FM COCOLO

  • Whole Earth Stationとは?

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Now On Air
DJ

THE MAGNIFICENT FRIDAY[14:00-18:43|DJ:加美 幸伸


15時台…山崎彬が登場!
14時台…大黒摩季が登場!


音楽を中心に、ライブ・演劇など体感エンタメ情報を現場感たっぷりにご紹介。
裏テーマは「花金」。
おとなの皆さんの遊び方や憩いの場、楽しみ方、など、
いろいろ知りたい、教えて欲しい、そして共有して行きたいと思います。
 
17時台・18時台は、リクエスト増量。
今日は、週末華金、プレミアム・フライデー。
明日から、長期休暇という方、そうでない方も、
イカしたナンバーへのリクエストお待ちしおります。
 
あなたのゴールデンウィークの過ごし方や、お出かけの計画、
オススメのローカル・スポットなどありましたら、ぜひ教えてください。
 

▽【15時台】
演劇情報専門コーナー「ステージぴあ SPOT-LIGHT」。
 
▽【16時台】
「FRIDAY,Sound of Strings」
ギタリスト 小倉博和が、心地よいサウンドをお届け。


Next Program
DJ

BEAMS TOKYO CULTURE STORY[18:43-19:00|DJ:土井地 博(BEAMS)

昨年40周年を迎えた“カルチャーショップ”BEAMSのコミュニケーションディレクターの土井地博が、様々な分野で活躍する方をゲストに迎え、影響を受けたファッション、音楽、アートなどのカルチャーからゲストのクリエイティブの「こだわり」を紐解き、ゲストの未来のクリエイションを共有していくプログラムです。
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

番組ブログ最新の番組情報をお届けします

FROM OVERSEAS -VIETNAM-

4月27日 番組の内容[4.27 fri]

ベトナムニュース
・2017年、在米ベトナム系アメリカ人71人が強制送還された
・不動産に課税
・国連、自由発言人々の弾圧をやめるように呼びかけを

世界ニュース
・ベトナムのお茶、日本に
・レアアース、南鳥島沖に数百年分 濃縮する技術開発中
・入国管理局への届出

堺情報

日本文化
・「高山まつり」

ED
・卒業生で運営する店はミシュラン3年連続掲載「鮨 千陽」

4月20日 番組の内容[4.20 fri]

ベトナムニュース
・日本製品、ベトナムへ

世界ニュース
・来日ベトナム介護ヘルパー増加
・Itochu、ベトナム国営繊維会社の株を15%へ

日本文化
・「型染め」について

日本観光
・「大阪城」

ED

4月13日 番組の内容[4.13 fri]

ベトナムニュース
・Vietcombank新しいサービス
・4月からベトナム航空運賃値上げ

世界ニュース
・4月から食品関係値上げ
・日本は世界一安全な国
・米、対中制裁

堺情報

日本文化
・東大寺のお水取り

ED
・ベトナム・日本共同制作映画「目を閉じれば夏が見える」上映

4月6日のメニュー[4.6 fri]

ベトナムニュース
・韓国大統領がベトナム訪問

国際ニュース
・北朝鮮の指導者が訪中


ベトナム観光地&料理
・ハノイの珍味(クラゲの料理)

スポーツ
・AFCアジアカップ2019

グエン・ケイ(Kay NGUYEN)監督コメント内容[3.30 fri]

映画「仕立て屋 サイゴンを生きる(原題: Co Ba Sai Gon)」グエン・ケイ監督の
コメントパートはこちらからお聴きいただけます耳
http://radiko.jp/#!/ts/CCL/20180330052747

自己紹介
「おはようございます。映画「仕立て屋 サイゴンを生きる」の監督、グエン・ケイです」

第13回大阪アジアン映画祭(OAFF2018)での上映を迎えての気持ち
「「仕立て屋 サイゴンを生きる」は、ベトナムでは昨年11月に公開され、現在は上映されていません。私は次の企画に取り掛かっているところですが、大阪の初回上映が大盛況な上、また今日も上映していただけて新鮮な気持ちでワクワクしています」

伝統衣装アオザイとSFタイムスリップを組み合わせたきっかけ
「この作品は、若者向けの映画として制作しました。劇中のニュイの反応からわかるように、若い人々にとってアオザイは「古くて無関心なもの」です。「アオザイの映画なんてつまらない」と思われてしまわぬよう、若者に興味を持ち関心を示してもらえるよう、ファンタジーを取り込みました。また、昔のアオザイを今の人たちに、いい形で再紹介したかったのです」

