2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2010/10/06 Wed  久しぶりに…
大掃除して、花を飾る。
小さな小さなピンクのナデシコに、
思わず惹かれて購入してしまった。
なでしこと、りんどう。

秋ですね。。
2010/10/05 Tue  ひさしぶりに…
久しぶりにゴルフのレッスンに。

久しぶりにもかかわらず、意外とあたる。

練習だと当たるんだけどね。。

というところで、miwaちゃんを思い出す。

どんな状況でも、初めての人、初めての場所でも、
自分の歌が歌える強さを、尊敬します。

コースに行っても、いつもの通りに打ちたい。
2010/10/04 Mon  京都とお別れ
お天気のよかったときの京都タワー。
また会いにくるからね。

しばしのおわかれじゃ〜。と言いながら、
朝の新幹線に乗ったのでした。

京都、大好きです。
2010/10/03 Sun  平安神宮 月夜の宴 第二夜 ライブレポート
出演: kokua
久保田利伸、CHEMISTRY、JUJU,吉田美奈子


「午後6時から 1mmの雨90%」という予報が、
お昼には崩れてぽつぽつと。。
夕方5時すぎには土砂降りも本格的になり、
「絶対大丈夫」と思っていた私の胸にも不安の影が、ちらり。

しかし、なんと、6時すぎに雨がやんだのです!
さすが、スガシカオ!
キセキは起こるのですね。願いは叶うのです。


スタッフのてるてる坊主くんのパワーも効いたのでしょう。
晴れを願ってくれた皆様もありがとうございました。


ライブ直前、JUJUと「よろしくです 」と目で合図を送りながら、握手♪
同じくステージに向かうメンバーを静かにお見送りして、
バックステージに。
出番直前の皆様の姿をみたくて、離れた所から覗いていたら、
出番直前まで笑い声。
これが、kokua,なのですね。
(後で聞いたら、JUJUが面白いこと言って笑わせていたそうですね。)



空は平安神宮の上だけ、雲がはけ、星が見える程に。
ステージの上は、それぞれメンバーのところにビニールシートで屋根が作られ、
昨日のように大極殿がすっきりとみえる、という訳にはいきませんでしたが、
その分、雨の上がった喜びが、エネルギーに変わって、
今日ならではの演奏を聴く事ができたのではないでしょうか?

「ありがたい曲」のイントロが流れ出し、「Progress」へ。
昨日と同じ展開ですが、昨日と違ったのは、スガさんのテンション。

「絶対に諦めなかったもんね、最後まで信じてた!」
といっていたスガさんの喜びが、この曲に満ちていました。
kokuaの説明を穏やかにしながらも。。
がまんしきれず、
「雨が上がりましたからね〜」
と、まだカッパを着ているお客さんに大きな笑顔を見せていました。


そしてその笑顔はさらに輝きます。
(kokuaは。。NHKのプロフェッショナルという番組の主題歌を歌うために
集まった、プロフェッショナルなミュージシャンが集まったバンド。
これが人前でのライブは初めてとなります!)

トップバッターJUJUの登場!
2010/10/03 Sun  JUJU
M2「やさしさで溢れるように」 with スガシカオ
M3「奇跡を望むなら」
M4「Hello Again」
M5「FirstLove」 with CHEMISTRY

JUJU!
スガさんの紹介の声に、会場から大きな歓声!
膝丈の黒いワンピースにハイヒールを着こなし、
黒いストッキングが上品に見える歩き方。
そして柔らかな髪を飾る帽子がおしゃれ。
彼女が登場するとそれだけで、ステージが華やかに!
「こんばんわJUJUです」の可愛らしい声に会場からも
「こんばんわ〜」とご挨拶。

「お相手させていただいて、よろしいでしょうか?
僕の大好きな曲を歌ってもいいですか?」とスガさんの丁寧なご挨拶に、
「是非!今日はスガさんが私の曲を歌ってくださいます.
わたしもそちらで見ていたい。。」
会場をにこやかにさせる会話の後に響いたのは、JUJUの素敵なラブソング

