FM COCOLO

  • Whole Earth Stationとは?

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Next Program
DJ

PRIME STYLE SATURDAY[|DJ:山添 まり

PRIME STYLE SATURDAY
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

番組ブログ最新の番組情報をお届けします

門上西林 物見遊山

門上西林 物見遊山 【#232/2021.3.13】[3.13 sat]

今夜のトークテーマ『インタビューと対談』

<西林選曲>
I Don't Want To Talk About It/Rod Stewart

<門上選曲>
Lady Day/Lou Reed

<ラストソング/テーマ「サイモン&ガーファンクル」>
セレクター:門上武司
The Only Living Boy In New York / Simon & Garfunkel

門上武司・西林初秋が週替わりで担当する『放送後記』
今週の担当は門上さんです。
-------------------------------------------------
今夜放送のテーマは「インタビューと対談」。
1969年にアンディ・ウォーホルが編集主幹となり世界のセレブリティやアーティスト、ミュージシャンなどのクリエイターの濃密なインタビュー記事が中心の雑誌であった。その誌名まさに「Interview」。ビジュアル面もウォーホルの感覚が刺激的で、世界に影響を与えた。
その「Interview」誌と提携し1976年に日本で発刊されたのが「STUDIO VOICE」である。編集長のなかでも佐山一郎さんが、僕には印象強い。猪瀬直樹氏を起用し「日本凡人伝」を書かせたのも佐山一郎さん。そこから「ミカドの肖像」へと繋がって行くのである。佐山一郎さん自身も天才的なインタビューでその数は軽く1000名を超えるという。
近年はファッションプロデューサーである石津謙介さんの評伝「VANから遠く離れて」という2段組330ページにわたる傑作を出版した。また佐山さんが自宅マンションのベランダをプラベートカフェとして遊んでいた様子が「NAVI」という雑誌で紹介されていたのを読み、僕は憧れていた。
雑誌も元気な時代であった。