FM COCOLO

  • Whole Earth Stationとは?

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Now On Air
DJ

PRIME STYLE FRIDAY[10:00-14:00|DJ:山添 まり


アーティスト:清水ミチコ  日程:12月16日(金)  会場:フェスティバルホール  START:午後6時30分スタート  一般発売


▽10時台
「ニチレクENRICH YOUR LIFE」
お家でできるDIYや簡単レシピなど、
生活・暮らしを豊かにする為のヒントをお届け!
 
▽11時台
「RESERVE CODE」
注目のアーティストやイベントをピックアップして
チケット先行受付を行います!
今日は、清水ミチコさん のライブチケット
抽選受付。
 
▽12時台
「JOSHIN JOYFUL FEELIN」
今、イケてる「ヒト・モノ・コト」を
ピックアップして魅力を語ります!
今週は、映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』に
出演、香取慎吾さんをピックアップ!
リスナーのみなさんの思う
「香取慎吾さんの魅力」もぜひ教えてください!
 
<JOSHINからのプレゼント>
『Panasonic ハンドブレンダー
MX-S302(ホワイト)』1名にプレゼント!
 
▽1時台
「MIND UPDATE」
気になる書籍や「PEN」「FIGARO」の
最新情報をお届けします!
今日は「PEN」最新号をご紹介。
 

プレゼントのご応募は、
FM COCOLOのホームページ、
リクエスト・プレゼントのバナーから!
この番組『PRIME STYLE FRIDAY』を選んで、
プレゼント欄に「ハンドブレンダー」と
希望がわかるように書いてご応募ください!
 
受付は、午後1時30分まで、
当選者は番組エンディングで発表!
 

★ この番組のツイッターアカウント
「PRIME_STYLE」のフォローもお願いします!
ハッシュタグは「#PS765」


Next Program
DJ

THE MAGNIFICENT FRIDAY[|DJ:加美 幸伸

音楽を中心に、演劇や舞台などエンタメ情報を現場感たっぷりにご紹介するプログラム。各ジャンルから多彩なゲストをお迎えします。
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

番組ブログ最新の番組情報をお届けします

Amusic Diner

9月の DJは #ハンバートハンバート ( @humbert_info ) 3回目のブログ。最終回のオンエアは9/25(日)朝8時から[9.24 sat]

  ハンバート ハンバート  佐野遊穂、佐藤良成の二人が、
  自身が影響を受けてきた音楽や、
  これまでのキャリアで出会ってきた音楽の中から、
  ラジオから今届けたい楽曲を本人たちの言葉で紹介
  全4回放送の期間限定スペシャル・プログラムです


  連休といえば・・・の過ごし方〜〜〜
  佐藤良成→なんかしなければいけないと思うアクティビティーを求める
  佐野遊穂→ 家でゴロゴロするのが好きなんてお話から番組はスタート

  M.1 私のマサラ  /  ハンバート ハンバート
  ↑
  NEW ALBUM「丈夫な私たち」収録曲の中で唯一、昔からあった曲
  歳を重ねて15年ぶりにレコーディングしてようやく完成!

  
  3回目の選曲テーマは、
「敬老の日」にちなんで「今も生きてる尊敬するLEGEND特集」

【前半 : 佐野遊穂セレクト】
  M.2>MIDNIGHT AT THE OASIS  /  Maria Muldaur
  ↑
  昔、バンドメンバーだった大槻さんに借りて気に入ってて
  2008年、京都磔磔に、当時65歳の彼女のLIVEを観に行って、
  貫禄はもちろん、チャーミングなところがいいなぁ、
  こういう感じになりたいな〜っと
  M.3>それはスポットライトではない  /  金子マリ & バックスバニー  
  ↑
  マリア・マルダー と同じく、貫禄あるのに、とてもチャーミングなレジェンド
  LIVE音源による録音ですが、こんなに綺麗な音源ができるのは、
  凄すぎてまいっちゃうなぁ
  歌って性格やその人柄が出る、
  そして、金子マリさんは、自分が歌になってるような歌い方をするすごい人
  M.4> ハートランド  /  大工哲弘
  ↑
  2003年のハンバート ハンバート のレコーディングを一緒にやっていた
  関島岳郎さん(チューバ)に教えてもらってからの愛聴盤「蓬莱行」に収録の曲
  2008年 くるり主催 京都音楽博覧会で実際にお会いして、
  2016年にツーマンLIVEが実現!うれしかった。


