2019年06月の日記
 サザンオールスターズ @東京ドーム
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2009/07/12 Sun  「旅したく」
旅支度は得意ですか?
私は毎週プチ旅行しているようなもので、
それも続けて15年。
なのに、荷物はまったくもってコンパクトにならず。

夏だから薄着で軽くなるはずなのに、
汗かくコトを考えると多くなる多くなる。
大体男性に比べて女性は化粧品が多いでしょ?
下着だって二倍ですよ(上があるから)
なにより仕事のノートやCDがいっぱい。

いざと言う時のことを考えて、細々としたものが
少しずつかさばっていく。

これを一度集めてみて入らない、となると、
少しずつ削除していくわけです。
たった一泊なのに。

で、今回は久しぶりに大阪に三泊するので、
あやうく乗り遅れるところでした。ふ〜。

もう少し身軽に旅できないものでしょうか。。。
2009/07/12 Sun  「旅したく」
旅支度は得意ですか?
私は毎週プチ旅行しているようなもので、
それも続けて15年。
なのに、荷物はまったくもってコンパクトにならず。

夏だから薄着で軽くなるはずなのに、
汗かくコトを考えると多くなる多くなる。
大体男性に比べて女性は化粧品が多いでしょ?
下着だって二倍ですよ(上があるから)
なにより仕事のノートやCDがいっぱい。

いざと言う時のことを考えて、細々としたものが
少しずつかさばっていく。

これを一度集めてみて入らない、となると、
少しずつ削除していくわけです。
たった一泊なのに。

で、今回は久しぶりに大阪に三泊するので、
あやうく乗り遅れるところでした。ふ〜。

もう少し身軽に旅できないものでしょうか。。。
2009/07/11 Sat  「宇宙旅行」
Tour 2009 宇宙一周旅行に行ってきました。
吉井和哉さんの代々木体育館でのライブ。

代々木第一体育館は縦に長い楕円形の様な会場なので、
まるで巨大な飛行船に乗っているような、まったく時間を感じさせない、
楽しい、かっこいい、きもちい〜〜〜いライブでした。

素晴らしい唄!
いつものことですが、このアリーナクラスの会場はおちゃのこさいさい、な感じ
で、
余裕で楽しんで歌っている様子はさすが。

今回の舞台セットはまたこっていて、ステージの後ろのスクリーンに映る映像が

声に反応するのです。
(例えば、火が灯る映像だとすると、声の大きさで炎の大きさが変わるという感
じです)
吉井さんは「声が見える」と表現していました。
その映像もあいまってのことでしょうが、
確かに、吉井さんの「声が見える」ライブと表現したくなる今回でした。

MCの言葉で
「一秒一秒過去になる。
最近も偉大な人が亡くなって、
当たり前のようにコンサートをやっちゃいけないなって思った。
もし(この先)別れる時がきても、またこの声を探して下さい」

またひとつ唄に自信を持ったからこその言葉かな?と捉えましたが
いかがでしょう?
しかし、一緒に歌える曲がいっぱいあるんですよね。
だから楽しい。
この気持良さはライブならでわ.

次は、ZEPPツアーです。

そして今回は、TRICERATOPSの吉田さんも参加!!
お見事なドラムでした!お疲れさま!
2009/07/10 Fri  「大都会の東京の、六本木のど真ん中で。。」
東京のどまんなかで、皆で「ええねん」大合唱しました。

ウルフルズのフリーライブ in 六本木ヒルズ アリーナ


暑い暑い東京は午後から青空、強風。

夕暮れの空をすごいスピードで移動する雲が、
ウルフルズのフリーライブに急ぐ人の様。
3500人が集まったと言う六本木ヒルズアリーナ。

周りを建物に囲まれているので、
普段ならその通路から下のステージを見下ろすこともできるのですが、
今日はポールが立てられ、階段の手すりには近寄れず。。
みんな思い思いにスキマからでもいいから観られる場所を探してスタンバイ。

これが、お休み前、東京で最後のライブになっちゃうのですから、
少しでも見える場所を確保したくなりますよね。


予定より10分ほど遅れて
まず一曲目は「ガッツだぜ」で、いきなり皆で大合唱!