「やさしさで溢れるように」
イントロが奏でられると、大極殿を照らすライトは桃色に。。

リハーサルのときに話していましたが、スガさんの去年のNo1ソング、だそうです。
この曲を、スガさんの歌いだしで聴ける贅沢さ!
と喜びながらも、JUJUの歌声で聴ける喜び。
両方が溢れる今宵限りの特別な一曲に。
どちらが歌いだすか、どちらが歌うか、
それも随分とリハーサルで打ち合わせしていました。
2人で歌うこの曲は、
男女の想いを交互に交わしているようにも聴こえました。

最後の
スガ「離れていても」
JUJU「そばにいるよ」
の部分にきゅんとするのでした。

「京都のみなさんこんばんわ〜」と
会場にまんべんなくご挨拶。
そして「奇跡を望むなら…」「Hello Again」を一人で。
歌声とともに奏でられる演奏は、ひとりひとりの音がキラキラとして、
雨上がりの平安神宮に艶を与えていました。

「ここで歌えるのがとても嬉しくって。。
実はつい最近まで住民票が京都にありまして。。
(会場から「へ〜。。」という声の変わりに拍手がぱらぱらと。。)
いえ、拍手のところでもないんですけど(会場から笑い)
イヤな事があったり、気になる事があったりすると、
平安神宮にきて、お参りして、というのをずっとしていたので、
ここで唄わせていただけるのが
とても嬉しかったり、恐れ多かったり、幸せだったり。。
今日皆さんにお目にかかって歌える事は幸せです」

(実はそのお話、ひょんなところから聴いておりまして。
だからこそ、今回の小さいながらも入り口でお配りした
パンフレットが完成したのでした。
みんなの「大好きな京都」をもっと感じよう!
そんな想いで作ったのでした。)

「私にとっては、ここも、昔からある場所、だったりします。」
そう言って歌われた
リリースされたばかりのカバーアルバムRequestの中にも
収録されているナイスカバー。
改めて彼女の声の美しさ、歌のうまさを感じさせてくれるこのカバーは、
一緒に歌える曲だけど、決して口ずさまずに聴いてしまう。


雨が上がり、奇跡の夜となったことで、客席に居たい。。
と想いを告げると、「こっちこっち」と呼ぶ人があちこちに。
「では、皆さんがもっと「こっちこっち」といいそうな、
次のアーティストをお迎えして、
一緒に歌いたいと思います。CHEMISTRY!」

凄い歓声で迎えられた2人は、JUJUをはさんで、初三人でのデュエット。
「FirstLove」の曲紹介にも、思わず大声を出す人が。。

CHEMISTRYは、ファンから「この曲を歌って!」と要望を受ける事が
多々あったそうで、
その想いを抱えているかたが、多かったのでしょうね。
川畑さんも堂珍さんも、今回カバーできた事を喜んでくれました。

しかし、JUJUの声はなんて切ないのでしょう。。
やはりアルバムRequestに入っているこのナイスカバーを、
生で聴くことができて、うれしかった。。
2010/10/03 Sun  CHEMISTRY
M6:君をさがしてた 2002年
M7:Heaven Can Wait  2010年

JUJUを送り出した2人は、平安神宮二回目(2006年)の出演というお話。
ちょっと懐かしい曲を。。という紹介とともに、
Key(オルガン)がす〜っと響きだし、
聴かせてくれたのは「君をさがしてた」

二人の声が交差し、重なる。。丁寧に紡ぐように歌われる彼らの歌には
温もりがあり、ホッとさせてくれる。
静けさと重みを重ねたこの平安神宮の夜の空気に、
この温もりが染み渡ると、自然に笑顔も広がっていくのです。
客席が本当にふわりとやわらかくなった瞬間でした。

そして今年2月に発売されたアルバムRegenerationのラストにおさめられている「Heaven Can Wait」
肉体的には離れてしまい、もうそこにいなくても、
魂には残る。
人の記憶の中での繋がりは、ある意味永久(とわ)。

二曲という少なすぎる曲数に(この後素敵なコラボがあるとはいえ。。)
客席から嘆きの声があがりながらも、
この曲の歌の力で、ほどけたのでした。
2010/10/03 Sun  吉田美奈子
M8:Footsteps 2002年
M9:Liberty 1995年
M10: 時よ with 久保田利伸 1978年