【後半 : 佐藤良成セレクト】
  M.5> La Grange  /  ZZ Top
  ↑
  ナッシュビルに旅行に行った時立ち寄ったレコードショップで
「トラッカー」ていうレコード棚があって
  車で長距離移動時、聞くのが適してるジャンルの音楽だと知って
  その音楽の良さが、そこでわかった・・・レジェンドの1曲
  1曲目に流した「私のマサラ」は、この曲を意識して演奏してみたら
  それがとっかかりになって今回完成したという曲でもあります。

  M.6> LONG AND WASTED YEARS  /  Bob Dylan
  ↑
  一枚目から、いつも、どんなスタイルでもず〜〜っと好き。
  
  M.7> うた  /  大塚まさじ
  ↑
  高校時代から好きでLIVEに行ってたりして
  一緒にLIVEもやったりするようになって、
  2005年に初めて出演した「春一番」から、毎年、お会いしたりして
  仲良くなって
  携帯番号の電話を教えてもらった時、
「自分の携帯のメモリーに大塚まさじって入ってる。感慨深い」
  というくらい嬉しかったレジェンドとのエピソードとともに、大好きな曲を
  
  M.8> うちのお母さん  /  ハンバート ハンバート

<リリース情報>
ハンバート ハンバート『丈夫な私たち』
2022.09.07 Release
[初回限定盤 (CD+Blu-ray)] DDCB-94032/5,500円
*Blu-rayには2021年9月22日Bunkamuraオーチャードホールで開催された『THIS IS FOLK』のライブ映像をフル収録予定
[通常盤 (CD)] DDCB-14079/3,300円

<ライブ情報>
ハンバート ハンバート ツアー2022「私たちはしぶとく歌う」神戸公演
【公演日】2022年10月7日(金) 19:00開演
【会場】神戸国際会館こくさいホール
【料金】前売チケット(指定席) S席6,800円 / A席6,000円(税込)
※問い合わせ先:グリーンズ 06-6882-1224

ハンバート ハンバート公式サイト
https://humberthumbert.net/

9月の DJは #ハンバートハンバート ( @humbert_info ) 2回目のブログ[9.12 mon]

  ハンバート ハンバート  佐野遊穂、佐藤良成の二人が、
  自身が影響を受けてきた音楽や、
  これまでのキャリアで出会ってきた音楽の中から、
  ラジオから今届けたい楽曲を本人たちの言葉で紹介
  全4回放送の期間限定スペシャル・プログラムです


  〜〜〜休日の朝〜〜〜
  夏休みの期間、「ストレンジャー・シングス」を、
  朝6時半に必ず再生開始。
  みんな目を閉じたままゾンビのように起きてきて、
  始まるとわくわく鑑賞、
  そして、見終わった後に、また目を閉じるなんてこともある
  早起き活動やってました。

  そんな休日朝話から、「半分閉じてる目をこじ開ける気分」で
  休日朝のWAKE UP MUSICからスタート
  M.1>Welcome To The Jungle  /  GUNS N' ROSES
   
