2018年03月の日記
 くるり
2018年02月の日記
 朝食
2018年01月の日記
 夜会工場vol.2
2017年12月の日記
 「大晦日」
2017年11月の日記
 佐藤竹善さん@Billboad Live Tokyo
2017年10月の日記
 「Helloween!!」
2017年09月の日記
 「STAMP.最終回」
2017年08月の日記
 「やられた」
2017年07月の日記
 「ap bank fes」
2017年06月の日記
 「今月の収録」
2017年05月の日記
 「今年の薔薇」
2017年04月の日記
 「谷村新司さんをお迎えして」
2017年03月の日記
 ThankYou
2017年02月の日記
 「武部聡志さんHAPPY 60」
2017年01月の日記
 「ありがとう」
2016年12月の日記
 年越し
2016年11月の日記
 Photogenic
2016年10月の日記
 ハロウィン
2016年09月の日記
 「保護猫」
2016年08月の日記
 「お気に入りのお昼ご飯」
2016年07月の日記
 「7月が終わる」
2016年06月の日記
 小田和正さん @東京体育館
2016年05月の日記
 最近のすみれさん
2016年04月の日記
 檸檬の木
2016年03月の日記
 『ラストナンバー』A
2016年02月の日記
 29日「スミレ」
2016年01月の日記
 1月31日「KANしゃんゲスト」
2015年12月の日記
 31日「今年も有り難うございました!」
2015年11月の日記
 11月30日「お留守番のあと」
2015年10月の日記
 31日「長野から帰宅して…」
2015年09月の日記
 Birthday!
2015年08月の日記
 お食事♪
2015年07月の日記
 「あっという間に」
2015年06月の日記
 スキマスイッチ@日本武道館!
2015年05月の日記
 「日曜日」
2015年04月の日記
 「小石川植物園」
2015年03月の日記
 「目黒川の桜並木」その3
2015年02月の日記
 Tipi その3
2015年01月の日記
 「CC KING」
2014年12月の日記
 「年越し」
2014年11月の日記
 「スペシャル企画第七弾」
2014年10月の日記
 「菜の花」
2014年09月の日記
 友達
2014年08月の日記
 番組終わり。
2014年07月の日記
 朝
2014年06月の日記
 せっかくなので。。
2014年05月の日記
 RADIO MAGIC初日
2014年04月の日記
 OKAMOTO'S!!
2014年03月の日記
 ポット
2014年02月の日記
 ワインその2
2014年01月の日記
 風邪を。。。
2013年12月の日記
 悲しいお知らせ
2013年11月の日記
 11月30日
2013年10月の日記
 ハロウィン
2013年09月の日記
 朝焼け
2013年08月の日記
 夏休みの宿題
2013年07月の日記
 Quincy Jones The 80th Celebration Live in Japan!!
2013年06月の日記
 「THE BOOM 宮沢さんをお迎えして」
2013年05月の日記
 吉川晃司 中野サンプラザ
2013年04月の日記
 帽子
2013年03月の日記
 かわいいおくりもの
2013年02月の日記
 気仙沼ラーメン
2013年01月の日記
 きょうのふじさん
2012年12月の日記
 大晦日 晴れ。
2012年11月の日記
 フジファブリック
2012年10月の日記
 Charaとのおしごと
2012年09月の日記
 山下達郎 ベストアルバムOPUS 聴いた会?
2012年08月の日記
 創ってます
2012年07月の日記
 風邪です
2012年06月の日記
 初等科のクラス会
2012年05月の日記
 エイリアンズの成長
2012年04月の日記
 大阪雨、東京、晴れ
2012年03月の日記
 アマゴ
2012年02月の日記
 うるうどし
2012年01月の日記
 ステキな一日
2011年12月の日記
 2011年おわり
2011年11月の日記
 番茶
2011年10月の日記
 集い
2011年09月の日記
 突然の贈り物
2011年08月の日記
 8月31日
2011年07月の日記
 贈り物
2011年06月の日記
 Flowers&Powerlight
2011年05月の日記
 帰宅したら、、
2011年04月の日記
 結婚式
2011年03月の日記
 久しぶりのおでかけ
2011年02月の日記
 ご機嫌な一日
2011年01月の日記
 ランチ
2010年12月の日記
 大晦日
2010年11月の日記
 黄金色
2010年10月の日記
 君の知らない君の歌
2010年09月の日記
 今日は何の日?
2010年08月の日記
 またきみ〜に〜恋してる♪と歌うスター☆
2010年07月の日記
 体力
2010年06月の日記
 「梅雨はどこへ?」
2010年05月の日記
 今年も。。。
2010年04月の日記
 「オレンジワックス」
2010年03月の日記
 「今度は太陽」
2010年02月の日記
 「第三回ロールケーキ大会」
2010年01月の日記
 「思い出し微笑み」
2009年12月の日記
 「生きているのだ
2009年11月の日記
 「うたの力 音楽の力、人の力」
2009年10月の日記
 「ミナミホイール2日目」
2009年09月の日記
 「テディベア」
2009年08月の日記
 「台風だぁ〜〜〜」
2009年07月の日記
 「星の王子様」
2009年06月の日記
 「晴れました」
2009年05月の日記
 「集中トレイン」
2009年04月の日記
 「チャンピオンズリーグだよ〜」
2009年03月の日記
 「新聞テレビ欄」
2009年02月の日記
 「サッカー好き」
2009年01月の日記
 「ジャコバサボテンが咲いた」
2008年12月の日記
 「おおみそか」
2008年11月の日記
 「なぜか上海♪」
2008年10月の日記
 「ミナミで音楽♪」
2008年09月の日記
 「かとみき10年フラワー終了〜〜!!」
2008年08月の日記
 「日曜日の青」
2008年07月の日記
 植木の花がつらそう。。
2008年06月の日記
 EURO決勝の結果。。。
2008年05月の日記
 雨雨雨。。。
2008年04月の日記
 よっしゃ〜!!
2008年03月の日記
 まえの日
2008年02月の日記
 別腹ですから〜
2008年01月の日記
 餃子がこわい。。
2007年12月の日記
 大晦日。
2007年11月の日記
 年末の疲れた身体に、お薦めよ。
2007年10月の日記
 おいし〜〜〜い!!というもの
2007年01月の日記
 やっぱり、似てますよね?
 
