FM COCOLO

  • Whole Earth Stationとは?

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Now On Air
DJ

NIGHT AQUARIUM[24:00-01:00|DJ:森 大輔

「かわりゆく変わらないもの」=R&B。週末の夜に心地よいメロー・バイブをお届けする1時間プログラム!
Next Program
DJ

WEEKEND ALLEY[|DJ:トミー(AI)

週末の深夜だからこそゆっくり聞きたい音楽の数々。AI DJトミーがお届けする時間を夜明けまで一緒にお過ごしください。
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

番組ブログ最新の番組情報をお届けします

J-POP LEGEND FORUM

3月は「中島みゆきラスト・ツアー "結果オーライ"」をクローズアップ![3.7 mon]

3月のJ-POP LEGEND FORUMは、2月にリリースされた「中島みゆき」Live Album「ラスト・ツアー "結果オーライ"」の全曲紹介。2020年1月から6月までの全24本を予定していたにもかかわらず、コロナ禍の影響で8本を終えたところで中止になってしまったこのラスト・ツアーの貴重な記録とも言うべきこの2枚組Live Albumを中島みゆきさんの音楽監督/プロデューサー/アレンジャー:瀬尾一三さんをお迎えしてひもときます。
Part-1の今週は、Disc-1の前半にフォーカス。それぞれの楽曲に関することはもちろん、このLive Albumが誕生したいきさつやステージの様子など、瀬尾一三さんの貴重な証言が飛び出します。ご期待ください!


(text  番組ディレクター 鹿野 明)

2月28日の放送は〜[2.28 mon]

昨年末に70歳を迎えた「ミッキー吉野」にフォーカスしてきた2月のJ-POP LEGEND FORUM。ザ・ゴールデン・カップスへの参加からGodiegoでの成功、そして、現在に至るまでの「ミッキー吉野」の軌跡を2月2日にCDリリースされた70歳記念アルバム「Keep On Kickin' It」を通じてたどってきましたが、今週はその最終週。先週にひきつづき、ご本人:ミッキー吉野さんをお迎えして、70歳記念アルバム「Keep On Kickin' It」に収められた楽曲の解説とそのオリジナル・ヴァージョンをご紹介しながら、ミッキーさんの活動の歴史を掘り下げます。ミッキー吉野さんの音楽に対する意識が語られる1時間をお聴き逃しなく!

(text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真はミッキー吉野さん70歳記念アルバム「Keep On Kickin' It」。

2月21日の放送は〜[2.21 mon]

昨年末に70歳を迎えた「ミッキー吉野」にフォーカスしている2月のJ-POP LEGEND FORUM。ザ・ゴールデン・カップスへの参加からGodiegoでの成功、そして、現在に至るまでの「ミッキー吉野」の軌跡を2月2日にCDリリースされた70歳記念アルバム「Keep On Kickin' It」を通じてたどっています。
part-3の今週は、ご本人:ミッキー吉野さんの登場。2週にわたって、70歳記念アルバム「Keep On Kickin' It」に収められた楽曲に関する解説とそのオリジナル・ヴァージョンをご紹介しつつ、ミッキーさんの活動の歴史を掘り下げます。ザ・ゴールデン・カップス、アメリカへの音楽留学、Godiegoでの活動など、多岐にわたるミッキー吉野さんの経験談にご期待ください!


(text  番組ディレクター 鹿野 明)

2月14日の放送は〜[2.13 sun]

昨年末に70歳を迎えた「ミッキー吉野」にフォーカスしている2月のJ-POP LEGEND FORUM。ザ・ゴールデン・カップスへの参加からゴダイゴでの成功、そして、現在に至るまでの「ミッキー吉野」の軌跡を2月2日にCDリリースされた70歳記念アルバム「Keep On Kickin' It」を通じてたどっています。
part-2の今週は、前回にひきつづきアルバムのプロデューサー:亀田誠治さんを迎えての「Keep On Kickin' It」全曲紹介後半です。各楽曲に関する解説やレコーディング内容の詳細、そして、この作品制作を通じて感じたことなど、ミッキーさんをリスペクトする亀田さんの熱い想いが語られます。ご期待ください!


(text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真はミッキー吉野さんの70歳記念アルバム「Keep On Kickin' It」。

2月は「ミッキー吉野」にフォーカス![2.7 mon]

2月のJ-POP LEGEND FORUMは、昨年末に70歳を迎えた「ミッキー吉野」にフォーカス! ザ・ゴールデン・カップスへの参加からゴダイゴでの成功という「ミッキー吉野」の軌跡を2月2日にCDリリースされた70歳記念アルバム「Keep On Kickin' It」を通じてたどっていきます。
part-1/part-2は、アルバムのプロデューサー:亀田誠治さんを迎えての「Keep On Kickin' It」全曲紹介。今週はその前半です。アルバム誕生のいきさつからレコーディング内容の詳細など、ミッキーさんをリスペクトする亀田さんの熱い想いが語られます。ご期待ください!