続く「バンザイ」では全員で両手を上げて、これまた大合唱。
いつものライブと同じです。


「今日は特別なライブに来てくれて有り難う」
そこでちょっと胸がきゅっとなったけど、

MCも涙涙ではなく、いつもの通りの楽しさで笑わせてくれて。
だからこそ、
「笑えれば」はぐっときました。

ご自身のブログにも、「笑えれば」という曲名書いてあったしね、
これを歌うことに思い入れがあるのかもしれません。
私も大好きな曲なのですが、正直、この曲が胸をつねるような痛さで聴こえることがあるんだなって、
帰り道に口ずさんでました。


最後の一曲を歌う前に、「この大都会の、東京の、六本木のど真ん中で、関西弁の曲うたおう」
といって、「ええねん」を大合唱。

六本木でこの曲を皆が歌っていることになんだかとても不思議な気持ちになり、
みんなで、「ええねん。ちょっと休めばええねん」と言っているようにも、聴こえて。
    そう言われたかったのかな?


ウルフルズは、ウルフルズが大好きなんだなって、そう感じられるライブでした。
本当に、4人一緒に音を奏でるのは楽しいのでしょう。
だからこそ、今、しなきゃいけないことがあるのだと。

でも、今日のライブを観て、
またウルフルズはいつか一緒にやると、思えた私でした。
何年先か、わからないけど。

なんだか、先日のASKAさんのライブ、そしてサザン。
それから、なぜかUNICORNのことも重ねて、「何かが変わる時かもしれない」
なんていつも以上に真面目に考えた夜でした。

そして
清志郎さんの声が聴きたくなった夜でした。
2009/07/09 Thu  「くるり武道館」
いいライブでした!

かっこいい!

三回目の武道館ということですが、
最初のMCで「一度言ってみたかったことがあるんやけど。。言っていい?」
「ライブハウス 武道館へようこそ!!」

その一言に会場も湧く湧く!

武道館でやろうが、どこでやろうが、くるりが演奏すればライブハウス。
箱の大きさを感じさせない演奏と音。
(この音がまた良かった!
大きすぎることもなく、ライブハウスの空気が感じられる、いい音でした)

ドラムと三人で、時にサポートギターが入って四人での演奏。
最後に三人が楽器から離れて、ステージ前に出て抱き合った時、
あれ?三人だけって こんなに小さいんだな。と思わず笑ってしまった。
演奏しているときはそんなこと感じなかったから。


時折ステージ正面の大きなスクリーンに映るのですが、
(三階の両サイド〜奥の方には大きめのスクリーンに常に映像が映っていました)
岸田さんに色気があるのです。

一曲目からとっっても嬉しそうな表情でギター弾いて、
そしてシャウトした時にたまらなくかっこいい。

演奏終わった後の 「あぁ、今、めっちゃタバコ吸いたい!」の一言が
今の気持ちよさを伝えてくれたりして。

そして佐藤さんのバッキングボーカルがまたいいんですね〜。
そして、ベースとドラムのグルーブが、たまりません。

てなわけで、あっという間の二時間半。

偶然にお隣になったLOVE(元CORE OF SOULのふっこちゃん)と楽しんだのでした。
LOVEちゃんとはくるりのライブで良く会うのだ。
(でも最近ではASKAさんのライブでしたが)
2009/07/08 Wed  「おからのケーキ」
良く行く場所にあるおからのケーキ屋さん。
かとまきちゃんの番組でご紹介するということで、
これが私のお気に入りのレーズンクッキー♪
と写真を送った。

サックサクで、いくつでも食べれちゃいます。
おいしいのだ〜。

ということで、今度の日曜日には、
おからのケーキを持って行ってあげよう。
お楽しみに♪
2009/07/07 Tue  「7月7日 晴れ!」
青空が綺麗な七夕になりました!!

