FM COCOLO

  • Whole Earth Stationとは?

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Next Program
DJ

MOONLIGHT MAGIC[24:00-01:00|DJ:大塚まさじ

60年代後半から活躍してきたフォークシンガー、大塚まさじが、オトナのCOCOLOリスナーに向けて送る音楽番組。フォークバンド「ザ・ディラン」からソロ活動中の現在まで40年近い音楽生活の中で、彼が発信してきた音楽や出会ってきた音楽を紹介。また、彼と接点を持つミュージシャンや文化人をゲストに迎えてお送りします。 ※6月3,24日深夜の再放送は放送休止
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

番組ブログ最新の番組情報をお届けします

J-POP LEGEND FORUM

8月20日の放送は〜[8.20 mon]

J-POPの世界に新たな流れを作り出した
CM音楽プロデューサー「大森昭男」にフォーカスする
8月のJ-POP LEGEND FORUM。
大滝詠一さんをはじめ、矢沢永吉さん、堀内孝雄さん、
矢野顕子さん、鈴木慶一さんなどの作品をCMソングに起用し、
その後のJ-POPとCMの関係を確立した
「大森昭男」さんの功績を紐解きます。

Part-3の今回は、
ONアソシエイツ発足当時から
2005年までのほぼ全作品を大森さんとともに制作した
CM音楽プロデユーサー:関口直人さんをお迎えします。
関口さんにセレクトしていただいたCM音楽作品を聴きながら、
その制作秘話や反響などをお話しいただきます。
大森さん/関口さんのCM音楽制作への情熱を感じとってください。

                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、
関口さんが大森さんと制作したCMソングを集めたコンピレーション
「ON ASSOCIATES CM WORKS」を手にした関口直人さんと
自身の著書
「みんなCM音楽を歌っていた〜大森昭男ともう一つのCMソング」を
手にした田家秀樹さん。

8月13日の放送は〜[8.13 mon]

J-POPの世界に新たな流れを作り出した
CM音楽プロデューサー「大森昭男」にフォーカスする
8月のJ-POP LEGEND FORUM。
大滝詠一さんをはじめ、矢沢永吉さん、堀内孝雄さん、
矢野顕子さん、鈴木慶一さんなどの作品をCMソングに起用し、
その後のJ-POPとCMの関係を確立した
「大森昭男」さんの功績を紐解きます。

Part-2の今回は、大森さんの制作パートナーにして
CMソングを約4000曲作詞してきた
作詞家「伊藤アキラ」さんをお迎えし、
「大森昭男」プロデュースによる
「伊藤アキラ」さん作詞作品を紹介します。
大森さん/伊藤さんのCMソングに対するアプローチや
制作する音楽傾向の変化など、
CMソングの時代性やJ-POPシーンにおけるおふたり功績を検証します。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、伊藤アキラさんと
伊藤さんのCMソング・コンピレーション
「AKIRA ITOH CM WORKS ON・ASSOCIATES YEARS」を手にした
田家秀樹さん。

8月のLEGENDは「大森昭男」[8.6 mon]

8月のJ-POP LEGEND FORUMは
CM音楽プロデューサー「大森昭男」。
大滝詠一さんをはじめ、矢沢永吉さん、堀内孝雄さん、
矢野顕子さん、鈴木慶一さんなどの作品をCMソングに起用し、
その後のJ-POPとCMの関係を確立した
「大森昭男」さんの功績を紐解きます。


Part-1の今回は、その入門編。
田家秀樹が「大森昭男」さんの足跡と手掛けた作品を紹介しながら、
J-POPシーンにおける大森さんの重要性を語ります。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、自身の著書
「みんなCM音楽を歌っていた〜大森昭男ともう一つのCMソング」と
大滝詠一さんが手掛けたCMソング集Albumを手にした田家秀樹さん。

7月の「サザンオールスターズ 40年」がweb掲載されました。[8.1 wed]

7月にクローズアップした「サザンオールスターズ」特集が、
ビルボード・ジャパンのサイトに掲載されています。
Part-1から順次掲載されますのでご一読ください。
以下のサイトです
  http://www.billboard-japan.com/special/detail/2393

7月30日の放送は〜[7.30 mon]

デビュー40周年を迎えた「サザンオールスターズ」を
クローズアップしてきた7月のJ-POP LEGEND FORUM。
1978年6月の「勝手にシンドバッド」での衝撃のデビューから
国民的バンドに成長した40年を
歴代のレコーディング・エンジニアをお迎えして、
そのオリジナル・アルバムを辿っていきます。

ラストとなる今回お迎えしたレコーディング・エンジニアは
現在もサザンとともに行動している現在進行形
5代目のレコーディング・エンジニア「中山佳敬」さん。
2006年のシングル「DIRTY OLD MAN〜さらば夏よ〜」から
いよいよリリースされるプレミアム・アルバム「海のOh!Yeah」まで
中山さんがサザンとともに歩んだ月日を辿ります。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、中山佳敬さんと
中山さんが担当した作品を手にした田家秀樹さん。