プロデューサーで主人公の母も演じたゴー・タイン・バンさんとの出会い
「彼女とは、8〜9年ほど前に出会いました。14年前にベトナムで「1735km※」という映画を作りましたが、大失敗で誰にも見向きされず、私はアメリカで勉強に励みました。当時の観客には先進的すぎたようです。しかし、数年後に再上映した際好評を得て、ゴー・タイン・バンさんも観てくれていました。当時アシスタントであった彼女が作品を気に入ってくださり、「一緒に仕事をしよう」と取り組んだものの、当時は完成まで至らず、今回もう一度映画製作をした形です」
※1735kmとはハノイからサイゴンまでの距離。旅行を描いたロマンティックコメディで、外国人に名所を紹介する側面が大きかった。

主人公ニュイ役ニン・ズーン・ランゴックさんと甥トゥアン役S.T.さんのキャスティング・演出
「二人は、実生活の友人でもあります。ニン・ズーン・ランゴックさんはドラマや長編映画、都会的な女性から田舎者まで、幅広い演技をする女優です。S.T.さんは歌手で、二人の化学反応を使いたかったのです。しばしば観客から「ニュイとトゥアンの恋愛関係を観たかった」と言われますが、二人は伯母と甥という関係なので盛り込みませんでした。演出については、S.T.さんはさほど出演場面はないですが、ニン・ズーン・ランゴックさんは1969年と2017年の生き方を表すにあたり、1960年代の映画をたくさん観てもらいました。全てがゆっくりすぎて、ポージングが多くて観ていられなかったということで、いくつか特徴的な部分のみピックアップしてくれました」

撮影中の忘れられない出来事
「若いニュイが年老いたニュイと出会う場面は、本当にタイムスリップしたとも、夢の中での出来事とも受け取れます。二人は同一人物でありながら、全くの別人でもあります。一人は酔っ払い、一人は怒っているわけです。2017年のニュイを演じた女優さんは舞台で有名で、過去にニン・ズーン・ランゴックさんと仕事をしたことがあり、お互いを知っていました。口論となる場面で、舞台女優の演技はより感情的になることもあり、リアルな喧嘩で現場のスタッフが涙を流しました」

好きな場面
「選ぶのは難しいですが、やはり先述の口論のシーン、1969年からやってきた若いニュイと2017年の年老いたニュイが言い合うところは、脚本を朝3時半に起きて執筆した頃から、泣いていたほど印象的な場面です。自分で自分を責めているわけですから。終始明るい映画の中に、重みを持たせる意味もありました」

今後の活動予定
「家族を主題としたコメディを製作しています。個人の個性や人柄を築く上で、家族は最も重要だと考えるからです。母親の映画を2本撮影する予定です。いつか子供ができて、「お母さん、僕たちを放っておいて」と言われたら、「御覧なさい、あなたたちの映画を作ったのよ」と伝えたいです、まだ結婚していませんが。母だけでなく、父や兄弟姉妹についても作りたいです。「家族の映画は面白くない」と言われないよう、様々な要素を組み合わせます」

リスナーへメッセージ
「まずはラジオ局の皆様、ベトナム人リスナーの皆様、ありがとうございます。日本にはTV局との仕事で2、3回来たことがありましたが、これほど多くのベトナム人が住んでいるとは知りませんでした。一家でチケットを買って観に来てくださった方、故郷から遠く離れた地でわざわざ私の作品を観に来てくださり、感謝申し上げます。私自身もアメリカで働いているので、日本に住むリスナーの皆様と気持ちを共有することができると思います」

3月30日 番組の内容[3.30 fri]

ベトナムニュース
・アメリカ向けの魚介類関税引き上げ

世界ニュース
・円高は日本のインフレに影響?

堺情報

インタビュー

ED
・「桜」について

次週はゲストコメント♪[3.23 fri]

来週は先日第13回大阪アジアン映画祭(OAFF2018)にて
映画「仕立て屋 サイゴンを生きる」が上映された
監督グエン・ケイさんからのコメントをお送りする予定ですカチンコ

「仕立て屋 サイゴンを生きる」OAFF2018ページ
http://www.oaff.jp/2018/ja/program/c13.html

3月23日 番組の内容[3.23 fri]

ベトナムニュース
・2018年はベトナムの不動産の年になる?
・ハノイ市環境汚染

世界ニュース
・世界中、車渋滞で経済被害
・日本の資金はベトナムの製造業、小売行に

日本文化 
・「ししおどし」について

ED
・NGUYEN VAN DONG作曲家について

3月16日 番組の内容[3.16 fri]

ベトナムニュース
・ベトナム、食品浪費
・介護ヘルパーを日本へ

世界ニュース
・日本、ベトナム都市インフラに投資
・シェアサイクルを夢あるモビリティに世界が注目するFukushima Wheel

堺情報

日本文化 
・「障子」について

ED

3月9日のメニュー[3.9 fri]

ベトナムニュース
・旧正月の交通事故

国際ニュース
・日本のODA

ベトナム観光地&料理
・2018年の観光スポット

スポーツ
・平昌冬季オリンピック

エンディング
・第13回大阪アジアン映画祭(OAFF2018)で、ベトナム映画「仕立て屋 サイゴンを生きる」「昨日からの少女」上映