  2回目の選曲テーマは、NEW ALBUM「丈夫な私たち」から、  
  みなさんに聞かせたい曲をたっぷりお届け。
  ●今回、ALBUMタイトルはどのようにして決まったか?
     そんなお話から、
   今回のアルバムを聞いた方から
   「追い求める」というテーマでは?と気付かされたり
  歌詞の中に、「手紙」が出てくる曲が多いということで
  「曲って手紙みたいなもんだよね。」という気付きがあったり
    みなさんにこの手紙(=ALBUM)を受け取って欲しいなという気持ちで、
    それぞれ聴かせたい3曲を選びました。

【前半 : 佐野遊穂セレクト】
  M.2>岬  / ハンバート ハンバート
  M.3>もうくよくよしない  /  ハンバート ハンバート
  M.4>旅立ちの季節  /  ハンバート ハンバート

【後半 : 佐藤良成セレクト】
  M.5> ふたつの星  /  ハンバート ハンバート
  M.6> 返事を書こう  /  ハンバート ハンバート
  M.7> 夢の中の空  /  ハンバート ハンバート

  M.8>Never Ending Story  /  LIMHAL

それぞれの楽曲の面白エピソードは、タイムフリーでチェック
*9月18日(日)まで聴くことができます。

Amusic Diner | FM COCOLO | 2022/09/11/日  08:00-09:00    
radiko.jp/share/?sid=CCL&t=20220911080000


<リリース情報>
ハンバート ハンバート『丈夫な私たち』
2022.09.07 Release
[初回限定盤 (CD+Blu-ray)] DDCB-94032/5,500円
*Blu-rayには2021年9月22日Bunkamuraオーチャードホールで開催された『THIS IS FOLK』のライブ映像をフル収録予定
[通常盤 (CD)] DDCB-14079/3,300円

<ライブ情報>
ハンバート ハンバート ツアー2022「私たちはしぶとく歌う」神戸公演
【公演日】2022年10月7日(金) 19:00開演
【会場】神戸国際会館こくさいホール
【料金】前売チケット(指定席) S席6,800円 / A席6,000円(税込)
※問い合わせ先:グリーンズ 06-6882-1224

ハンバート ハンバート公式サイト
https://humberthumbert.net/

9月の DJは #ハンバートハンバート ( @humbert_info ) 1回目のブログ[9.7 wed]

ハンバート ハンバート  佐野遊穂、佐藤良成の二人が、
自身が影響を受けてきた音楽や、これまでのキャリアで出会ってきた音楽の中から、
ラジオから今届けたい楽曲を本人たちの言葉で紹介
全4回放送の期間限定スペシャル・プログラムです


〜〜〜休日の朝〜〜〜
上半身が起きあがるまで時間がかかり、立ちあがるまでも時間がかかるという
起きるのが苦手な佐野遊穂さん。
その間に、佐藤良成さんが、
朝ご飯の支度を始めるという休日の朝ごはん事情は
★パンが多い!
★おかずが多い!

そんな休日朝話から番組がスタート!

初回の選曲テーマは「旅」
9/24(土)から久しぶりに、全国ツアー「私たちはしぶとく歌う」スタート
にちなんで、旅にまつわる曲をセレクトしました。
  M.1>旅立ちの季節 / ハンバートハンバート

【前半 : 佐藤良成セレクト】
  M.2> I'll Be Your Baby Tonight / BOB DUYLAN
  90年代前半、高校1年生の時、
  友達と一緒に、深夜バスで秋田に旅行に行った時、
  長い移動で、全然眠れず、
  窓越しに見る夜景と静かな時間を思い出す旅の1曲 

  M.3> Spanish Stroll / Mink Deville
  95年 高校2年生の時、
  父親の出張についていって、パリとロンドンに行った時
  日本への帰りの飛行機の中
  機内放送の音楽チャンネルで流れてきた曲。
  かっこいいと思ってメモしていた曲が、
  何年後かに手に入れたという忘れられない、
  旅での出会った思い出の曲

  M.4>Sound Of Love / James Iha
  2001年 初めて友達とサンフランシスコに旅行した時の話。
  空港から、街中に出るまで、バスで移動中
  友達が「これ聞いてみな?」って教えてくれた曲
  初めて降りた、アメリカの昼下がりの空気の中を思い出す
  旅の思い出の曲

