FM COCOLO

  • Whole Earth Stationとは?

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Now On Air
DJ

MARK'E MUSIC MODE[17:00-20:00|DJ:マーキー

関西を代表するDJ MARK'Eが30年のDJ活動を基盤にお送りする アクティヴなミュージックプログラム。マーキーの周りに集まる 人やモノをユニークな目線で切り取り紹介していきます。 思わず口ずさんでしまう洋楽・邦楽の幅広い選曲とともに ウィーク・デーの夕方を演出します。
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

番組ブログ最新の番組情報をお届けします

門上西林 物見遊山

門上西林 物見遊山 【#20 / 2017.02.18】[2.18 sat]

門上西林 物見遊山。

『私達のグラミー賞』と題して、
門上西林・二人がこの1年間で聴いた曲の中から
良かったと思う曲、印象に残った曲を選んで、
その曲やアーティストについて語ろうという
今夜の『門上西林 物見遊山』。
いかがだったでしょうか。

皆さんは、この1年間で誰の何と言う曲がイイな〜と思われましたか?
よろしければ、番組にメッセージをお寄せください。

●今夜おかけした曲●
M@  Hello  / Adele
MA  Stay Tune  / Suchmos……....(門上選曲)
MB  Blue And Lonesome/ The Rolling Stones …...(西林選曲)
MC  Blowin' In The Wind / Peter, Paul & Mary…..(門上選曲)

※今月のエンディングソングのテーマは『風』

今回の『放送後記』の担当は西林初秋さんです。
本放送に合わせてコチラもお楽しみください。

…...【放送後記】…………………
ヒトは量を求めるタイプと質を求めるタイプにわかれる気がします。「広く浅く」か「狭く深く」か、「ドンファン型」か「カサノバ型」か。だからといってどちらが正解でどちらが間違いであるという判断は誰もくだせません。A氏は世界を広げることに快感を覚え、B氏は深く入り込むことで恍惚になるところにヒトの個性や癖や好みが立ち上がっておもしろいと思うのです。そう断った上でわたしはどうなのかというとあきらかに後者です。特に音楽は手当たり次第、乱聴するということはなく、コレというアーティストの曲を何度も聴く込むタイプです。ほぼ、いつも、決まった人の決まった曲を聞き返しています。「門上西林物見遊山」の選曲にも、そんな傾向が現れているように思うのです。
そんなわたしにとって、新しいアーティストとの出会いの場になるのがラジオです。日々のかたわらには常に音楽があって、仕事場のスピーカーからも常に音楽が流れていますが、それはCDではなくてFM放送です。ふと心にひっかかる曲があれば書留めて、CDショップかYouTubeで聴いてみる。いいなと思ったら購入してiTuneに取り込む。そのままお気に入りのアーティストになる場合もあれば、そうならない場合もあり、何かをきっかけにして復活する場合もあります。そこに法則性もなければ絶対性もありません。
今週は第59回グラミー賞の発表がありました。しかし偏愛はなはだしいわたしの場合、ノミネートされているミュージシャンは知っていても曲はほとんど知りません。しかし今年、唯一の例外はAdel。数年前にラジオで彼女を知り、すぐにCDショップで買い求めたアルバムが「21」でした。以後、彼女の曲はよく聴きました。いまも聴いています。特に旅先の移動中、夜の在来線の特急に乗ったときに彼女の曲を選ぶことが多いようです。最新アルバム「25」もお気に入りの1枚であることは言うまでもありません。そして今年、Adelはグラミー賞5冠を達成。その報を仕事場のラジオで受け取ったおじさんは、海外でがんばっている身内のひとりがとんでもない偉業をなしとげたようなよろこびを覚えて、しみじみうれしくなったのでした。

<西林初秋>

今宵も夜更けは……『門上西林 物見遊山』へ。[2.18 sat]

土曜日深夜23時30分は『門上西林 物見遊山』の刻限でございます。

グラミー賞授賞式で始まった今週。
1週間の締めは『門上西林 私達のグラミー賞』。

二人がこの1年間でイイな〜と思った音楽、
アーティストについて語ります。

どうぞ、今夜も お楽しみください。

============================

●門上武司(かどかみ たけし) プロフィール
http://www.geode.co.jp/profile/

●西林初秋(にしばやし はつあき) ブログ
http://syosyu.cocolog-nifty.com/

============================
『門上西林 物見遊山』を、FM COCOLOを、
時間や聴取エリアに関わらず、聴くことができます!
【radiko.jp】
ネットでラジオが聴けるインターネットサービス「radiko」。
1週間前まで、さかのぼって番組が楽しめる「タイムフリー」も大好評!
詳しくはこちら…… http://radiko.jp/