過去の日記はこちら
 
2018/03/30 Fri  くるり
くるりライブツアー「線」
先日3月30日、31日、Zepp TOKYOでツアーを締めくくりました。

シングルリリースでのツアーとなった今回、それもあってか、まぁいろんな曲を聴かせてくれまして、
とっても楽しかったです。
7人編成のステージは、
「東京レレレのレ」からはじまって、「東京」へ
そして(アルバムTeamRockの)「愛なき世界」。。。この三曲を聞いただけでも、
その後の選曲に期待が膨らみますよね。
しっかりとシングル曲、ライブアンセムをがっしり入れながら、
「ばらの花」「ハイウェイ」「虹」に「ロックンロール」…
「Liverty&Gravity」
「琥珀色の街上海蟹」が聴けて。。


そしてアンコールでは佐藤サンとファンファンと岸田サンの三人だけの「ブレーメン」!!!

こんなシンプル編成、なんて贅沢な!!!

そして新曲を沢山聴かせてくれました。
次のアルバムにはいるのだろうなという新曲を数曲(おそらく5曲)
でも、「東京オリンピック」というインストナンバーは
これは二枚後のアルバムに入る予定だそうです。
二枚後って、、2020年あたりってことですかね?

このインストが、凄い曲で。。プログレな何拍子なんだ?って曲で。。
で、かっっこいい!!

