2020年06月の日記
 前世、アマビエ?
2020年05月の日記
 花壇
2020年04月の日記
 アメリカの椅子
2020年03月の日記
 志村けんさん
2019年08月の日記
 ラグビー・トンガ戦
2019年07月の日記
 梅干し
2019年06月の日記
 OKAMOTO’S @日本武道館
2019年05月の日記
 ゆずのみ その2
2019年04月の日記
 平成さいごの日
2019年03月の日記
 今週のタケルさん
2019年02月の日記
 星野源
2019年01月の日記
 五十嵐美幸さん
2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2014/12/16 Tue  「仕事している横で。。」その1
ソファにパソコン持ち込んで、仕事をしていたら、
横に来て、足に寄っかかり、寝てしまった。
毛布をかけた私の左足にがっつり掴まって。
2014/12/15 Mon  「稲穂飾り」
お寿司屋さんから、稲穂を今年もいただきました。
たわわに実るお米
「新しい年も実り多い一年でありますように」
という願いを込めて、二束ほどにまとめて、飾ります。

あぁ、今年がおわる。
新年の準備を始めないと。

始めないと。

始めないといけないのですが、
まだその気になれません。
2014/12/14 Sun  MUFFIN !! その4
さらには、おさら。

有田焼とムーミン、和洋のコラボレーションで生まれたお皿です。
なんて洒落ているのでしょう!
欲しいなぁ。。。
MOOMIN×amabro です。

「ここにお醤油入れるのが、躊躇われるね。」
と思ってしまいますが、
「アクセサリー置きに使っても良いね」
確かに、ドレッサーに何枚か並べて、ピアス、指輪、ブレスレット。。
と分けて置いてもすてきです。
「でも惜しみなく普段使いで食卓に並べるのも粋だよね」
などと会話を弾ませました。

ほしいーこのミーの視線がたまりません。
http://blog.muffin-clothing.com/?day=20141213
2014/12/14 Sun  MUFFIN !! その3
そして欲しいなぁーーと思ったのがこのパーカー。
着たら速攻、ひつじ気分
内側が柔らかなフリースなので、これ一枚と、マフラーぐるぐる巻きで
ちょっとそこまでお出かけできそうです。
2014/12/14 Sun  MUFFIN !! その2
こちらもシマシマ靴下。
ツマサキのライン一本だけが色が違うのも、密かなオシャレ。
この靴下は、かかとがずれず、フィット感も抜群です。
ちょっとしたクリスマスプレゼントにもおすすめです。
http://blog.muffin-clothing.com/?day=20141217
2014/12/14 Sun  MUFFIN !! その1
この番組の元ディレクター はまぢーのお店に、
これまたお昼の番組でずっと一緒に仕事をしていたスーパーADのひらぱーと
一緒におでかけ。

ひさしぶりにランチを食べ、
ほんの一時間、お店に寄りましたが、
笑った。

さすが!な二人です。
ポンポンと交わされる会話が、おかしくて、
笑ったー。
その延長で仕事してたねー。

てなわけで、寒さ厳しい日曜日。
心が弾んであたたまった午後でした。
ありがと


はまぢーのお店:MUFFINの靴下。
下の靴下は右と左が色が違うんのです。
「まちがえちゃったー」と言いながら見せたくなります。
2014/12/14 Sun  「THE BOOM SPECIAL」
二時間まるごとTHE BOOMスペシャル。
思いもかけず、メンバーのお声もいただくことができ、
それぞれに「関西での思い出がつまった一曲」を選んでくださいました。

光栄です。
これが最後の番組出演になるそうです。
本当に有り難うございます。

たった二時間でその歴史や魅力を描くのは難しく、
彼らを語る上で絶対に書かすことのできない、 
「ポイントになる曲」をお届けしたかったのですが…
今回は、リクエストで描くことにしました。

みんながそれぞれに大切にしている一曲、
思い出が重なる一曲。

ずっとそばにいてくれた、大きなパワーをもらった曲。
皆の想いを乗せることにしました。

たっくさんのリクエストをありがとうございました。
一緒に楽しめたことが嬉しいです。

さぁ、日本武道館まであとちょっと。
2014/12/13 Sat  FINAL!
大阪でのFINAL公演はフェスティバルホール。
FINALの意味が、まだわかっていない、不思議な気持ちを抱えて大阪へ。