CHEMISTRYの川畑さん、堂珍さんさんが
「続いては。。。吉田美奈子さん!」
と紹介して去ろうとしたら、「もう行っちゃうんですか?」と
引き止める美奈子さん。
とまどう2人がとてもCuteでした。


思わず「待ってました!」という気持ちを声に出すファン、
そして初めてその姿を目にするというお客さん。
この客席が、美奈子さんが歌いだすと同時に、一つになるのです。

Footstepsのイントロが奏でられると、大極殿はブルーに染まり、
その歌とともにゆったりとエメラルドグリーンに変わっていきます。

思わず月を見上げたくなるこの曲。
Footsteps …1969年アポロ11号が月に上がり、
人類として初めて月面に降り立った、
その歴史的にとても大事な一歩のこと。
「静かの海」と名付けられたその月の海にある足跡を思いながら聴いていると、
空にす〜っと近づけてくれる力のある曲。。

「その歴史的一歩から、長く年月が経って、
ミレニアムの直前にこの21世紀は平和になるだろうと、お祭りしたけど、
残念な事に戦争があったり、まだ苦しんでいる国がいっぱいあったりします。

次にお送りするのはLiberty という曲なのですが、
魂の解放。。絶対に人を傷つけないLibertyを心に描いて聴いて欲しいと思います」

そんな繋がりをきちんと考えて選曲してくださったことがわかるMCの後に、
身体を包んだのは
Footstepsの柔らかな歌とはまた違う、力強く包容力のある歌。
前半は武部さんのピアノと歌、途中から入るバンドの演奏も、
より頼もしく、嬉しそうに聞こえるのは 私だけでしょうか。

曲の途中、歌い終わりで自然と拍手が起こる客席!
まだ曲は終わっていないのに、歌を受けた心が、自然に手を動かしているように、
ステージを見つめたまま、拍手が響くのです。

美奈子さんの歌は、周りの空気の色を変えていきます。
空気を奮わせて、身体全身で歌を感じさせてくれるのです。
これが好き。
この歌を、この平安神宮の空気とあわせて、kokuaの演奏とあわせて
体感してみたかった。



久保田利伸さんが登場。
まずステージの上でHUGをして、2人の関係が垣間みれます。
「僭越ですが、一曲コラボを。初めて生で歌わせていただきます。」
かつてAS ONEというアルバムの中のShooting Starという曲で、
美奈子さんが歌詞を書き下ろした事はありますが、
一緒に歌うのは初めて!なのです。

なんて素敵

Keyは久保田さんにあわせて歌ったため、
美奈子さん曰く「男の人2人になっちゃった!」
なんて笑っていらっしゃいましたが、
なんのその。歌いだしの優しい声!!

この二人の歌の重なり、交差は、それはそれは感動!
歌い終わりの言葉をす〜〜っと伸ばして、そのままコーラスになる。
相手がつっこめば、こちらもつっこむ。

永遠に続きそうなデュエットに、会場も興奮状態でした。
2010/10/03 Sun  久保田利伸
LaLaLa Lovesong 〜SpecialVer
Is it over ?〜2010年アルバムTimelessFly収録 with JUJU
LOVE RAIN with CHEMISTRY &スガシカオ


「こんな経験はなかなかできません」
とご自身が興奮を隠しきれない様子で、美奈子さんを送り出すと、
「今日のスペシャルバージョンで LaLaLaLove Songを」
武部さんと2人きりのスペシャルバージョン。


打ち上げでお話しされていましたが。。
お二人は久保田さんのデビューの頃からの関係で、
(1stアルバムのShake it Paradise収録の「流星のサドル」を武部さんがアレンジ)
久しぶりの共演ながらも、リハーサルスタジオでの再会に、挨拶は交わしたものの
お互いに「元気?」という会話はしなかったそうです。
そう言えば、懐かしがるような会話してなかったなぁ、と随分後で思ったとか。
音で会話した。。そんな感じだったそうです。

