MIDNIGHT ALLEY

NOW ON AIR

24:00-05:00
MIDNIGHT ALLEY
-
MIDNIGHT ALLEY
FROM OVERSEAS -THAILAND-

NEXT PROGRAM

05:00-06:00
MIDNIGHT ALLEY

Sawasdee Ka!タイ人DJ松尾カニタがお届けする60分。 ここでしか聴けないタイマスコミ公社から届けられるニュースも

NOW PLAYING

01:54

DON'T CHANGE HORSES 8IN THE MIDDLE OF ATOWER OF POWER

ListenRadiko

STREAM

NOW ON AIR

NEXT PROG

PREV
MIDNIGHT ALLEY
24:00-05:00
MIDNIGHT ALLEY
-
FROM OVERSEAS -THAILAND-
05:00-06:00
FROM OVERSEAS -THAILAND-
NEXT

TIMETABLE

8:00-8:10
[MON]サラヤ Alla salute【サラヤ】
[THU]大阪ステーションシティ Stay&Play【大阪ステーションシティ】
9:20-9:40
[TUE]朝日インテック Dream Together【朝日インテック】
10:15-10:45
[WED]Brooklyn Parlor OSAKA RADIO Salon【Brooklyn Parlor OSAKA】
[THU]ホームズ HopStepArt【ホームズ】

TODAY'S PROGRAM

“大人のためのMUSIC STATION” FM COCOLO の新たな朝の顔はイタリアと日本の血を引く野村雅夫。“WHOLE EARTH STATION ”FM COCOLOらしい国際感覚と関西で育った彼ならではのローカル色を融合しながら、スムーズで心地よい音楽と価値ある情報をお伝えします。
REQUEST

BLOG ARTICLES

よつ葉ホームデリバリー Buon Appetito ! 「珈琲の富田屋」

野村雅夫の「CIAO 765」

10時台の期間限定コーナー
【よつ葉ホームデリバリー Buon Appetito ! 】

今日は「珈琲の富田屋」をご紹介しました◎
自然豊かな中央アメリカの国 ニカラグアで
バナナ・オレンジ・レモンをはじめ、
たくさんの果物の木や野菜と共に育ったコーヒー豆です♪
まちゃおは「おいしくて3杯も飲んだ!」と言っていましたね!

そして!
今年もFM COCOLO と よつ葉ホームデリバリーのコラボブースが
「ロハスフェスタ」に登場!
11/4(土) 5日(日) の2日間、万博記念公園で開催♪
ぜひ遊びにきてくださいね〜!

明日の【よつ葉ホームデリバリー Buon Appetito ! 】も
お楽しみに \(^o^)/

-----------------------------------------------------------

【【【聴き逃した方はこちらから♪↓】】】
http://radiko.jp/share/?sid=CCL&t=20230926100000

◆オンエアから1週間以内は、
radikoのタイムフリー機能を使って、聴き返すことができます♪

◆お気に入りの番組を友達と共有できる
「シェアラジオ」機能もぜひご活用ください!
(エリア外の方は、radiko.jpプレミアムに登録すれば、全国で聴けます♪)

カメラ・オブスクラを体験

Buongiorno a tutti! (ブオンジョルノ・ア・トゥッティ)
おはようございます。
どうも、僕です。野村雅夫です。

昨日の投稿で写真をアップしたトリノのシンボルたる建造物、モーレ・アントネリアーナ。あのでっかい19世紀後半の建物の中は、まるごと国立映画博物館になっているんです。僕の大好きなスポット! 帰郷したら、毎度絶対に訪問します。もちろん、今回も。

建物の成り立ちや展示の内容については、今日8時台のCIAO CINEMA番外編にてお話しますが、映画博物館の常設展では、映画というメディアがどのように誕生して発展したのか、言わば「映画の考古学」的な内容が充実していて楽しいです。

この写真は、写真の原点とも言える「カメラ・オブスクラ」を体験しているところ。僕が逆さになっていますよね。もちろん、実際に逆立ちしているわけではなく、これは「カメラ・オブスクラ=暗い部屋」に開いた穴を通して見るイメージ。僕がいる場所に描かれた建物が、現実にはすべて逆さになっているので、こうした面白い「映像のマジック」が起こるんです。

え? よくわからない? 技術的なことについては、カメラ・オブスクラで検索いただくと、Wikipediaが出てきますので… 結局、丸投げかい!

今朝も11時まで、聴ける範囲でのおつきあい、よろしくです。

☆内田ラグビー部長のラグビー通信 9月25日号☆

1週間、日本戦はないと、油断していませんか?!
次のサモアとの戦いに向けて、
今の情報をおさらいしておきましょう!!

内田ラグビー部長のラグビー通信、熟読ください!!