【LISMO WAVE】
全国の民放FMラジオ局52局を聴くことができる、
LISMO WAVEでも、FM COCOLOが聴取できます!
http://www.au.kddi.com/iphone/service/app/lismo-wave/  

門上西林 物見遊山 【#019 / 2017.02.11】[2.11 sat]

門上西林 物見遊山。

2週にわたっておおくりした私達の万年筆インク紙=B
お二人の会話の中に出て来た万年筆『モンブラン 149』。
愛用のペンに相性の良い紙。いや〜今夜も刺激されました。
明日は文房具屋さんに寄り道しそうです。

●今夜おかけした曲●
M@ Tiny Dancer / Elton John
MA さらば恋人   / 堺正章……....(門上選曲)
MB そんな暮らしの中で/ 風 …...(西林選曲)

※今月のエンディングソングのテーマは『風』

今回の『放送後記』の担当は門上武司さんです。
本放送に合わせてコチラもお楽しみください。

…...【放送後記】…………………

「万年筆・インク・紙」をテーマに話すと、どんどん話題が広がり、寄り道・脱線することしきりです。この三つが揃うと、僕の場合は、どうしても手紙を書くことに偏ってしまうのです。

82円交際と称して文通をする仲間(おじさん)が数名います。中でも元フランス料理人と蕎麦打ち職人は週に2・3通のペースで手紙が行き来します。不思議なことに、手紙が届くと反射的に万年筆を探る。紙を取り出す。すると勝手に手が動くのです。考えを整理してからなどと思っていると、手は止まったまま。乱文でも乱筆でもいいのです。とにかく思いついたらすぐに書く。それが習慣になってついつい週に2・3通ということになってしまうのです。

番組内で紹介した京都の「THE WRITING SHPO」で作ったエンボスで封筒をオリジナルにすることあるのですが、おじさんにはあまり効果がないようです。だからこのエンボスは女性専用にしようかと思っているのです。

<門上武司>

今宵も夜更けは……『門上西林 物見遊山』へ。[2.11 sat]

土曜日深夜23時30分は『門上西林 物見遊山』の刻限でございます。

30分間ではおさまらなかった私達の万年筆インク紙=B
今夜はパート2です。
お二人の道具に対する思い…今夜も刺激されそうです。

片岡義男のエッセイ『万年筆インク紙』に触発されて始まった
私達の万年筆インク紙 =B

パート2の今夜も お楽しみください。

============================

●門上武司(かどかみ たけし) プロフィール
http://www.geode.co.jp/profile/

●西林初秋(にしばやし はつあき) ブログ
http://syosyu.cocolog-nifty.com/

============================
『門上西林 物見遊山』を、FM COCOLOを、
時間や聴取エリアに関わらず、聴くことができます!
【radiko.jp】
ネットでラジオが聴けるインターネットサービス「radiko」。
1週間前まで、さかのぼって番組が楽しめる「タイムフリー」も大好評!
詳しくはこちら…… http://radiko.jp/

【LISMO WAVE】
全国の民放FMラジオ局52局を聴くことができる、
LISMO WAVEでも、FM COCOLOが聴取できます!
http://www.au.kddi.com/iphone/service/app/lismo-wave/  

門上西林 物見遊山 【#018 / 2017.02.04】[2.4 sat]

門上西林 物見遊山。
お二人のアイドル的存在の作家 片岡義男のエッセイ『万年筆インク紙』に触発されて始まった私達の万年筆インク紙≠ノ関するお話。
当然30分ではおさまりません。
お話は来週へと続きます。
西林さんが仰った「書くと言うことは考えることである」という言葉。
「う〜ん」私、思わず唸ったのであります。しばらく心の中に残りそうです。

●今夜おかけした曲●
M@ Some Feeling / 安田南 ……………...(門上選曲)
MA Both Sides Now   / Joni Mitchell…..(西林選曲)
MB Paperback Writer/ The Beatles
MC 風に吹かれてみたいから / 麻田浩…...(門上選曲)

