番組ブログ最新の番組情報をお届けします

CIAO 765

これは、「『くだらない』ことない」小説です。[7.22 mon]

Buongiorno a tutti! (ブオンジョルノ・ア・トゥッティ)
おはようございます。
どうも、僕です。野村雅夫です。

明日の9時台、朝日インテックDREAM TOGETHERのコーナーでゲストにお迎えする作家の吉村喜彦さん。この5年の間に3度目のご出演。つまりは、それだけ精力的に作品を発表しているということ。吉村さんの作品にはお酒が出てくることが多い、というよりも、基本的に酒を中心に据えつつ、そこにまつわる人々と歴史や文化を物語に物語を紡がれるスタイル。ということは、バリバリの左党である僕にとっては、勉強にもなるし、おいしい楽しいお酒を飲みたくなるしで、好きになる要素しかないという状態。

今回も新作を出されるとのことで、いち早く番組プロデューサーから書籍を受け取って表紙を見るや否や、驚きました。時代小説やん!

僕、時代小説って、実は苦手なんだよなぁ。お迎えするまであまり時間がないのだけれど、読めるかなぁ。しかも、これまで関西とか沖縄とか、僕にとって身近で縁あるところが舞台のことが多かったのだけれど、今回は江戸じゃないか。大丈夫かしら。

おそるおそるページをめくり始めて、まず驚いたのは、「くだらない」という言葉の語源を知ったこと。関西、特に灘など上方の酒が好まれた江戸の街。質の良い上方の酒は高く売れるからと江戸へ下っていくことが多い中、そんなに上等でないものは「これは(江戸へは)くだらない」と評したとか。そんなん、知らんかったよ〜〜〜〜!

と、興奮したあたりからページをめくるスピードに拍車がかかりまして、数日のうちに読み終えました。つまり、この本はくだらなくない、上等な小説でしたよ。明日のインタビューにもご期待あれ。

今週も、聴ける範囲でのおつきあい、まずは今朝11時まで、よろしくです。

▼GUEST:イラストレーター・アーティスト emma(絵馬) ▲タイムフリーで聴けます♪[7.18 thu]

野村雅夫の『CIAO 765』

10時台「ホームズ Hop Step Art」では、
今月フォーカスしているイラストレーター・アーティスト
emma(絵馬)さんへのインタビュー[前半]をお届けしました!

【【【聴き逃した方はこちらから↓】】】
radiko.jp/share/?sid=CCL&t=20240718101510

emma(絵馬)さんのイラストは、どこか懐かしくも新しい
ネオポップでカラフルなテイストが印象的ですが、
元々イラストレーターではなく、
絵本に興味があり絵本作家になりたかったそうです。

家に絵本がたくさんある環境で育ったため、
カラフルな色合いの絵から興味を持ち、
自分も書いてみたいと思うようになったとお話しされていました。

小さい頃に母親の仕事の関係で南フランスに住んだことがあり、
その時に培った色彩感覚や経験が、
今の作風に影響しているというお話もありましたね!

教育大に進んだことから絵本作家だけではなく、
他の分野にも視野を広げてみようと思ったそうで、
現在は、イラストレーター・アーティストとして
企業の Web サイト・イベントキービジュアル
広告ビジュアルなど多方面でご活躍されています!

今月プレゼントしている
emma(絵馬)さんデザインのイラストについてもお伺いしました!
タイトルは「チャレンジャー(挑戦者)」
制作する時は、ほとんどemma(絵馬)さんの中にある
ストーリーのワンシーンを描かれるそうで、
どのように制作していったのか詳しくお話ししてくださいました◎

emma(絵馬)さんデザインのアート作品プレゼントは、
来週がラストチャンスです!!沢山のご応募お待ちしています♪



emma(絵馬)さんのInstagramはこちら
▶︎ https://www.instagram.com/iemma.to.z?igsh=cGF0Mmd3NGZhOHgw


来週は、emma(絵馬)さんへのインタビュー[後半]をお届けします♪

-----------------------------------------------------------

【【【 聴き逃した方はこちらから↓ 】】】
radiko.jp/share/?sid=CCL&t=20240718101510

◆オンエアから1週間以内は、
radikoのタイムフリー機能を使って、聴き返すことができます♪

◆お気に入りの番組を友達と共有できる
「シェアラジオ」機能もぜひご活用ください!

2ショット(?)、いただきました。[7.18 thu]

Buongiorno a tutti! (ブオンジョルノ・ア・トゥッティ)
おはようございます。
どうも、僕です。野村雅夫です。

昨日プレゼントも実施した、美術館「えき」KYOTOで開催中の「みうらじゅんFES」。僕も今週行ってきましたが、会場のみならず、京都駅のあちこちに我らがMJ、みうらじゅんさんがいらっしゃるので嬉しくなります。

あの長い階段もそうだし、振り返るとあそこにも! わあ、すごいすごい! まるで推しのアイドルのイベントに参加する前後のファンの様相を呈していたおじさんが僕です。でも、これは何も間違いではなく、実際にみうらじゅんさんはずっと僕の推しでありアイドルであり続けている方なのですから。

ということで、京都タワーをバックに、みうらじゅんとの2ショット(ということにしておきたい)も撮影してまいりました。

今朝も11時まで、聴ける範囲でのおつきあい、よろしくです。

今日はプレゼントが3種類ありの日!◎[7.17 wed]

野村雅夫の「CIAO 765」

今日はプレゼントが3種類あります!!