岸田サンのギターにも夢中になったステージでした。
2018/03/27 Tue  うっちーとかとまき
今週で、FM802のFLipLipsが幕を閉じます。
うっちーは6年半、まきちゃんは10年?
そうか。。あれから10年なのね。。

すっかりお昼の顔(声)として看板を背負ってきたお二人。
一つの番組が終わるのは…感慨無量です。
番組を聴きながら、スタッフの顔も浮かんで。。。
二人が頑張るのと同時に、
かつてADだったディレクターの感動の演出にも拍手。

まきちゃんは、これで、だれよりも「802のお昼の顔」として長く存在することになるのでは?
ウッチーは、4月から金曜朝の顔。
笑顔の声を楽しみにしています。
2018/03/25 Sun  Thanks a lot 3
2018/03/25 Sun  Thanks a lot 2
2018/03/25 Sun  Thanks a lot 1
2018/03/24 Sat  『幸せの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』3
一方サリーホーキンスも、素晴らしい。
彼女は元々絵が好きだったそうですが、モードルイスのような「素朴な絵」を半年間勉強して
描けるようになってこの役を演じたそうです。
その絵が、なんとも心を弾ませてくれる。
その色の鮮やかさ、明るくて可愛くて、とってもポジティブな絵。
モードは窓枠や、扉、壁、階段、ポットなど家のあらゆるものをキャンバスにして描いた。
家の中がどんどん変わって行く。花柄の中で生活するエベレットにくすぐられます。
厳しい境遇にありながら、まっすぐ前を向いて意志をつらぬき、自分の人生をまっすぐ生きている。
二人は絵が売れるようになっても、小さな小さなおウチで変わらぬ生活を送ているのですが、
必要なものがわかっている。

深いところで変化して行く二人の関係が、とっても素敵で可愛らしくて、
思わず笑ってしまうシーンがいくつも。
そして涙が自然に流れてしまいます。

夫婦って、
最初から夫婦なんだけど、長い時間欠けて夫婦になるんですね。
でも、最初から夫婦。


モードとエベレットをみていて、浮かんだのが、大橋トリオさんの曲
彼の曲の歌詞はmiccaさんという方が書いている。
彼女の描く鮮やかで優しくて穏やかな世界が、トリオさんの曲の世界と見事にマッチして
温もりを生みHAPPYにしてくれる。
イーサンホーク演じるエベレットは、この曲の世界よりもっとずっと無骨で男臭いひと。
だけど心の声を引き出したら、こんな感じかなって。。。


エベレットは、モードが亡くなったあと、自ら絵を描き始めたそうです。
モードの絵がどれだけ彼を支えていたのか、感じてしまいます。
ということで、番組で選んだのは  大橋トリオ 『A BIRD』でした。
2018/03/24 Sat  『幸せの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』2
モードを演じるのはただ今公開中、「シェイプオブウォーター」でアカデミー主演女優賞にノミネートされ、
パディントンシリーズでも同じみサリー・ホーキンス。
エベレットを演じるのは、「リアリティバイツ」「恋人までの距離」
「6才のボクが大人になるまで。」のイーサン・ホーク。

このエベレットが頑固で威張っていて、嫌な奴だなーイーサンホーク!と眉間にシワを寄せてしまうのですが、
それがどんどん変わっていくの。
疲れて帰って来て、食卓の用意をされている時の、エベレットの戸惑いの表情、
そうして彼女のスープを飲んだとき、心が弛緩するのが見える。
家の中に増えて行く絵に対しても、寛大で、
誰よりも彼女の絵の才能を一番に見抜いたのは、
やはり、彼だったのでしょうね。
彼女の絵も、エベレットの心を変えて行く。。。
やっぱり良い役者さんだなーイーサンホーク、とっても「良い顔」になってますよねー。
2018/03/24 Sat  『幸せの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』1
とっっても素敵な映画でした。なんて素敵なご夫婦。実話の映画化。

1903年に生まれ、1970年に亡くなられた、カナダの画家、モード・ルイス。
子供の頃から重いリウマチを患っていたモードは、両親を亡くし、親戚からも煙たがられ、
それなら自分で働いて生きて行く!と商店で見つけた家政婦募集の紙を手に、
町外れの魚の行商をしている男の家に向かいます。
エベレット・ルイス。孤児院育ちで、学がなく、彼もまた外れもの。
そんな男の家で、、家政婦として働き始めます。
このエベレットが高圧的で嫌な奴でねーー
でも、ある日のトラブルをきっかけに、モードは大好きな絵を、家の中に描き始めます。
その絵が、次第にホワイトハウスにも飾られるようになる。。
2018/03/24 Sat  ある日のタケルさん
帰宅して階段を上がったら、
軽快にすれ違う足音。
あれ?どこ行くの?
と振り返ったら、「遊び待ち」していました
2018/03/22 Thu  BEGIN @NHKホール:
今年1月から開催して来た
第22回BEGIN コンサートツアー2018、その最終公演を渋谷で拝見。
意外なことに、NHKホールは初!だそうで。。でも勿論、緊張な空気が生まれるわけもなく、
いつものようにのんびり〜まいぺーすで、思い切り楽しませてくれたステージ。

