2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2010/07/31 Sat  体力
だから、行かないって決めたのだから、迷う事ないのに。

みんなのTwitterでの呟きを見て、
いきたいなぁ。。。と悩んでいる。

FUJI ROCKも情熱大陸も。

実はね、ちょっと、熱中症中気味なのです。

ずっと。

妙に頭痛くて。

暑さに負けてはいけないと、一生懸命食べていたら、胃が痛くなるし。
ここで体力戻しておかないと、
がんばって買った北海道へのチケットもムダにしてしまう。

なにより楽しめる体力を蓄えないと。

と、我慢したのですが。

ふ〜。

かわりに大人しくして、見たかった映画のDVDをみたのでした。

キャメロン・ディアスがお母さん役を演じた、
「私の中のあなた」

命の重さ、そして儚さ。
親の愛の重さ、尊さ。
まだ十代の子供の強さと弱さ。

そして、医学が進んだからこその、難しさ。
現代だからこその色々な問題を織り込んだ家族の物語。

何が正しいのかは判らないけれど、
それぞれが家族を想う、その想いの強さに涙したのでした。
言葉少ないけれど、お父さんがまた良い人でね。。。

見た後に、ニュース番組。
子供への虐待の事件が、途絶える事なく流れることが、
ひどく愚かなことに思える夜でもありました。


しかし、ちょっと前まで、ビデオ2本やら映画のはしごって、
全然苦ではなかったのに、
なんでだか、一本で終わってしまった。。3本借りてるのになぁ。
2010/07/30 Fri  すずしそう
ブルーに溶けそう。。
2010/07/29 Thu  役に立つのか、立たないのか
車のナビ。
ぴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜って一杯。
Parkingがたくさんありすぎて、どこにあるのかわからない〜。
道もわからない〜。
2010/07/28 Wed  お休み
桑田さんの治療のためのお休みのお知らせが届いた。

定期検診で発見されたので、初期の段階、とはいえ、
「癌」と聞くとドキッとしてしまう。
でも、早くに見つかって良かった!

アルバムリリースとツアー直前ということで、
誰より桑田さんのショックが大きいかと思いますが、
ゆっくり、しっかり治療に専念してくださいね。

「おたのしみは あ、と、で 」ですから。
(この文面から桑田さんの顔が浮かび、
声が聞こえてきますね〜。)

ということで、夏のサザンスペシャル、8月中に行います!

実は以前から「夏に<サザンサンじかんスペシャル> やろう!」と
考えていました。
桑田さんのシングルリリースに併せて、
三時間丸ごと桑田さんサザンスペシャル行います〜。

みんなでおもいっきり盛り上がって、
そのパワーを送りましょう!

ね。

また番組でお知らせします。
2010/07/27 Tue  風邪気味〜。。
気温と体温と室温の関係が難しい。

高くなったり低くなったり、蒸し蒸しになったり。
その都度身体を順応させていくのは、無理。


冷房を効かせすぎのお店に入るとがっかりしちゃいます。
ショッピングモールや飲食店、それからスーパーやコンビニ!
汗をかいて入ると、買い物中に身体が冷えきっちゃう。

これまでの暑さのままの設定になっているのか、
冷えすぎた場所が多い。
もうちょっと上手に調整できると良いのですが。。

こうなったら冷房禁止令出せば良いのに。

病院など限られた場所は別として
(これを分けるのが難しいでしょうが)、
何度以上出しちゃいけないとか、
時間帯で決めるとか。


暑いから!とみんなが車で出かけて、
車中をがんがんに冷やしていたら、
それだけで気温あがるぜぃっ!?

全員が冷房を一旦消したら、どれだけ気温が下がるのか、
一度実験してみよう!!


と思いながら、
取り付けられたばかりの冷房を見つめているのでした。
やっと冷房がついたとおもったら、
随分気温下がったなぁって。
2010/07/26 Mon  UAってステキ  BINTANG GARDENのお知らせ
実は、今日、ビンタンガーデンの収録でUAに会いました♪
RISING SUN ROCK FESTIVALの魅力をRISING マスターに聴く!
という番組で、今週の土日に放送です。

ご機嫌にたっくさん、いろんな話をしてくださったUA。

MEET THE WORLD BEATのあと、
吹田の母校に遊びにいったそうです。
子供の頃にみた光景そのままに遊具がのこっていて、
「モンスター」を歌いながら漕いだブランコもそのまま!
ものすごいインスピレーションを受けた時間だったとか。
そんなお話や、バラードというものについて、
そしてRISINGの想い出話。。。

とってもたのしくて、本当は10分ほどのインタビューだったのに、
30分ちかく話しまくってしまった。
ありがとうございました!