●美術館「えき」KYOTO で開催中の
「みうらじゅん FES マイブームの全貌展 in 京都」入場チケット

→ 2 組 4 名

※8時台のコーナー「プラッと出かけ CIAO」のコーナーで
 詳しくご紹介しいます!


●今年のサマソニ(SUMMER SONIC)に出演する
「Laufey」のオリジナルグッズ 「グリーン T シャツ(Mサイズ相当)」

→ 2 名




●映画『墓泥棒と失われた女神』のオンラインムビチケ

→  1 組 2 名

※オンラインムビチケのため、メールアドレスの記載をお忘れなく!


欲しい!という方はこちら↓
https://cocolo.jp/service/Request/index/member/1060
「プレゼントを希望する」にチェックを入れて、
必要事項を記入してご応募ください◎
当選者は番組のエンディングで発表!

沢山のご応募、番組へのアクセスお待ちしています!!

初めてのルートビア[7.17 wed]

Buongiorno a tutti! (ブオンジョルノ・ア・トゥッティ)
おはようございます。
どうも、僕です。野村雅夫です。

先日大阪城音楽堂で行われた琉球フェスティバル2024。スタートから50年というイベントですが、開催していない期間もありつつ、大阪では10年ぶりというタイミングでMCとして参加できて光栄でした。

当日大車輪の活躍を見せたのが、若手のバンドHoRookies(ホルキーズ)です。うちなーポップを奏でるバンドで、メンバーみんな演奏も歌も達者なのは知っていましたが、実際にライブ・パフォーマンスを見て、ますます好きになってしまいました。

そんなHoRookiesの曲に、ルートビアというのがあります。聞いてみると、飲み物の歌らしい。

ルートビアのことをご存知なら、「まちゃお、当たり前やんけ!」ってことになるんでしょうが、知らなかった僕は普通にビールの商品名かと思ってしまいました。沖縄のこと大好きなのに、これではいかんと早速探し求めると、意外と近所に売っていたので、買って飲んでみました。

これは… 僕が行ったのは、食料品店ではなく、薬局だったのかと思ってしまう香り。飲むと、甘い。こんなのはじめて〜〜〜! 正直、飲む人を選ぶとは思うものの、歌にしたくなるくらい癖になるのもよくわかる。ハーブたっぷりで、リコリスなんかも入ってるから、意外と喉に良かったりして。

今朝も11時まで、聴ける範囲でのおつきあい、よろしくです。

特製パネルを設置![7.16 tue]

Buongiorno a tutti! (ブオンジョルノ・ア・トゥッティ)
おはようございます。
どうも、僕です。野村雅夫です。

これまでラジオでいろいろとレギュラー番組を担当してきて、実はほとんどグッズを作ってこなかった僕です。僕というか、番組で作る機会に恵まれなかったんです。プレゼント用にしろ、販売用にしろ、数えるのにほんと余裕で片手で足りるくらい。この番組だと、CIAO手ぬぐいを枚数限定で一度販売したくらいですよね。その良し悪しはここで問いたいのではありません。

僕が光栄に思うのは、局としては非公式、リスナーがそれぞれに作ってくれたアイテムならたくさんあるということ。昨日の放送前には、Xの番組タイムラインにイラストレーター辻野清和さんが僕の似顔絵付きの1000回記念イラストをポストくださいましたし、アクリルスタンドやら絵葉書やら人形やらと、DJとして、リスナーからそれぞれの想いを込めていただいたアイテムを前に嬉し涙がちょちょぎれるわけです。

これまで事務所に設置していたこのプレートも、そのひとつ。今朝からは局にある僕のロッカーに貼り付けておくことにしました。すぐに僕の場所ってわかるしね。

今朝も11時まで、聴ける範囲でのおつきあい、よろしくです。

1000回で動き出す時計[7.15 mon]

Buongiorno a tutti! (ブオンジョルノ・ア・トゥッティ)
おはようございます。
どうも、僕です。野村雅夫です。

ついに放送1000回に到達です。2019年にスタートした時はなにしろドタバタで無我夢中でしたし、月火水木かける5時間というのが途方もない長さに感じられていました。要するに、ビビっていたわけですね。前任者がヒロTさんであることも、僕のビビリに拍車をかけていたことは否めません。ガタンと放送の質が落ちたなんて思われたらどうしよう… ヒロさんが引退される数週間前、僕を生放送にゲストとして呼んでくださり、改めて紹介いただく機会がありまして、その時に僕が言った「ヒロさん、引退を撤回してくれませんか?」というのは偽らざる本音でしたもの。