その不思議な気持ちは今日が終わっても変わらなかったなぁ。

素晴らしいステージでした。
THE BOOMの25年間の軌跡の素晴らしさを曲で魅せてくれる
最高のステージ。

日本を見つめ、沖縄を見つめ、日本から出て、南へ南へと進み、
世界を描き、
そして地球の裏側に着いたとき、また日本を見つめる。

たどり着いたのは
「世界で一番美しい島」
『この曲を歌いたくて、THE BOOMは音楽を続けてきた。』

この25年間、奏でる音楽で世界を見せてくれたバンド。
と同時に、日本の美しさを教えてくれたバンド。

それだけでなく、この25年、
長い音楽の旅を続け、前へ前へと進む中で、
その音楽も風に乗り、海を渡って歌い継がれ、
世界に日本を見せてくれたバンドでもあります。

この日のステージを見ていても、一組のアーティストの音楽とは思えぬ
様々なリズム、いろんな唄い方で奏でられる名曲達。
時を経ても曲の放つエネルギーは変わらずに、
常に新鮮に響く曲達。

そう、全く色あせない鮮やかな曲達だからこそ、
そして今が一番かっこいいステージだからこそ、
なんで解散なのか…と思ってしまっても仕方ないですよね。

途中、ラストツーアでは聴けなかった大好きな曲のイントロが流れたとき、
涙がポロポロ流れてしまったけど、
フェスティバルホールでは、終わる悲しさよりも、
THE BOOMの素晴らしさを改めて堪能し、
何度も「ありがとう」を拍手や歌声に込めた時間でした。

明日は番組二時間スペシャルです。
2014/12/12 Fri  「チャーリー♪」
斎藤和義さんのRUMBLE HORSESツアーへ。
なんと今回のツアーでは、チャーリー・ドレイトンさんがドラムを叩いているのです。
音楽プロデューサーとしてはフィオナ・アップルのプロデュースなでどでお馴染みですが、
ドラマーとしては、キース・リチャーズのバンドでも(スティーブ・ジョーダンと共に)
叩いています。
そして最近では、サイモン&ガーファンクルのツアーで日本公演にもいらしていました。

そのチャーリーは、日本のアーティストとも仲良しで、
奥田民生さんや斎藤和義さんとも、アルバムやツアーで共演しています。
 
和義さんのアルバムなら「NOWWHERE LAND」(2003年)
ライブを見終わったあと、改めてこのアルバムを取り出した方も多いのでは?

チャーリーのドラムの、かっこいいこと!
ものすごく安定した、ぶれないドラム!
パシッとキレがあって、気持ちいい気持ちいい!!

チャーリーのドラムと和義さんのギターのカッティングが絡んだ時には
思わず感嘆の声がでてしまった。

そのチャーリーは木のお箸が大好き!
「これでサラダを食べると、っても自然で美味しいんで!」
と昔言っていたので、
日本滞在中に使えるよう、木肌のお箸を購入して会いに行ったのでした。
2014/12/11 Thu  「番組20周年記念企画」
いしわたり淳治さんと初めてお目にかかりました。
SUPERCARのギタリストであり、全曲の作詞をてがけ、
今は音楽プロデューサー、そして作詞家として大活躍されています。

いいなぁ。。この詞。
この角度で見た世界。。と思ってクレジットなどをみると、
「いしわたり淳治」さんの名前があったりします。
共作、という形だったり、プロデュースという形だったり。

たとえばねごとの「カロン」
たとえば星羅の「白線の内側におさがりください」とか「心配ばっかもうしなくていいよ」とか
もちろんチャットモンチーとか。。

いやいや他にも沢山手掛けていらっしゃる訳ですが、
何よりも、SUPERCARの詞が、良いでしょ?
切なくて、繊細で、ちょっとねじれてて。こういう表現するんだ。。。って。

そしてそのサウンドとの関係が、胸つつく訳ですが。

SUPERCARは97年デビューで、TRICERATOPSと同じ年。
彼らにはデビュー時からお世話になっておりますが、
SUPERCARは会えなかったなぁ。。
なので、お目にかかれるのがとても楽しみでした。

この歌詞からのイメージが、とてもナイーブな方なのかな?とか
その小説&エッセイ「うれしい悲鳴をあげてくれ」を読むに、
かなりするどい視点で人を観察されるのかな?
うすっぺらいことがすぐばれるな。。などと
緊張を携えながら、お迎えしたのです。

ステキな方でしたー。
笑い声とその笑顔がとっても純粋で、邪気がかけらもないのです。
その笑い声を聴くと、一緒に声を上げて笑いたくなるし、声を合わせて笑うと、
なんとも幸せな気持ちなるのです。
そう、会話が弾む、というか、話をしたくなる方でした。

と同時にお話がとても上手。
たとえ話がわかりやすく的確で、言葉の引き出しをいっぱい持っている方。
とっても楽しい収録になりました。

さぁ、編集作業頑張らないと。

いしわたり淳治さんをお迎えする放送は12月21日です!