※今月のエンディングソングのテーマは『風』

今回の『放送後記』の担当は西林初秋さんです。
本放送に合わせてコチラもお楽しみください。

…...【放送後記】…………………

我らがアイドル・片岡義男さんは多作の人です。現在、小説で、わかっているだけでも580作品以上!それにエッセー、評論を加えるとその数はどれくらいになるのでしょうか?
片岡さんは路上の人です。小さいときから学校の教室で教科書を開いたことはなかったと書いています。学びの場は、机上ではなく、放課後の路上。その学びはいまでもつづいているのでしょう。
片岡さんは偏愛の人です。文房具、小道具、ファッション、身の回りの物は、使って、試して、選びに選び抜いたものだけを使い込むタイプ。その偏愛ぶりが、1冊の書物にしたためられているのが最新刊の『万年筆、インク、紙』。286ページにわたって書かれているのは「万年筆」と「インク」と「紙」についてだけ。しかし読み終えると書くという仕事の根幹が伝わるようになっているのですね。このあたりが軽やかな技巧者、片岡さんです。
片岡さんは旅の人です。書斎や避暑地の椅子にじっとしている人ではありません。風に誘われてなんてことをおっしゃりながら国内や国外のあちらこちらへ。仕事だって、コーヒーのおいしい店をふらりと尋ねながらそこで。なんとも自由です。
そして片岡さんは試みの人です。書籍のインキの色を黒以外に指定するなんて朝飯前。番組でも紹介しましたが、『ミッチェル』では、ジョニ・ミッチェルの詩の写実的な部分を抜き出して、それを並べ替えて、1編の短編に仕上げるなんてことにも挑んでいます。また、この短編集のなかに入っている『あの少年の妹』は、あの少年に妹がいたら、彼女はどこで何をしているのだろうと想像の翼を広げたところから生まれたストーリー。その少年とは『ライ麦畑でつかまえて』のホールデン・コーンフィールド!なんという遊び心でしょう?
そんな片岡さんは1939年生まれ。歳を重ねると大家とか先生といわれるポジションに腰を据える作家が大半のなかで、いまなお少年の心で精力的に活動されています。だから我々はそんな片岡さんに憧れを抱かずにはいられないのです。そんな片岡さんのスタイルは、いつまでも我々のお手本でありつづけるのです。

<西林初秋>

今宵も夜更けは……『門上西林 物見遊山』へ。[2.4 sat]

土曜日深夜23時30分は『門上西林 物見遊山』の刻限でございます。

1月は行く。
逃げる2月の第1週目となる今夜は、
お二人が大切にされている道具≠ノついてのお話。
読書好きの方もお聴き逃しなく。

============================

●門上武司(かどかみ たけし) プロフィール
http://www.geode.co.jp/profile/

●西林初秋(にしばやし はつあき) ブログ
http://syosyu.cocolog-nifty.com/

============================
『門上西林 物見遊山』を、FM COCOLOを、
時間や聴取エリアに関わらず、聴くことができます!
【radiko.jp】
ネットでラジオが聴けるインターネットサービス「radiko」。
1週間前まで、さかのぼって番組が楽しめる「タイムフリー」も大好評!
詳しくはこちら…… http://radiko.jp/

【LISMO WAVE】
全国の民放FMラジオ局52局を聴くことができる、
LISMO WAVEでも、FM COCOLOが聴取できます!
http://www.au.kddi.com/iphone/service/app/lismo-wave/   

門上西林 物見遊山 【#017 / 2017.01.28】[1.28 sat]

門上西林 物見遊山。

『写真』をテーマにしたシリーズ第3弾。いかがだったでしょうか。
カメラ本体の話からカメラマン・写真集の話になり、
それがギャラリー・写真美術館の話題に広がり、
さらに、自分達が開催した写真展の体験談に。
アートが好きで、道具にこだわるお二人ならではお話、エピソードの数々。
チョット刺激されますよね。
明日から、カメラを鞄に忍び込ませようと思う今日この頃であります。

●今夜おかけした曲は…
M@ Let's Get Lost /Chet Baker ……..(門上選曲)
MA Stroll On   / The Yardbirds……..(門上選曲)
MB 青い瞳のステラ、1962年夏/柳ジョージ & レイニーウッド…. (西林選曲)