北海道のフェス:RISING SUN ROCKフェスは一回目が
1999年に開催されました。
当時はまだフェスというものが殆どなかった頃。

このフェスの元なるロックフェスは、
前年までに札幌で行われていたそうですが、
もっと大きなフェスを作りたいな。。とスタッフが話した所、
チバユウスケさん(当時thee michelle gun elephant 今The Birthday!)が
「オールナイトでやろうよ。北海道なんだから、音を大きく出して」
と言ったとか。。
それがきっかけで、オールナイトのフェスが誕生した訳です。

その一回目から出演している UA!
あの頃の素敵な想い出話を聞かせてくれました。
そして RISINGの顔、怒髪天の増子サン、
さらにはTHE PREDATORSのJIROさん、
そして川上つよしと彼のムードメイカーズから川上サンンと大森サン。

ちょっと遠いけれど、魅力溢れるそのフェスに行ってみませんか?

ちょっくら聞いてみてね♪
BINTANG GARDEN GO! RISING GO!-2010-は
7月31日土曜日、23時からです。
日曜日の深夜1時からもリピート放送あります。
2010/07/25 Sun  Meet The World Beat
今年もやってきました、MWB!
完全ご招待で行う、夏に一度の802の野外ライブ。

大体雨がぱらついたりするものですが。。
今年はひとつぶも落ちてこない、入道雲がでっかい!
そんな青空の下でのライブになりました。

みんな大丈夫だったかなぁ。。
熱中症で介護室に向かう人も多かったようですが。。

**先週のap bank fesと同じく、トップバッターで登場した
阿部真央ちゃんのステージからスタート。
♪ I wanna see you hold me baby 〜♪
と歌はじまりに、会場も大喜び。
ギター抱えて、スキップする様に飛び跳ねて歌う姿は、
束の間暑さを忘れさせてくれる元気さ!
かと思うと「すべての恋している人に。。」と
「貴方の恋人になりたいのです」は静かに、
でも確実に会場からの歓声を起こしたのでした。



**ステージが小さいなぁ〜と思わせたandymori
15分という短い時間に抗うかの様に疾走して、
「1984」を青空に放ち去っていった彼らには、
きっと「15分じゃ短い!もっとステージみたい!」
と思った初体験のリスナーが多かったはず。



**大きな青空から抜出して来たような、
空色のワンピースで登場したのは
UA!
三曲目で麦わら帽子をかぶるほどの暑さだった時間帯ですが、
なんだかとても良い呼吸が出来た時間。
バンドのグルーブと、UA の自然体から溢れる歌が、
身体を楽にしてくれたのでした。
さすが!かっこいいなぁ。



**フランスからのお客様
THE INSPECTOR CRUZOはやんちゃに暴れて帰りました。
それはそれはとても楽しそうで、
あぁ、日本を楽しんでくださったなら、うれしい。。
スーツを着ての登場だった彼ら。
ふとっちょさんのギタリストは、曲が終わるといきなり前に出て来て、
マイクに向かって一言。

「ハカセ タロウ デス!」

会場大爆笑。

彼らはアンコールでの「世界にひとつだけの花」も
大喜びで一緒にうたってくださったとか。。。

**そしてNICO Touches the Walls!
ベースをぶんぶん響かせて、駆け抜ける演奏に乗せて、
真直ぐのびる飛行機雲のような歌声を青空と心に残した歌声。
彼らはホントハンサムなバンド。
vo の光村さんは,MUSIC FREAKSの時に拝見する度に
「細いなぁ〜」と思うのですが、
ステージに立つとたくましい。
スクリーンに映るドアップの顔に参った!という方も多いのでは?
サドンデスゲームのギターかっこよかった。


というところで、802に帰ったのでした。
もうちょっと万博にいたかったのですが、
この「BREAK TME」のタイミングで帰らないと、
スペースシャワーで他のアーティストが観られない!
はまじと泣く泣く、汗かきかき、荷物を抱えて帰ったのでした。

この後は番組の準備をしながら、ライブ観戦。
真っ赤な衣裳で揃えたバンドと一緒に登場したAIさんは、
大粒の汗を流しながらの熱唱!ありがと!

