FM COCOLO

  • Whole Earth Stationとは?

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Next Program
DJ

Midnight Treasures[24:00-01:00|DJ:石井 一孝

ミュージカル俳優、シンガーソングライター、そして無類の音楽マニアである石井一孝が担当する1時間番組
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

番組ブログ最新の番組情報をお届けします

J-POP LEGEND FORUM

12月9日の放送は〜[12.9 mon]

12月のJ-POP LEGEND FORUMは「80年代ノート」。
過去にお送りした「60年代ノート」「70年代ノート」の続編です。
社会的にも音楽的にも大規模かつスピードアップして
さまざまなことが巻き起こった70年代を経て、
経済成長のピークを迎える80年代。
フォーク/ニューミュージックを越えたJ-POPが花開くこの80年代を
田家秀樹の解説でクローズアップします。

Part-2の今回は、1982年83年。
フォーク/ロック/ニュー・ミュージック系アーティストの
TVメディア/芸能誌に対するスタンスが変わり、
音楽シーンと芸能界の関わりにも変化が見せ始めた80年代前半。
新たに登場してくるアーティストが急増する一方、
空前のアイドル・ブームが巻き起こるこの時代を
田家秀樹の回想を交えながら解説していきます。
ご期待ください!
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

12月のテーマは「80年代ノート」[12.2 mon]

12月のJ-POP LEGEND FORUMは「80年代ノート」。
過去にお送りした「60年代ノート」「70年代ノート」の続編です。
日本社会が飛躍的に成長した60年代、
社会的にも音楽的にも大規模かつスピードアップして
さまざまなことが巻き起こった70年代を経て、
経済成長のピークを迎える80年代。
フォーク/ニューミュージックを越えたJ-POPが花開くこの80年代を
田家秀樹の解説でクローズアップします。

Part-1の今回は、1980年81年。
70年代から活動してきたアーティストがついにブレイクを果たしたり、
80年代以降のJ-POPをリードしていく
新しいアーティストが登場したりと、
めまぐるしい変化/開花が起こった80年代初頭を
田家秀樹の実体験を紹介しつつ進めていきます。
ご期待ください!
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

11月25日の放送は〜[11.25 mon]

デビュー45周年を迎えた「太田裕美」にフォーカスしてきた
11月のJ-POP LEGEND FORUM。

ラストとなる今週は、
デビュー45周年記念アルバム「ヒロミ☆デラックス」の本人解説。
キャリア初のセルフ・カバーの心境や
時代ごとに感じた自身の心境など、
J-POPシーンに独自の存在を築いた
太田裕美さんの足跡を回想します。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、収録後の太田裕美さんと
45周年記念アルバム「ヒロミ☆デラックス」を手にした田家秀樹さん。

11月18日の放送は〜[11.18 mon]

11月のJ-POP LEGEND FORUMは、
デビュー45周年を迎えた「太田裕美」にフォーカス!
1974 年11 月1 日、シングル「雨だれ」でデビューして45 年。
ピアノの弾き語りスタイルで、
アイドルとシンガー・ソングライター・シーンとの懸け橋になった
太田裕美さんのジャンルを超えた独自の存在を振り返っています。

Part-3の今回は、太田裕美さんご本人の登場。
デビュー当時のエピソードから
70年代/80年代の活動を中心に振り返っていただきます。
筒美京平/松本隆による作品群とそこからの卒業、
そして、広がった自身の音楽性など、
太田裕美さんが活動の変遷を語ります。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、収録後の太田裕美さんと田家秀樹さん。

11月11日の放送は〜[11.11 mon]

11月のJ-POP LEGEND FORUMは、
デビュー45周年を迎えた「太田裕美」にフォーカス!
1974 年11 月1 日、シングル「雨だれ」でデビューして45 年。
ピアノの弾き語りスタイルで、
アイドルとシンガー・ソングライター・シーンとの懸け橋になった
太田裕美さんのジャンルを超えた独自の存在を振り返っています。

Part-2の今回は、
70年代の太田裕美さん楽曲の大半の作詞を手掛けた
松本隆さんが登場。
それまでにない女性アーテイスト像を作り上げた軌跡を
語っていただきました。
松本隆さんだからこそ語れる太田裕美さんの実像に
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、収録後の松本隆さんと田家秀樹さん。

11月のFeature Artistは「太田裕美」[11.4 mon]