  M.5>浪漫飛行 / 米米クラブ
  旅といえばこれかな?ってイメージでセレクト
  TVをよく見ていた頃
  航空会社のTV CMで流れていて、
  飛行機乗って沖縄に旅行するって、すごく華やかなイメージがあって 

  M.6>Fiddlers's Bid Ode To Joy / Fiddlers' Bid
  シェトランドで盛んな楽器フィドルの伝統的なチューンを
  現代的なアレンジで熱く演奏することで知られているインストバンド
  日本に来日した時、一緒にLIVEやったりレコーディングもして仲良くなって
  2011年スコットランドのケルトミュージックのフェスに誘われて、
  ハンバート ハンバート が初めて海外のLIVEをやったり、
  とても楽しかった旅の思い出の曲

  M.7>ルージュの伝言 / 荒井由美
  佐藤 [この歌の主人公は、ほうきに乗ってないの?]というツッコミに
  佐野 [ジブリの魔女の宅急便の主題歌としても有名ですね。
      ゴトゴト電車のリズムで、この歌の主人公は、
          電車に乗って遠くに行くというところがあるから、旅の歌かな?」
  ってセレクト

  M.8>岬 / ハンバート ハンバート

<リリース情報>
ハンバート ハンバート『丈夫な私たち』
2022.09.07 Release
[初回限定盤 (CD+Blu-ray)] DDCB-94032/5,500円
*Blu-rayには2021年9月22日Bunkamuraオーチャードホールで開催された『THIS IS FOLK』のライブ映像をフル収録予定
[通常盤 (CD)] DDCB-14079/3,300円

<ライブ情報>
ハンバート ハンバート ツアー2022「私たちはしぶとく歌う」神戸公演
【公演日】2022年10月7日(金) 19:00開演
【会場】神戸国際会館こくさいホール
【料金】前売チケット(指定席) S席6,800円 / A席6,000円(税込)
※問い合わせ先:グリーンズ 06-6882-1224

ハンバート ハンバート公式サイト
https://humberthumbert.net/

8月の DJは GRAPEVINE 田中和将 (@news_grapevine) が担当 〜4回目 最終回のブログ〜[8.28 sun]

今年25周年のGRAPEVINE 田中和将が、
全国ツアーの合間をぬって、夏をテーマに自身が選曲したナンバーを毎週紹介。

最終回の選曲テーマ★LATE SUMMER〜THE END OF SUMMER★
〜夏の暮れ、夏の終わりに聴きたい音楽の中から
 朝に心地よく聴ける、聞かせたいMUSICを、気の赴くままにセレクト〜

[ ロックアーティストの粋な暑さの凌ぎ方は? ]
1・昼からビールなんか飲むと、
    余計に水分を奪われるから良くないなと思います。と言いつつ、
  「梅干しとオクラ」がとてもよく、それをビールのつまみにするのがいい!
2・江戸文化にハマってるので、文献や、時代劇を見て、
    きっと今の夏より、暑さはましだったんじゃないかな?と感じて
    ちょっとひんやりする。
〜そんな、夏TALKからスタートした最終回のPLAYLISTはこちら