わ〜晴れた〜!窓全開で、布団も干して、お掃除。

きもちいいわ〜とご飯を用意していたら、

ピンポ〜ン。

インターホンの画像で見たら、時々見かけるおばちゃん。

「はい〜?」と出たら

「雨が降ってきました!雨ですよ〜〜」

へ!?

と一瞬思ったけど、即、布団を思い出す私。

「ありがとうございます!!」

通りがかりで、布団をみかけて教えてくれたのね。

きつねの嫁入りみたいな一瞬の雨でしたが、助かりました。

そういうところ、この街の魅力です。
2009/07/06 Mon  「新しいお店」
大好きなイタリアンのお店の隣に、イタリアンフレンチのレストランができた。
いい度胸じゃないか。


白くて可愛い門構え。
外から見てもワインの並べ方もオシャレ。
こじんまりして、美味しそうじゃぁないか。

ここはやはり、
一度味を見に行かないと。

しかし、

そこにいくには、お馴染みのマスターの前を通らないといけない。
そこを過ぎて隣に入るなんて。。。でき。。できる。
月曜日ならできる。
定休日なのだ。

ということで、入ってみた。
友達の典子さんと。

内装はやはりオシャレ。お料理の彩りもきれい。


でも、どうしても気になるところがあった。

真っ白いお皿が、料理と指紋を乗せてやってくるのだ。

料理の周りが指紋だらけ。

取り皿もばっちり、指紋付き。
犯人はすぐにわかっちゃうよ。というくらいくっきり。

それはちょっと、引きますよね?

そうでもないですか?

シェフ一人でやっているお店なので、誰かが言わないと気がつかないかも。

ワイングラスが汚れていると変えてもらうわたくしなのですが、
お料理乗った状態だと、これも無駄になっちゃうし。。
難しいですね。

で、典子さんと私は軽く食べて出てきましたが、
指紋よりなにより、私達が気になったのは、
お隣にいた、シェフのお友達らしきお客様にお料理が順調にでて、
私達は放っておかれたこと。ふふ。

おかげで、ワインは最初の一杯だけですみました。

お料理はサーブするタイミングも大切ね。


新しいお店。
期待に満ちて出したお店ですから、
数ヶ月後、落ち着いた頃また行ってみます。

でも。。いきなり「スッゲ〜美味しい!!」だったら困ったからなぁ。
だって、お隣に行けなくなっちゃうから。。
そんな気持ちも入っていたジャッジだったかなぁ?
お客は勝手ですね〜。
2009/07/05 Sun  「星に願いを」
七夕さまは、なぜ7月7日なのか。

その話をできませんでした。

織姫と彦星が恋におち、恋に溺れて仕事をしなくなり、
一年に一度しか会えなくなった2人。

一年に一度だけ、天の川を渡って会うことができる。

この中国からの伝説に、日本古来の行事、が結びついて七夕祭りになったとか。

その行事とは、棚機女(たなばため)による、神おくりの信仰。
海辺の小屋で機を織りながら神様を待つ、というものだそうで、
このお祭りが『陰暦7月7日の夕べ』だったそうです。

それで、「七、夕」だそうです。

ま、他にも説があるのでしょうね。


7月7日、晴れ。
となればいいけど。

因に、
雨で天の川が渡れない時には、天の川に翼を広げる鵲に乗って会うそうです。


「川が荒れていたら、行かない〜」(番組内での話)とか、そういうことではありませんでした。
必死に無理矢理泳がなくても大丈夫。
鵲がナイトクルージングに連れて行ってくれるわけです。