11月のJ-POP LEGEND FORUMは、
デビュー45周年を迎えた「太田裕美」にフォーカス!
1974 年11 月1 日、シングル「雨だれ」でデビューして45 年。
ピアノの弾き語りスタイルで、
アイドルとシンガー・ソングライター・シーンとの懸け橋になった
太田裕美さんのジャンルを超えた独自の存在の軌跡を
改めて振り返る1ヶ月です。

Part-1の今回は、
デビュー45周年記念Album「ヒロミ☆デラックス」に
作家として参加されている
プロデューサー/アレンジャー:ヒャダインさんが登場。
太田裕美ファンを自認するヒャダインさん、
世代を超えた太田裕美さんの魅力を語っていただきました。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、太田裕美さんのデビュー45周年記念Album
「ヒロミ☆デラックス」を手にしたヒャダインさんと田家秀樹さん。

10月28日の放送は〜[10.28 mon]

10周忌を迎えた「加藤和彦」にフォーカスしている
10月のJ-POP LEGEND FORUM。

加藤和彦さんと関係の深い方をお迎えして、
その足跡をたどっていますが、
Part-4の今回は、先週にひきつづき、和彦さんの盟友/戦友、
そして、家族のような関係だったと話されていたこともある
きたやまおさむさんをお迎えします。
ザ・フォーク・クルセダーズの再結成以降の話題を中心に
加藤和彦さんの人間像/アーティスト性を語っていただきました。
先週同様、貴重なお話にご期待ください。

                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、収録後のきたやまおさむさんと
きたやまさんの自薦集Album
「良い加減に生きる」を手にした田家秀樹さん。

10月21日の放送は〜[10.21 mon]

10月16日に10周忌を迎えた「加藤和彦」にフォーカスしている
10月のJ-POP LEGEND FORUM。

加藤和彦さんと関係の深い方をお迎えして、
その足跡をたどっていますが、
Part-3の今回は、和彦さんの盟友/戦友、
そして、家族のような関係だったと話されていたこともある
きたやまおさむさんが登場。
音楽活動はもちろん、和彦さんの人間性に至るまで、
加藤和彦さんと交わりつづけたきたきたやまおさむさん。
きたやまさんだからこそ知っている貴重なお話にご期待ください。

                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、収録後のきたやまおさむさんと
きたやまさんの最新著書
「良い加減に生きる」を手にした田家秀樹さん。

10月14日の放送は〜[10.14 mon]

10月のJ-POP LEGEND FORUMは、
10月16日に10周忌を迎える「加藤和彦」。
加藤和彦さんと関係の深い方をお迎えして、
その足跡をあらためてたどりつつ、
追悼の意を新たにする1ヶ月です。

Part-2の今回は、先週にひきつづき、
加藤和彦さんと最も近いところで仕事をされてきた
音楽プロデユーサー/コーデイネーター/レーベル主宰者の
牧村憲一さん。
マネジメントから音楽制作、コーディネイトなど、
加藤和彦さんと濃密な時間を過ごした
牧村さんのリアルな証言を当時の作品とともにたどります。
ご期待ください。

                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、牧村さん監修によるインタビュー集
「エゴ ~ 加藤和彦、加藤和彦を語る」を手にした牧村憲一さんと
加藤和彦さんのヨーロッパ三部作の最新リマスターBOXの
ブックレットを手にした田家秀樹さん。

10月は「加藤和彦」10周忌特集[10.7 mon]

2009年10月16日に亡くなった「加藤和彦」。
10月のJ-POP LEGEND FORUMは、
今月、10周忌を迎える「加藤和彦」を
加藤和彦さんと関係の深い方をお迎えして、
その足跡をあらためてたどりつつ、
追悼の意を新たにする1ヶ月です。

Part-1とPart-2は、
加藤和彦さんと最も近いところで仕事をされてきた
音楽プロデユーサー/コーデイネーター/レーベル主宰者の
牧村憲一さん。
牧村さんにとっての「加藤和彦」や
制作を共にしたエピソードなどを語っていただきました。
牧村さんにお持ちいただいた秘蔵音源の紹介もあります。
ご期待ください。

                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、牧村さん監修によるインタビュー集
「エゴ ~ 加藤和彦、加藤和彦を語る」を手にした田家秀樹さんと
牧村憲一さん。