そうやって始まったわけですが、ほんのり慣れたかなという頃には、コロナ禍がやって来て、またまた不慣れなことの連続。自宅や京都の事務所からのリモート生放送なんてこともありました。僕自身がコロナになってしまって休んでしまったこともありましたし、声が突然出なくなって「ささやきのマサ」と名乗りながら放送した週もありました。当たり前だけど、いろいろあって、今日1000回です。

引退した日にヒロさんからいただいたこの腕時計。おこがましくて付けられずにいたんですが、この週末に時計屋さんへ持って行って、ヒロさんからのアドバイス通り、バンドを新しくして、電池交換をしてもらいました。番組が何回続くかなんて、こればっかりは僕にはわかりませんが、いけるとこまでいってみよう。1000回目の放送、始めます。

今週も、聴ける範囲でのおつきあい、まずは今朝11時まで、よろしくです。

今日はこんくらいにしといたるわ![7.11 thu]

Buongiorno a tutti! (ブオンジョルノ・ア・トゥッティ)
おはようございます。
どうも、僕です。野村雅夫です。

一昨日、CIAO 765のブレインのおひとり、monoマガジンの土居さんがオススメしてくれたビートルズのアルバム・ジャケットを採用したジグソーパズル。リスナープレゼントも出しましたが、発売元のアップルワンさんのご厚意で、僕もいただいたんです。ホクホク自宅へ持ち帰りました。

できあがりがポストカードサイズ。ジグソーとしては小ぶりですからね、こんなのチョチョイのチョイやんかいさ。晩ごはんを食べた後、白ワインを飲みながら、せっかくなんで土居さんの指南に従い、実際に『イエローサブマリン』を流しながら、なんなら一緒に歌いながら取り組み始めたんです。

ぐんぐん進みましたよ。白ワインが…  アルバムの曲数もどんどこ進んでいきました。思ったより簡単ではなかったです。つまりは、思った以上に楽しめるということ。「今日はこんくらいにしといたるわ」という定番の捨て台詞を吐きながら大阪へ向かった夜でした。

今朝も11時まで、聴ける範囲でのおつきあい、よろしくです。

虹色の通り道を抜ければそこは…[7.10 wed]

Buongiorno a tutti! (ブオンジョルノ・ア・トゥッティ)
おはようございます。
どうも、僕です。野村雅夫です。

箱館山スキー場グリーンシーズン訪問記。本格的なアスレチックにジップラインにと、ハードル高めなことばかり報告していましたが、おしゃれなカフェや映えスポットもしっかりあって、こちらはのんびり落ち着いた雰囲気で素敵でしたよ。

虹色にカラーリングされたたくさんの風鈴のトンネルを抜けると、ひらひらこちらも虹色にはためいていたのが、地元の名産である高島ちぢみ。

ご存知ですか? 特に夏場は僕も高島ちぢみのシャツやパジャマを愛用していますが、吸湿性に富んでいて、独特の肌触りがサラッとしていて爽やかなんです。その虹色ののれんをかき分けた先には琵琶湖がどーん!

ベンチに座って鮮やかな色合いのオリジナルソーダを飲めば、さっきまでアスレチックとジップラインでヒヤヒヤし通しだった僕もゆっくり一息つけました。大満足。

今朝も11時まで、聴ける範囲でのおつきあい、よろしくです。

林業の出で立ちでフライ![7.9 tue]

Buongiorno a tutti! (ブオンジョルノ・ア・トゥッティ)
おはようございます。
どうも、僕です。野村雅夫です。

土曜日、箱館山スキー場に行ってきました。ウィンターシーズン以外に行くのは何年ぶりだろう。10年ぶりくらいかしら。それこそ一昔前と比べるとずいぶん整備が進んで、趣向もどんどん凝らされて、これは興味深いと、先日手にしたチラシを見ていたんです。

ゴンドラに乗って山の上に到着すると、冬場見慣れたゲレンデが、ずいぶんと様変わり。映えスポットも多数あるし、追加料金なく遊べる遊具もいっぱい。僕はさすがにやらなかったけれど、チビッコたちが目一杯はしゃげるプレイエリアには水遊びができる場所もあって、キャッキャキャッキャと甲高い声を上げている光景はのどかでいいものでした。

さて、僕はと言えば、アクティビティに興味あり。初めてのバギーにまたがってブルンブルンとエンジンをうならせながらコースを爆走して楽しんだ後は身体を動かすかと、アスレチックに挑戦だと森の中へ。ここからが一世一代の勇気振り絞りタイムとなりました。正直、少年時代に楽しんだものをイメージして出向いたら、「え? こんな本格的なの?」とみるみるうちに係の人にハーネスをセットされ、ヘルメットを渡され、あごひもをキュッと締められ、手袋を装着。

これ、完全に林業の人ですよね? 詳しくはまた番組で話しますが、森の中をこんな出で立ちで、こっちの木からあっちの木へと飛び回った後には、300メートル以上のジップラインが僕を待っていて、もう後は野となれ山となれという心境の顔がこちらです。覚悟が決まっているというよりも、何も考えていない顔になりました。

今朝も11時まで、聴ける範囲でのおつきあい、よろしくです。