*1曲めは最多リクエスト数いただいた夏曲を。
   ↓
   M.1 SPF /  Grapevine
*The Rolling Stones好きとして、Stones関連の曲 まだかけてなかったので
   86年「Dirty Work」に収録されてる曲のオリジナルを。
 ↓
   M.2 Harlem Shuffle  /  Bob & Earl
*5~6年前から注目していた、USインディーらしさ全開のBANDの最新曲を。
   田舎臭い、いいメロディーで、センテンスも長く、ダラ〜っとしてて
 いわゆる「エモい」て感じじゃないエモさがあっていいなぁっと・・・
   ↓
   M.3 Habitat  /  Pinegrove
*ロンドンの才能のあふれる3人組のかっこいい2020年のALBUMから
   メンバーの一人「Inflo」はADELEやLittle Simzのプロデューサーとしても有名
 ↓
   M.4 Free  /  Sault
*高校時代、名盤探検隊だった田中和将が、
 夏の海に出かけるときに持って行ったラジカセから流すために
 好きな曲をセレクトして作ったカセットテープ。
 そこに入れていたPLAYLISTから思い出した夏ソング!
 アイルランドのスーパーロックバンドの曲を。 
 ↓
 M.5 The Boys Are Back In Town  /  Thin Lizzy
 *最近のイギリスのシンガーソングライターから
   ↓
 M.6 Open A Window  /  Rex Orange County feat. Ttyler The Creator
*GRAPEVINE好きのリスナーならおなじみかも?
 きっと今こうしてRADIOをやってる間もきっと
 アメリカ全土をLIVEで回ってるんじゃないかあん?っていうくらい強靭なLIVE BAND
 1977年の王道の夏の名曲
   ↓
   M.7 Ridin' In My Car  /  NRBQ
*田中和将自ら選んだGRAPEVINEの夏ソング
 リクエスト来てなかったけど1ヶ月の締めとしてセレクト
 ↓
 M8 IPA  /  Grapevine

<ライブ情報>
■grapevine in a lifetime presents another sky
 公演日時:2022/9/25(日) OPEN 16:00 / START 17:00
 会場:大阪城音楽堂
 チケット料金:[全席指定] 6,000円(税込)
 ※未就学児童のご入場はお断り致します
 お問い合わせ:サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp
 06-6357-4400(平日 12:00-15:00 ※祝日を除く)

<GRAPEVINE オフィシャル>
https://lit.link/GRAPEVINE        

8月の DJは GRAPEVINE 田中和将 (@news_grapevine) が担当 〜3回目のブログ〜[8.21 sun]

今年25周年のGRAPEVINE 田中和将が、
全国ツアーの合間をぬって、夏をテーマに自身が選曲したナンバーを毎週紹介。

3回目は 
★[ SUMMER FESTIVAL ] をテーマに選曲
 1・番組前半は、これまで、夏フェス思い出の曲をセレクト。
 2・ 番組後半は、FUJI ROCK FESTIVAL '22 GRAPEVINE LIVE音源をオンエア!

Playlistはこちら
* [一般的な夏SONGとはちょっと違った視点からの選曲が楽しいです。]
  というメッセージいただいた、
    大阪のラジオネーム トリップさんのリクエストをセレクト
    ↓
    M.1  EAST OF THE SUN   / GRAPEVINE

* [ 夏フェス 思い出の曲 1  ]
    [ 好きだ好きだ ] と言ってたら
    1999年渋谷クラブクアトロの来日公演でオープニングアクトをやらせてもらい
  翌年、GRAPEVINEが初めて出演した
    2000年のFUJI ROCK のGREE STAGEにも出演した
  シンガーソンングライターの思い出の曲を
    ↓
  M.2 MISS MISERY  /  ELLIOTT SMITH

* [ 夏フェス 思い出の曲 1  ]
  アメリカはオースティンの街中がライブハウスになって開催される
    [ サウスバイサウスウェスト ]
    2009年に出演したとき、
    教会でLIVEをやってるのを見て、すごく良い出会いだったARTISTの曲を
    ↓
    M.3 HOLD TIME  /  M.WARD

*ここ近年聞いてたBANDが、今年のFUJI ROCK3日目に出演!
   実際、見たらメンバー一人いなくなってて、新曲ばかり演奏。 
   でも、すごくよかったので、ということで
   FUJI ROCK FESTIVAL ’22のLIVE音源から
 ↓
 M.4 THE WRONG TROUSERS (FUJI ROCK FESTIVAL ’22 LIVE音源)