7月23日の放送は〜[7.23 mon]

デビュー40周年を迎えた「サザンオールスターズ」を
クローズアップしている7月のJ-POP LEGEND FORUM。
1978年6月の「勝手にシンドバッド」での衝撃のデビューから
国民的バンドに成長した40年を
歴代のレコーディング・エンジニアをお迎えして、
そのオリジナル・アルバムを辿っていきます。

Part-4の今回お迎えしたレコーディング・エンジニアは
90年代からサザンのレコーディングに携わるようになった
4代目のレコーディング・エンジニア「林 憲一」さん。
94年の桑田佳祐さんのソロ「孤独の太陽」、
95年、サザンの「YOUNG LOVE」、98年「SAKURA」、
02年、桑田さんのソロ「ロックンロールヒーロー」、
2005年の「キラーストリート」までの16年間を担当された林さん、
スタジオで経験されたサザン40年の後半部分の全貌を
証言してくださいました。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、林 憲一さんと
林さんが担当した3枚のアルバムを手にした田家秀樹さん。

7月16日の放送は〜[7.16 mon]

デビュー40周年を迎えた「サザンオールスターズ」を
クローズアップする7月のJ-POP LEGEND FORUM。
1978年6月の「勝手にシンドバッド」での衝撃のデビューから
国民的バンドに成長した40年を
歴代のレコーディング・エンジニアをお迎えして、
そのオリジナル・アルバムを辿っていきます。

Part-3の今回お迎えしたレコーディング・エンジニアは
3代目のレコーディング・エンジニア「今井邦彦」さん。
85年のAlbum「KAMAKURA」にアシスタントとして参加して、
86年の「KUWATA BAND」から
90年の「SOUTHERN ALL STARS」「稲村ジェーン」、
92年の「世に万葉の花が咲くなり」と
サザンのサウンドが多様化していった時代のレコーディングを支えた
今井さんのリアルな証言が飛び出します。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、新曲「壮年JUMP」のプロモCDを手にした今井邦彦さんと
今井さんが担当した3枚のアルバムを手にした田家秀樹さん。

7月9日の放送は〜[7.8 sun]

デビュー40周年を迎えた「サザンオールスターズ」を
クローズアップする7月のJ-POP LEGEND FORUM。
1978年6月の「勝手にシンドバッド」での衝撃のデビューから
国民的バンドに成長した40年を
歴代のレコーディング・エンジニアをお迎えして、
そのオリジナル・アルバムを辿っていきます。


Part-2の今回お迎えしたレコーディング・エンジニアは
82年のAlbum「NUDE MAN」から85年の「KAMAKURA」までの
レコーディングを担当した「池村雅彦」さん。
実は、アマチュア時代からサザンオールスターズと交流があった池村さん、
人気バンドとしてのサザンとの再会、
そして、レコーディング現場で目撃したサザンのサウンドの飛躍など、
音楽制作を共にした人物ならではのリアルな証言が飛び出します。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、担当した4枚のアルバム・ジャケットを手にした
池村雅彦さんと田家秀樹さん。

7月のLEGEND ARTISTは「サザンオールスターズ」![7.2 mon]

7月のJ-POP LEGEND FORUMは
デビュー40周年を迎えた「サザンオールスターズ」。
1978年6月の「勝手にシンドバッド」での衝撃のデビューから
国民的バンドに成長した40年を
歴代のレコーディング・エンジニアをお迎えして、
そのオリジナル・アルバムを辿っていきます。


Part-1の今回お迎えしたレコーディング・エンジニアは
1st Album「熱い胸さわぎ」から4th Album「ステレオ太陽族」の
レコーディングを担当した「猪俣彰三」さん。
サザンを担当することになったきっかけから、
ブレイクしていくサザンをスタジオで見つづけていた猪俣さんの
当時のリアルな証言が飛び出します。
ご期待ください。
                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、担当した4枚のアルバム・ジャケットを手にした
猪俣彰三さんと田家秀樹さん。

6月25日の放送は〜[6.25 mon]

デビュー38年目に突入した
「STARDUST REVUE」をフィーチャーしてきた
6月のJ-POP LEGEND FORUM。
60年代70年代のロック、ポップスの様々な要素を消化し、
独自のエンターテインメントスタイルを確立した
日本屈指のライブバンドの軌跡を辿ってきましたが、
ラストとなる今回は、
前回にひきつづきライブバンドとしての
「STARDUST REVUE」をクローズアップ。
フロントマン根本要さんをお迎えして
スタレビのバンド・ヒストリーを
そのLive Takeとともに掘り下げます。
スタレビが作り上げたエンターテインメントスタイルの
根幹が語られます。ご期待ください。

                (text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、最新シングル「世界はいつも夜明け前」。


現在、体調不良により療養されている根本要さんですが、
今回の放送は、根本さんが体調を崩される前に収録したものです。