※今月のエンディングソングのテーマは『写真関連』

今回の『放送後記』と『ブログ写真』の担当は門上武司さんです。
本放送に合わせてコチラもお楽しみください。

…...【放送後記】………………...
番組の中でも紹介した京都祗園にある「何必館」という建物。
館主の梶川芳友さんは、北大路魯山人、村上華岳、山口薫という3名の作家の作品を展示するために作った美術館である。
そこで定期的に開催される写真展が頗る付きの素晴らしさ。コレクションとしてアンリ・カルチェブレッソン、ロベール・ドアノー、サラ・ムーン、ウイニー・ロニス、エリオット・アーウィット、田原桂一などを持つ。それぞれの作家の個性にあった展示とそれも添えられた梶川さんの言葉が一遍の詩作のようであり、作家と看る者をつなぐ重要な役割を果たしているのだ。
また5階には茶室と光庭と称された自然の光と空気が入る空間がある。
光の具合によってその空間の印象は大きく異る。光つまり、展示にとってライティングがいかに大切かを知るのであった。

<門上武司>

今宵も夜更けは……『門上西林 物見遊山』へ。[1.28 sat]

土曜日深夜23時30分は『門上西林 物見遊山』の刻限でございます。

お寒うございます。
今夜は、カメラ シリーズ第3弾!!『カメラマン・写真集関連』の話。

カメラ道楽のお二人ならではカメラマン・写真のお話をお楽しみください。

============================

●門上武司(かどかみ たけし) プロフィール
http://www.geode.co.jp/profile/

●西林初秋(にしばやし はつあき) ブログ
http://syosyu.cocolog-nifty.com/

============================
『門上西林 物見遊山』を、FM COCOLOを、
時間や聴取エリアに関わらず、聴くことができます!
【radiko.jp】
ネットでラジオが聴けるインターネットサービス「radiko」。
1週間前まで、さかのぼって番組が楽しめる「タイムフリー」も大好評!
詳しくはこちら…… http://radiko.jp/

【LISMO WAVE】
全国の民放FMラジオ局52局を聴くことができる、
LISMO WAVEでも、FM COCOLOが聴取できます!
http://www.au.kddi.com/iphone/service/app/lismo-wave/   

門上西林 物見遊山 【#016 / 2017.01.21】ブログ 文章 訂正[1.25 wed]

先週のブログの文中で、間違いがございました。
「上田正治写真美術館」は「植田正治写真美術館」です。
お詫びして、訂正させていただきます。

<番組スタッフ>

門上西林 物見遊山 【#016 / 2017.01.21】[1.21 sat]

門上西林 物見遊山。

寒い冬の夜を熱くした『カメラマン/写真関連のお話』。
いかがだったでしょうか。
今回のお話に出てきた鳥取の『植田正治写真美術館』のホームページ。
とても美しいです。
http://www.japro.com/ueda/ 

●今夜おかけした曲は…
M@ HELLO / 福山雅治…………………… (門上選曲)
MA Dream A Little Dream Of Me   / MFQ
MB Picture In A Frame / Tom Waits….. (西林選曲)
MC Perfect  / Fairground Attraction ….(門上選曲)

※今月のエンディングソングのテーマは『写真関連』
※今回のブログ写真は西林初秋さん撮影の能登の夕焼けです。

放送後記″。夜の担当は西林初秋さんです。
本放送に合わせてコチラもお楽しみください。

…...【放送後記】………………...
夕焼けをカメラに納めるようになってどれくらいになるだろう?
夕焼けは、それなりに厳しかった1日をなんとかやり終えたわたしたちへの空からのプレゼントだと思っている。お疲れさまの癒やしであり、夜の始まりを告げるささやきだ。マジックアワーが近づくと、大阪であろうが、東京であろうが、旅先であろうがそわそわしてしまう。室内での打ち合わせ中であっても、窓の向こう空の気配に気もそぞろになって、はやく終えて外へ飛び出したくなる。
しかしこれほど身近でありながら、シャッターチャンスに恵まれない被写体もめずらしい。夕焼けは一瞬だ。ふと別のことに気を取られているときに、色の乱舞の絶頂は峠を越えている。時間と場所と準備、つまりタイミングがすべてで、人間の都合で作り出すことができない一期一会の空の芸術だからこそ惹かれるだと思う。
これまでにわたしのお気に入りは、秋の能登半島、輪島での夕焼け。映画「能登の花ヨメ」の撮影中のことだった。あまりの美しさに、撮影を止めて、役者もスタッフもみんな手持ちの機器で撮影したのだった。誰もが無言でシャッターを切りつづけ、ひとしきり空のドラマを堪能したわたしたちは撮影を再開した。その後のシーンは、予定よりも順調に進んでいった。

<西林初秋〉