二部構成になっていて、
一部ではなつかしい〜〜〜曲をあれやこれやと聴かせてくれました。
最初は三人だけで、後にベースとドラムがはいって。
涙そうそうからはじまって、流星の12弦ギター、愛が走る、声のおまもりください…そして、
優さんの姪っ子さんが生まれた時に作ったという「BirthdaySong」も!!

久しぶりに聴く曲になんだかとっても懐かしく、郷愁を誘われるような気持ちになって。。
同郷でもなんでもないのになんだか、場所に関係なく、
BEGINはとても温かい気持ちにしてくれます。


またそのチカラの抜けたMCが。。おもしろくて。
栄昇さんは「ギターのチューニングが嫌いで、(その昔)歌う時ギター弾かなかったんだよ〜〜」
なんてぶつぶつ言いながら、
「間を埋めて」と優さんと、等さんにむりやり喋らせるんですが、
等さんがくるしまぎれに、
「今週雪が降ったでしょ。それで思い出した。初めて雪を観た日のこと!3人一緒だった。
1987年12月5日。「いずみ」の誕生日だったんだよ!」

なんでおぼえてるの?
好きだったんだろ。すきだったんだー
とからかわれたり。。。

デビュー日に本当にレコード屋さんにおいてあるか、ひとしさんとまさるさんが「恋しくて」を
お店に観に行ったはなしとか。
その頃ふたりは一緒にくらしていたんだよ。
と言えば、
ひとしさんが、「まさる。、全然洗濯しないんだよー!!」と曲に入る直前に思い出したりとか。。

大いに笑わせてもらいました。

そして、二部は、マルシャショーラでメドレー!


マルシャのリズムはブラジルのカーニバルのマーチで、
この番組でも何度もご紹介しておりますが、歩くテンポで途切れずに展開して行く。
どうやら大阪では、メンバーが曲の途中にステージを降りて、会場を歩き回ったそうで、
そこれまたものすごい怒られたそうで。。。

勝手にそんなことしちゃダメ、、と。
なので、東京では降りて歩くことはなく、かわりに、

栄昇さんが「マルシャリーダー」を客席から募って、
選ばれた人達は旗を持って、客席を自由に歩きながら、おどりながら、皆をもりあげる。
子供達が客席の端の空いたスペースで輪になってぐるぐる回りながら楽しんでいる光景は
なんともHAPPY!!
結局、前半9曲と後半10曲にわけてのメドレーでどちらも25分以上に及ぶ演奏!がつづき、
渋谷のNHKホールから7000歩、東京タワーまでいけたという歩数でした。

客席総立ちでみんな楽しんでいましたね〜。
(SETのハルカさんとマイカさんがステージ両サイドにたって、リード)

そしてアンコールではいつも、曲を決めず、客席からのリクエストに応えるのですが、
今回は会場入りしたときに、リクエストを書いてもらって。。その1位の曲を演奏!
となるのですが。。
東京は
2位:「防波堤で見た景色」
3位:「ボトル2本とチョコレート」 と「島人ぬ宝」
1位:「とみーふぁいゆー」 
どこの会場も島人ぬ宝が、1位だそうで。。この季節だからかな?っていっていました。

島人ぬ宝をまさかのやらないライブ?といいながらも、ちゃんと、
3曲きかせてくれました。


いや〜楽しいですね〜マルシャショーラ。疲れるけど。
足よりも、腕が痛くて。。筋肉痛が続きましたが、


29周年目に突入したBEGIN.
変わらぬテンポで、幸せにしてくれました〜〜
終演後のご挨拶でHugしてくれましたが、このHugとライブの時間の温かさと、
いっしょなんだよね。。
長いおつきあい〜。これからもよろしくね。