つまり、想い出話を交わしたのは、このステージでのこと。
「実は24年前。。流星のサドルのアレンジが。。」と久保田さんが明かすと、
武部さんが待ってました!とばかりに、イントロを弾き始め、
ワンフレーズ歌わせてしまう!というなんとも素敵な悪戯なシーンもみれました。
(もっと聴きたかった〜♪)

スガさんを呼び込んで、
「ギターを弾いてください!良い所で、歌も入ってください」
そして、JUJUをステージへ。。
JUJUとのコラボレーションは
久保田さんのNewAlbum『Timeless Fly』でも共演している
『Is it over?』
JUJUの歌声にスガさんのコーラスもかさなる、というスペシャル!


そして、久保田さんのラストナンバーは、これまた贅沢なコラボレーション!
CHEMISTRYを呼び込み、
スーツ姿で三人「ギャングスターブラザーズ(by 久保田さん)」が並ぶと、
後ろでギターを抱えたままのスガさんも加わって、なんと
4人の歌による「LOVE RAIN〜恋の雨」
かわるがわる歌が響き、交差し、そして4人の声が重なった瞬間の、気持ちよさ!!
会場が雨の中、大きな笑顔の花を咲かせた瞬間でした。


そうそう。
忘れてならないのが、雨。
さらさらとまた降り始めたかな?と思ったら、
『LaLaLa…』の♪どしゃ降り〜の雨♪の時には本格的に雨復活!

そしてLOVE RAINではわりと、どしゃぶり。。
久保田さんの粋な一言「今日の雨をみんなで温かい雨に変えましょう!」
この言葉で会場も、
歌に併せての雨降りを、いい想い出に変えられたのではないでしょうか?

曲にあわせての雨は、後々も語られそうな神様の演出と思えるお見事さでした。


本編のラストは、
スガシカオさんの曲「午後のパレード」
これがまた盛り上がるのです。
スガさんファンならご存知、振り付けが、ね 楽しいのです。
2010/10/03 Sun  encore
アンコールは
「夢で逢えたら」
吉田美奈子さんの名盤「Flapper」に収められている名曲。
今回、デュエットはすべて「カバーする人が歌いだし」という
武部さんの素敵なアイディアでしたが、
この曲は、美奈子さんの歌いだし。

ステージの上、そして会場からふ〜〜〜 と感激の声が上がったはじまりでした。
美奈子さんも歌いながら「ふふふ」と笑っていらっしゃいましたね〜。

みんながとても楽しそうに歌うこの曲、
きっと「聴いた事ある!」という若い世代の方も、
口ずさめたのではないでしょうか。

曲終わりにスガさんがメンバーを紹介。
そのスガさんを紹介したのは、吉田美奈子さんでした!

雨の中でのライブになってしまいましたが、
今日のライブの感動を胸に抱えながら、口ずさむ帰り道になったでしょうか。

風邪、引かないかなぁ?と皆の帰り道を案じながらも、
慌てて特設スタジオに向かったワタクシです。。
2010/10/03 Sun  平安神宮 月夜の宴 第二夜
第二夜です。
実はずっと心配だったのがこの日のお天気。
皆様の詰め込んだスケジュールや、すばらしい演奏、
そしてメンバー間の関係。
スタッフの姿や、一番近くにいる802のスタッフの
大変な様子を見ていたら、
「これで雨、ってことはありえないでしょ〜」と
ずっと心の中で叫んでいました。

神様に。。

いやはや、いろんなことが決まった後は、
お天気だけが心配で。
というのも、今回は大極殿の姿が綺麗に見える様に、
ステージの上の屋根を作らなかったのです。

なので、雨が降ったら、大変。

だがしかし、ここ数日でコロコロ変わる天気予報は
今朝の段階で「夕方6時頃から90% 雨1mm」
私が見た携帯の予報。

それが、お昼には すでにぽつぽつと。。

予定より早まって、雨が上がるか!?と思ったけど、強くなるばかり。
夕方正式参拝の時には、どっしゃぶり!!

雨の音で神主さんの声が聞こえぬ程。
おまけにカミナリ注意報まででちゃって。。



(写真は今回のイベントのパスです。)