➡➡➡

フランスで開催中のラグビーワールドカップ2023は、第3ラウンドに突入しています。
予選突破に向けて、もしくは自分たちのラグビーを世界にアピールするため、
それぞれが掲げた目標に向けて各国が鎬を削っています。
日本がいるプールDは、
チリ以外はどの国にも決勝トーナメント進出の可能性が残るという混戦必死の状況。
現在プールDのトップはこれまでの3試合全勝で勝ち点14のイングランド。
それに続く勝ち点5の日本とサモア、
さらに、勝ち点4のアルゼンチンの3カ国が1勝1敗で並んでいます。
我が日本代表は、次戦日本時間で
今週金曜日9/29の早朝午前4時からサモアと対決します。


【予選Dプール 日本 v サモア について。】
サモアは、第2回大会から今大会まで9大会連続出場。
1991年第2回大会、1995年第3回は決勝トーナメント(ベスト8)進出を果たすも、それ以降はずっと予選敗退。
日本代表とは、2015年、2019年と過去2大会続けて予選プールで対戦しており、
いずれも日本代表が勝っています。
ということは、サモアにとっても日本は因縁の相手と言ってもいいかもしれません。
プール戦を勝ち抜けるためには、お互い絶対に負けられない試合です。

サモア代表、チームの愛称は「マヌ・サモア」。
マヌとは、有名な戦士の名にちなんで付けられた勇敢な者たちという意味です。
爆発的なスピードを持つランナーと激しいパワープレーを好む選手が多く揃っていて、
フィジカル(体の強さ)を全面に押し出したラグビーが特徴。
これまではその傾向として、そうした個々人の能力に頼るところが多く、
メンタル的にもムラがあるチームでしたが、
今大会直前のルール改正により、元オーストラリア代表ワラビーズや
元ニュージーランド代表オールブラックスの選手がサモア代表に加わったことも手伝って、
以前よりも規律を保ち組織的なプレーにも対応できるようになってきており、侮れません。
特にスタンドオフのクリスチャン・リアリーファノは、
不屈の精神で白血病を克服しオーストラリア代表にカムバックした選手で、
2018年度・19年度は日本(当時のジャパントップリーグ)でもプレーしており、
日本ラグビーにも精通しているだけに要注意です。
もうひとつ、サモアが今大会において有利だと思われるのは、
サモア代表スコッド33人のうち10人がフランスのプロチームに所属していること。
その風土や雰囲気に慣れているということは、間違いなくひとつのアドバンテージになります。
そして、チームの本拠地こそニュージーランドながら、
パシフィックアイランダーと呼ばれるサモア、トンガ出身の選手によって構成されたチーム「モアナ・パシフィカ」として、
2022年からスーパーラグビーに参戦しているメンバーがスコッド全体の1/3を占めていることも、
この直近サモアが力を伸ばしている要因となっています。

しかし、日本にとっても有利な材料が無いわけではありません。
最も大きいのは試合日程の間隔。
日本は、第2戦のイングランド戦から中10日空けての試合。
対するサモアは、アルゼンチン戦から中5日で日本との対戦を迎えます。
当然、疲労や怪我からの回復度合いも違ってきますし、
日本のほうが準備にも十分な時間を取ることができます。

戦い方としては、ポゼッション(自分たちがボールを持つ時間)を増やすことが
ここまでの日本代表が意図していることのひとつとして見受けられますが、
やはりゴール前まで持ち込まれるとその力で押し込まれる可能性が高くなるので、
(内田個人としては)まずエリアを獲得すること、つまりできる限り敵陣でプレーすべきと考えます。
そのためにはやはりキックを有効的に使うことが必要ではないでしょうか。

まだサモア戦の出場メンバーが発表されていないのでなんとも言えないところはありますが、
そういう意味でも、メンバーの怪我によりこのタイミングで追加召集された山中亮平選手が出場するならば、
そのロングキックに期待したいと思います。

他に(内田が個人的に)注目するキープレイヤーは、リーチ マイケル選手。
2011年から4回目のワールドカップ出場となるベテランながら、
今がもっとも体の状態がいいと言い切る彼のタックルとその豊富な運動量が、
サモアを打ち砕く勢いをチームにもたらしてくれるのではないかと思います。
そしてもうひとり、新鋭・長田智希選手にも期待したいと思います。
京都府出身で、高校は大阪・東海大仰星。
身長179センチ・体重90キログラムと国際レベルとしては決して大きなサイズではありませんが、
そのフィジカルの強さとしなやかさ、相手をうまくズラして突破するスキルの上手さは折り紙つき。
攻守両面で、サモアを切り裂いて欲しいですね。

プールステージを突破するためにこの後ひとつも負けられない日本代表ですが、
逆に言えばここで勝てば一気に波に乗ることも出来ます。
そして、その日本代表を後押しするのは、何よりサポーターの応援です。
直接声は届かなくとも想いは通じるはず。
ぜひお一人でも多くのリスナーの皆さんに、ラグビー日本代表へ声援をお送りいただきたいと思います。


早朝に行われていた試合の振り返り…。
【予選Cプール ウェールズ v オーストラリア】
今大会においてここまでで一番衝撃的なニュースかもしれません。
日本時間・本日早朝午前4時から行われた予選プールC ウェールズ 対 オーストラリアの一戦。
ウェールズがオーストラリアをノートライに抑え、40-6で快勝。
過去ワールドカップ優勝2回を誇るオーストラリア代表ワラビーズの、
大会史上初めてとなる予選プール敗退が濃厚となりました。
前節でフィジーに敗れたオーストラリアはこれで1勝2敗となり、自力での決勝進出は消滅。
ジョージア戦とポルトガル戦を残すフィジーがどちらかに負けない限り、予選突破は不可能となりました。
次回2027年のワールドカップ開催地として決定しているオーストラリア。
そこに向けても弾みをつけたいところでしたが、
2015年には日本代表を率いてワールドカップで世界に衝撃を与えた
現オーストラリア・ヘッドコーチ、エディー・ジョーンズにとって悪夢の大会となりました。

早朝の試合もリアルタイムでしっかりと確認して、
レポートをくれた内田部長。。。
(しっかりと寝て、休んでほしい。。。)
来週のレポートもよろしくです~!!

【OAでのレポートはこちらから…。】
https://radiko.jp/share/?sid=CCL&t=20230925093020
×
×