*GRAPEVINE
   7/30 16:00〜RED MARQUEEのLIVE音源から〜
 ↓
   M.5 NOS  /  GRAPEVINE (FUJI ROCK FESTIVAL ’22 LIVE音源)
   M.6 GIFTED  /  GRAPEVINE (FUJI ROCK FESTIVAL ’22 LIVE音源)

*2002年ALBUM「anothe sky」から
 大阪じゅびこさんのリクエストをセレクト
 ↓
 M.7 COLORS  /  GRAPEVINE

* [ 田中さんに、早朝のイメージはあんまりありませんが・・・ ]
   というメッセージに「やかましわっ」とツッコミ入れつつ
   愛知県のみゅうさんのリクエストにお答えして
   2017年「ROADSIDE PROPHET」から
   ↓
 M.8 楽園で遅い朝食  /  GRAPEVINE



<ライブ情報>
■grapevine in a lifetime presents another sky
 公演日時:2022/9/25(日) OPEN 16:00 / START 17:00
 会場:大阪城音楽堂
 チケット料金:[全席指定] 6,000円(税込)
 ※未就学児童のご入場はお断り致します
 お問い合わせ:サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp
 06-6357-4400(平日 12:00-15:00 ※祝日を除く)

<GRAPEVINE オフィシャル>
https://lit.link/GRAPEVINE        

8月の DJは GRAPEVINE 田中和将 (@news_grapevine) が担当 〜2回目のブログ〜[8.14 sun]

今年25周年のGRAPEVINE 田中和将が、
全国ツアーの合間をぬって、夏をテーマに自身が選曲したナンバーを毎週紹介。

2回目は 
★大好きな友人(先輩・後輩)の夏ソング
★SUMMER DRIVIN’ MUSIC
〜田中和将が思う 夏の朝から心地いいドライビングMUSIC を織り交ぜての1時間

田中和将が、大阪に住んでた青春時代のドライブスポットは
●当時、「エアコンかけたら車に悪い。」説を唱える友達とドライブした、
  ひたすら 暑いドライブの思い出の地は、須磨
●免許取ってからは、和歌山は、白浜。京都は、天橋立など、
 音楽かけながらドライブ楽しんでいました!

〜というエピソードとともに作ったSUMMER PLAYLISTはこちら
 ↓
 M.1 白日  /  GRAPEVINE
*BLUESとHIPーHOPの相性がいいなぁというG.LOVEの最新作は、
 ドライブにちょうどいいかな?と
 G.LOVEソロ名義でリリースした今年の最新アルバムから    
 ↓           
 M.2  Love from Philly (feat. Schoolly D & Chuck Treece)  /  G.Love
*尊敬する先輩 山口洋さんが   プロデュースした
 石垣島のシンガーソングライターの作品    
 ↓   
 M.3  Travis  /  G.Yoko
*少し前に対談させてもらった大ファンの作家・町田康が
 2016年頃からやりはじめたバンドのALBUMが、全曲良かったので、
 そこから
 ↓
 M.4  揺れていた花びら  /   汝、我が民に非ズ
*ファレル・ウィリアムズが絶賛していた、
 サウスロンドンのシンガーソングライターの
 好きな感じの音楽、ドライブにいいかと
 ↓
 M.5  Chicken Wings  /  Samm Henshaw
*現在も精力的に音楽活動やりながら、札幌で飲み屋をやっている、松竹谷清さん、
「ど迫力で巨人」と尊敬する先輩の、吾妻光良と一緒に録音した音楽を
 ↓
M.6  知らぬまに心さわぐ  /   吾妻光良& The Swinging Boppers,松竹谷清
*SUMMER DRIVING MUSICとしてセレクト
 2000年代前半、
 N.Y. ブルックリン界隈のUSインディーのサウンドに感化された時期があって、
 その感じが、いまだに自分の中に残っているくらい、影響がでかかったなぁと・・・
 ↓
M.7  Ghost In Summer Cloths  /   Department Of Eagle
M.8  Here  /  GRAPEVIINE