なんてロマンティック。

いずれにしても、空の上ではお二人は会える訳です。

なんてことを真剣に話しちゃう、そんな七夕が素敵ではないですか。

今年も、七夕の日がやってきます。
一年の半分が終わったんだな。

さ、夏の始まりです。
2009/07/04 Sat  「がっくり2〜アリでお困りの方へ」
あぁ。

大変。。

アリが。。

蟻ですよ。

実は一週間前から寝室に蟻が出るのです。
出所をたどると、壁の端の小さな穴。

そこをふさぐと、二日後には別のところに穴をあけて、ぞろぞろ。

そこも閉じて、怪しいと思う場所に薬を撒いて(場所によっては酢水をまいて)
しばらくは大丈夫でした。

ところが、昨日帰ってきたらすごい行列。

三階から二階におりていく列。

うぎゃぁ〜。

仕方なく専門家に相談。

どうやら、草食科の蟻だそうです。
上に上に向かい、そこからできるだけ高く、風にのって移動して、
自分たちの居た巣から、できるだけ遠くに移動して、
新しい巣を作るそうです。

あまり遠くまで飛べない羽蟻だそうで
風に乗って移動するのね。

で、雨をしのいで家の中を通って上に、上にきて、
外に出てみたら、家の中だった。。ということだそうです。
それは、彼らにとっても思いもかけないことで、
それで虐殺にあってはたまったもんじゃないですよね。
だがしかし、こわいのだ。

なにより、
妹のさとこさんに、
「ウチの近所の家、蟻に巣を作られて家が傾きましたから!!!」
と充分すぎるほどに脅かされていましたので、うぎゃぁ〜〜〜と、
色々想像しましたわ。今日まで。

「明日業者の人が来たら壁をぶちこわすのか!?」
「私、夜のうちに齧られるか!!??」とか。

ま、
どうやら、家の中には巣を作らないそうです。ほっ。


で。
どこに巣があるかといえば、外の花壇か、木の中。

確かに、蟻が集まる木があります。

それも業者の方がおっしゃるに、木が蜜を出して蟻を呼ぶそうです。
どうしてもこの季節、木の幹にカビが生えるそうで、
それを掃除して欲しくて、蟻を呼ぶそうです。
自然界は需要と供給で成り立ってます。

そこで。

結論としては、1)薬を撒いて、外の巣をなくす。
2)壁の中に残っている蟻を排除する為に 壁に穴あけて薬を入れる。
3)来年にはまた巣が作られるので、それは。。。その時また考える。

というような感じ。

今この時期に、蟻が異常発生するそうです。

でも、その薬をもって業者さんが来てくれるのは来週以降。

そこまで待てましぇん!

ということで、まずは、巣がありそうな木を切ったのでした。
自分で。一人で。


まぁ疲れた。大した木じゃないんですけどね。
直径20センチくらいの木が根元から何本か出ているという感じで。
しかし、つかれた〜。


そうそう。

蟻を退治する「置いておくだけの薬」(餌を素に持って帰る形のもの)は
殆ど、効かないそうです。
そこに、鰹節を入れると、効果あり!鰹節が苦手だそうです。

それと。

蟻は、家の中で行列を作って侵入した場合、
先陣隊が数匹いるそうです。
いわゆる「様子見」のために静かに侵入。

臭いをかぎながら、甘いものがあるところに向かい、
ところどころで目印をつけるそうです。

そこを後方隊がゆっくりと進んでくるそうです。

「じゃ、先に行くぜ!」
「どうぞ、お気をつけて!!宜しく御願いします!!」

なんていう会話が聴こえてきそうで、想像すると申し訳ない。。


で、蟻が列を作っていたら,その「道」を消すことが大切だそうです。

いわゆる「マーキング」のような目印を消さないといけないそうです。
それがね、ただ拭いただけでは駄目だとか。。

なんと、重曹と、お酢、これで消えるそうです。

すげ〜。
なんとなくお酢嫌いかな?と思ってかけていたのが、正解の行動でした。

で、重曹とお酢。

これは私の掃除の方法です。うひゃ。どちらもあるのだ。

なので、丁寧に丁寧に拭いて、蟻の道を消したのでした。

お陰さまで、床もぴっかぴか。
おまけに扉やキッチンの引き出しまで拭いちゃって。
なんだか気持ちよく綺麗になったのだ。

アリ難いことです。


今夜出てこなければですが。。