(text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、収録後の亀田誠治さんと田家秀樹さん。

1月31日の放送は〜[1.31 mon]

名曲「プカプカ」とともに関西フォークを代表する存在として語り継がれる「西岡恭蔵」にフォーカスしている1月のJ-POP LEGEND FORUM。11月に発売されたノンフィクション「プカプカ 西岡恭蔵伝」の著者:中部博さんをゲストに「西岡恭蔵」の足跡とその人物像をひもといてきましたが、今週はその最終章。晩年の「西岡恭蔵」を90年代の作品を通じて解き明かします。病気からの復帰と愛妻KUROさんとの死別に直面した恭蔵さんの当時の様子を中部博さんの心情を交え語っていただきました。お聴き逃しなく。


(text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、収録後の中部博さんと田家秀樹さん。

1月24日の放送は〜[1.24 mon]

名曲「プカプカ」とともに関西フォークを代表する存在として語り継がれる「西岡恭蔵」にフォーカスしている1月のJ-POP LEGEND FORUM。11月に発売されたノンフィクション「プカプカ 西岡恭蔵伝」の著者:中部博さんをゲストに「西岡恭蔵」の足跡とその人物像をひもといています。
part-4の今週は、世界を旅しながらの創作活動を経て、次なるテーマを模索していた「西岡恭蔵」を襲った病魔との戦いの日々を振り返ります。作詞作曲に支障をきたすほどの病に見舞われた恭蔵さんが見出したパーマネントなバンド活動を通じて、当時の心情を解き明かします。ご期待ください!


(text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、「プカプカ 西岡恭蔵伝」の表紙にも使われている在りし日の西岡恭蔵さん(撮影:北畠健三)

1月17日の放送は〜[1.17 mon]

名曲「プカプカ」とともに関西フォークを代表する存在として語り継がれる「西岡恭蔵」にフォーカスしている1月のJ-POP LEGEND FORUM。11月に発売されたノンフィクション「プカプカ 西岡恭蔵伝」の著者:中部博さんをゲストに「西岡恭蔵」の足跡とその人物像をひもといています。
part-3の今週は、愛妻KUROさんとともに世界を旅しながらの創作活動を行った「西岡恭蔵」をクローズアップ。ロサンゼルスでのレコーディングやエキゾシチズムあふれたサウンド志向を示した70年代後半から80年代初頭の恭蔵さんの動向とその心情が解き明かされます。ご期待ください!


(text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、著書「プカプカ 西岡恭蔵伝」を手にした中部博さんと田家秀樹さん。

1月10日の放送は〜[1.10 mon]

名曲「プカプカ」とともに関西フォークを代表する存在として語り継がれる「西岡恭蔵」にフォーカスしている1月のJ-POP LEGEND FORUM。11月に発売されたノンフィクション「プカプカ 西岡恭蔵伝」の著者:中部博さんをゲストに「西岡恭蔵」の足跡とその人物像をひもといています。
part-2の今週は、活動の拠点を東京に移した70年代中頃の「西岡恭蔵」を細野晴臣との関係を中心にクローズアップします。はっぴいえんど時代から交流のあった恭蔵さんと細野さんですが、その深いつながりとは何なのか? ふたりの共作作品を通じて解き明かします。ご期待ください!


(text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、小学館から発売されている中部博さんの著書「プカプカ 西岡恭蔵伝」。

明けましておめでとうございます。[1.2 sun]

2022年最初のJ-POP LEGEND FORUMは「西岡恭蔵」にフォーカス!
数多くのカバーを生んでいる名曲「プカプカ」とともに関西フォークを代表する存在として語り継がれる「西岡恭蔵」を11月に発売されたノンフィクション「プカプカ 西岡恭蔵伝」を通じてひもときます。ゲストは、その著者:中部博さんです。
part-1の今週はデビュー前後の「西岡恭蔵」をクローズアップ。中部さんの著書や取材の内容を紹介しつつ、「西岡恭蔵」の音楽的バックグラウンドや伝説の喫茶店「ディラン」のことなど、1970年前後の「西岡恭蔵」に迫ります。ご期待ください!


(text  番組ディレクター 鹿野 明)

写真は、番組内でオンエアした「プカプカ/ディランⅡ」の貴重なURCオリジナル・シングル盤を手にした中部博さんと「プカプカ 西岡恭蔵伝」を手にした田家秀樹さん。