<ライブ情報>
■grapevine in a lifetime presents another sky
 公演日時:2022/9/25(日) OPEN 16:00 / START 17:00
 会場:大阪城音楽堂
 チケット料金:[全席指定] 6,000円(税込)
 ※未就学児童のご入場はお断り致します
 お問い合わせ:サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp
 06-6357-4400(平日 12:00-15:00 ※祝日を除く)

<GRAPEVINE オフィシャル>
https://lit.link/GRAPEVINE       

8月の DJは #GRAPEVINE 田中和将 (@news_grapevine)   1回目のブログ[8.7 sun]

今年25周年のGRAPEVINE 田中和将が、
全国ツアーの合間をぬって、夏をテーマに自身が選曲したナンバーを毎週紹介。

1回目は 
★EARLY SUMMER MORNING に最適なROCK
 夏の始まり、もしくは、夏本番時期の朝に、心地よく聴けるROCK。
★THAT SUMMER FEELING  60’s
 夏にちょうどいい感じの大好きな60’S ナンバー
〜この2つを織り交ぜてセレクトして1時間お送りしました。

<<PLAYLIST>>
*朝にあうかどうかわからないですけど・・・笑
   DEBUT前からあった曲で、これを最初に出したら売れに売れてしまうので、
   2nd SINGLEにしたというエピソードとともに・・・
M.1 君を待つ間  /  GEAPEVINE

*まずは、EARLY SUMMER MORNING に最適なROCKを
 最近の若手ARTISTから2曲・・・
M.2 CRESCENT MOON  /  Conor Albert
M.3 Forever (Sailing)  /  Snail Mail

*THAT SUMMER FEELING  60’sから
 定期的に聴き続けて、聞くたびに覇権があるし、決して古くならない音楽
 ぶっとんでるARTISTなぁと改めて・・・
M.4 Long Hot Summer Night  /  Jimi Hendrix

*THAT SUMMER FEELING  60’sから
 大好きなイギリスのバンドの夏のスタンダードナンバーのカバーを・・・
M.5 Summertime  /  The Zombies
M.6 Feels Like Summer  /  Childish Gambino
*EARLY SUMMER MORNING に最適なROCK
 最近のARTISTから、2018年 THIS IS AMERICAで
 グラミー賞で、ソング・オブ・ザ・イヤー、レコード・オブ・ザ・イヤーを受賞した
 ARTISTのSUMMER EPからセレクト。

*ラストは、THAT SUMMER FEELING  60’s
 2人の女性ボーカルのスタンダード曲をセレクト・・・
M.7 AT LAST  /  Etta James
M.8 I Say A Little Prayer  /  Aretha Franklin

*GRAPEVINEは、
 現在、「grapevine in a lifetime Presents another sky」ツアーを開催中。
 9月25日には地元関西の大阪城音楽堂でツアーファイナル。
   2002年の5th ALBUM「Another Sky」を再現するツアーということで
 その ALBUMからSUMMER TRACKをセレクト
M.9 ナツノヒカリ  /  GRAPEVINE


<ライブ情報>
■grapevine in a lifetime presents another sky
 公演日時:2022/9/25(日) OPEN 16:00 / START 17:00
 会場:大阪城音楽堂
 チケット料金:[全席指定] 6,000円(税込)
 ※未就学児童のご入場はお断り致します
 お問い合わせ:サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp
 06-6357-4400(平日 12:00-15:00 ※祝日を除く)

<GRAPEVINE オフィシャル>
https://lit.link/GRAPEVINE

Amusic Diner ~ 押尾コータロー 最終回[7.31 sun]

