わせてくれました。

ということで、
長くなりましたが、なんとも贅沢で楽しくて、とても温かい夜でした。
亀田誠治さんの人柄そのままの、素晴らしいライブ。
一人のプロデューサーが共演したアーティスト、ボーカリストを集めたライブはこれまでにも
あります。
でも、このスケールの大きさは、これまで観られなかったのでは?
改めて、亀田さんの才能と、人間としての魅力を感じました。

音楽にもらったパワーはとてつもなく大きいのに、
感謝の気持ちを形にすることは、なかなか難しいものです。
亀田さんは音楽に恩返し、しちゃいましたね。
そして感謝の気持ちを形にして、私達に改めて教えてくれました。
この10年間の音楽が、どれだけ私達に笑顔をもたらせてくれたのかを。

「ありがとう」
この気持ちを抱えながら帰る道の途中、
清志郎さんの訃報を受けました。
とても大きな音楽の力を感じた帰り道に。

久しぶりにものすごく、泣いた。
まだよく事実をわかっていないのに、
こんなに自然に涙が溢れて止まらないなんて。
はにかんだ笑顔が浮かびます。



写真は、亀田さんとバンドの楽屋で見た、亀パン。
ぞろぞろ、亀パン。