さすがだなぁ。。とそのバンドのアンサンブルの良さ、
どんなフェスだろうと自分たちの音をだす三人の関係のかっこよさを
見せつけてくれたのがチャットモンチー。
MCもいつもの彼女達の可愛らしさ満載で、楽しませてくれました。

KREVAは唄と同じく、MCの言葉使いで喜ばせてくれる。
仕事仕事!と思いながらも、自然に一緒に口ずさんでしまった。

二週連続でTHE BAWDIESのライブを観られるのは幸せです♪
この夏のフェスKINGではないかなぁ?彼らの出演本数は相当なもの。
さすがのステージングで小さなステージなんて全く気にせず、
大きな笑顔と花火(会場みんなで飛びはねる花火)を咲かせてくれました!

スキマスイッチ。
彼らも二週連続会えました♪
音合わせ代わりに、自然に音を出し始め、
ジャムる感じで演奏をはじめたバンド。
そこから大橋さんのスキャットがはじまり、
ゴールデンタイムラバーへ。
歌えるヒット曲の後には、
アルバムの中の名曲「SL9」を選曲する辺りが、嬉しい。
卓弥さん、力強くうたっていたなぁ。。

ここで番組スタート。。
アンコールは観られなかったのでした。
シークレットゲストの槇原敬之サンが出てくるところ、
そしてその歌声を聴けなかったのは、悔しくて悔しくて。
しかもスキマスイッチと共演なんて。。。涙です。

毎年全てのライブを観ることができないのも残念です。
でも、いけなかった人と同じ思いを抱えて
初めてわかることもあるからね。

今年も沢山のご参加、ありがとうございました!
MEET THE WORLD BEATの特番もありますので、
お楽しみに!
2010/07/24 Sat  クーラー故障中
寝室のクーラーが壊れてから二週間。
それから、とてもとてもあつ〜〜〜い日が続いている。
あっまりにも暑く、眠れないと思い、
氷枕を頭において、窓も開けて寝て来た。

寝苦しいにもほどがある。
と思いながらもなんとか夜を超えてきた。

しかし、ここにきて、大問題。

夜中に、大雨である。

家中の窓を閉め切って、眠りにつく。。。
就けるわけがないのだぁ〜〜〜〜!

クーラーの修理には水曜日にきてくれた。
これでも「ひとつキャンセルが入ったので、
一日でも早い方が良いかと思って」
と気を効かせて急いで来てくれた。
この心遣いが嬉しいですよね!
こういうポイント高いです。

で、汗をかきかき、修理してくれた結果が、
「もう、駄目だと思います。さすがに10年以上ですからね。。」

で、新しくクーラーを買いに行って、即行できめて、
それでも取り付けは26日。
はぁ。。。

いま、クーラーの故障が急激に増えて、取り付けも大変らしい。
一日に30軒ちかくまわるとか。。
クーラーのない部屋での作業は、大変でしょうね。
でも、できるだけ早くきてね。


新しいクーラーがつくことを想像しながら、
どんどん蒸し暑くなっていく真夜中の部屋で、
激しい雨の音を聴いていた。

つらい。。
2010/07/23 Fri  おいしい食事
友達が北の国から東京に引っ越してくる。
会社縮小のため、退職希望を選び、新たな仕事にとりかかるのだ。
40歳にして。
え?
と普通なら吃驚するかもしれないが、しっかりとした彼女のこと、
特に不安には思わなかった。
聞いてみれば、長い間ご縁のあった人のところに勤めるらしい。
しっかり学校に通って、技術を身につけてから。

その資金もしっかり蓄えてあって、新たな夢に向かう彼女の笑顔が
綺麗だった。

引っ越し場所もウチの近所!(偶然、これもご縁あっての事ですが)
期間限定とはいえ、なんだか、また楽しくなりそうだ。

そんな彼女と大好きな「お母さん」
(と言ってもとっても若くて可愛らしい!)
の居るお店にご飯を食べにいった。
その方も北海道で繁盛していたお店をたたんで、
東京にいらして、大成功。

さらには、もう一人、え?48歳?
と思わず聞き返すほどお若いお友達が途中参加。
彼女も新たな一歩を踏み出そうと考えているらしい。

年齢を言い訳にしない女性(ひと)の美しさが、
きらきらと輝いてみえた夜でした。
2010/07/22 Thu  トマト収穫!
プチトマト、ならぬ、マイクロミニトマトの収穫です。

小指の先ほどの小さなトマトですが、真っ赤で可愛い。
でもしっかりトマト味!


どれだけ小さいかと言うと。。