本日のメニュー
M-1 ナユタ / 押尾コータロー 
M-2 鉄腕アトム(スタジオライブ)/ 押尾コータロー
M-3 チョコレイト・ディスコ  /   DEPAPEKO
M-4 久音 -KUON- feat. 梁 邦彦 ~ジョンソンアリラン変奏曲~
                     /  押尾コータロー
M-5 IN MY LIFE with Jake Shimabukuro  /  押尾コータロー 
M-6 The Last Emperor /  押尾コータロー 
M-7 ずっと … /  LOVE STRINGS 

本日のトークBGM
木もれ陽 [cinema version](アルバム「STARTING POINT」)
絆(アルバム「Eternal Chain」)
恋(アルバム「PICK POP! -J-Hits Acoustic Covers-」)
Dragon Night(アルバム「PICK POP! -J-Hits Acoustic Covers-」)
楽園(アルバム「Eternal Chain」)
TREASURE(アルバム「Nature Spirit」)
ボレロ(アルバム「Dramatic」)
again...(アルバム「Dramatic」)
FLOWER(アルバム「Encounter」)

タイムフリーでもお楽しみいただけます
全国のファンの皆さんへ、
ギター愛好家の皆さんへシェア宜しくお願いします
https://radiko.jp/#!/ts/CCL/20220731080000

押尾コータロー・ライブツアー&最新情報はこちらから
20周年特別サイト https://www.kotaro-oshio.com/20th_anniv/
公式Twitter https://twitter.com/kotaro_oshio
公式You Tube https://www.youtube.com/user/kotarooshioSMEJ

番組終了後、20周年お祝いのお花がFM COCOLOから贈られました。
一か月ありがとうございました!
本日フェスティバルホールお待ちしております。

#押尾コータロー

Amusic Diner ~ 押尾コータロー 最終回[7.31 sun]

まもなくスタートする押尾コータローのAmusic Diner最終回。
そして本日午後5時から
フェスティバルホールで20周年記念ライブが行われます。
https://www.kotaro-oshio.com/20th_anniv/

最終回の押尾コータローは、、、

たくさん届いたメッセージをいくつか紹介します。
さらに頂いたメッセージからサプライズライブ!
アニメの名曲を生演奏。
他にも思い出のコラボを曲と共に紹介。

この後8時、ご期待ください

#押尾コータロー

Amusic Diner ~ 押尾コータロー VOL.4[7.24 sun]

本日のメニュー
M-1 アイオライト  / 押尾コータロー with 葉加瀬太郎
M-2 Celebration/ T-SQUARE
M-3 Asayake / CASIOPEA
M-4 Believin'/ NANIWA EXPRESS
M-5 わがまま with  押尾コータロー/  上田正樹
M-6 瞳をとじれば feat. 押尾コータロー / カサリンチュ
M-7 同級生 with Yuuki Ozaki (from Galileo Galilei)
                                       / 押尾コータロー
M-8 Blue Sky 2022/ 押尾コータロー with 上野耕平

本日のトークBGM
太陽のダンス(アルバム「Dramatic」)
HARD RAIN(type:D)(アルバム「STARTING POINT」)
YELLOW SUNSHINE(アルバム「COLOR of LIFE」)
月のナミダ(アルバム「PANDORA」)
Hangover(アルバム「Nature Spirit」)
雨上がり(アルバム「Hand to Hand」)
旅の途中(アルバム「Eternal Chain」)
ミスティ・ナイト(アルバム「Be HAPPY」)

タイムフリーでもお楽しみいただけます
全国のファンの皆さんへ、
ギター愛好家の皆さんへシェア宜しくお願いします
https://radiko.jp/#!/ts/CCL/20220724080000

押尾コータロー・ライブツアー&最新情報はこちらから
20周年特別サイト https://www.kotaro-oshio.com/20th_anniv/
公式Twitter https://twitter.com/kotaro_oshio
公式You Tube https://www.youtube.com/user/kotarooshioSMEJ

来週最終回も素敵な朝をギターと共に彩ります。

#押尾コータロー