FM COCOLO Daiwa Sakura Aid Harmony of Nature

On Air Program FM COCOLO AFTERNOON DELIGHT Daiwa Sakura Aid Harmony of Nature(毎週木曜 16:00-16:15 ON AIR/DJ:MEME)

  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜

Daiwa Sakura Aidとは?

大和ハウスグループが2008年より取り組んでいる吉野山をはじめとする桜を保全する活動。
創業者石橋信夫ゆかりの地、奈良県吉野山の桜を保全する活動をはじめ、Daiwa Sakura Aid は、「共に創る。共に生きる。」と言う精神のもと、桜と、桜にまつわる歴史や文化、芸術、生活を守り、後世へと伝えていきます。
今回は、「本」に焦点を当て蔦屋書店コンシェルジュオススメの「桜」に関する本を番組やこちらの特設サイトでくわしくご紹介します。

Daiwa Sakura Aid 関連の本

さくら-東京の桜 五弁の花と五つの魅力-
「さくら」第七号 東京の桜 五弁の花と五つの魅力
【制作】 寧屋舎中合同会社
【発行元】 Daiwa Sakura Aid

毎号、写真家 江森康之氏を中心に写真や文章を寄稿して戴いております。

  • (2020年 春発行 / 無料冊子)
ひとひら-東京・桜物語-
「ひとひら」第七号 東京・桜物語
【制作】 寧屋舎中合同会社
【発行元】 Daiwa Sakura Aid

清らかで、美しく、どこか儚い。桜の花は、日本で古くから愛されてきました。
そんな桜のある風景を愛しつないできた人々の想い。
春風に舞う花びらのようにひらひらと時代を旅してその想いを届けたい。
「ひとひら」ひとひらに願いを込めて。
全国各地の桜にまつわる物語を未来へ語り継いでいきます。

  • (2020年 春発行 / 無料冊子)

TSUTAYAスタッフがオススメする「桜」の本2020年20選


花見と桜―“日本的なるもの”再考
白幡 洋三郎
花見と桜―“日本的なるもの”再考

咲き乱れる桜の下に大勢が集い、思いおもいに宴を楽しむ―「群桜」「飲食」「群集」がそろった“花見”こそ、世界に類を見ない日本固有の民衆文化なのだ!!“桜花”に投影されてきた個々人の精神ではなく、“花見”という行動に映し出される集団の精神に日本文化の本質を見いだす、エキサイティングな“花見”論!!

  • 八坂書房
  • 書籍
  • 2090円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
日本のたしなみ帖 桜
小川和佑(著),勝木俊雄(著)
日本のたしなみ帖 桜

あなたにとって、日本の魅力とは何でしょうか四季のある豊かな自然、そしてそこから生み出され、大切に受け継がれてきた食べ物、ものづくりの技、芸術、行事、しきたりなど。日本で生まれ育った私たちには当たり前のことでも、外国の人たちには不思議に見えることがあったりします。そこで、日本の自然と文化の魅力を、まず私たち自身が見直し、学び直し、それらを後世と世界の人たちに伝えていきませんか

  • 自由国民社
  • 書籍
  • 1430円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
東山魁夷の世界
東山 魁夷
東山魁夷の世界

代表作品62点を解説と共に収録。見て楽しみ読んで学ぶ画集。名作の芸術的香気に包まれ、その鮮烈な生き方をたどる。

  • 美術年鑑社
  • 書籍
  • 2095円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
古代史で楽しむ万葉集
中西 進
古代史で楽しむ万葉集

聖徳太子、額田王、天武天皇、柿本人麻呂をはじめ、古代史に名をとどめる人びとは、その喜怒哀楽の情感を万葉集に遣した。―つぎつぎに起こる天皇や貴族を取り巻く政治的な事件を追い、渦中に生きた人びとの姿を歌集の中に見いだし歌を味わう。いっぽうで防人の歌、東歌といった万葉集の特徴ともいえる庶民の歌に深く心を寄せていく。歌集を読むだけではわからない万葉の世界がひらける入門書。

  • KADOKAWA
  • 書籍
  • 775円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
花散る里
近藤 ようこ
花散る里

幸せかどうかなんて、自分の心に聞けばいい。室町時代を舞台に、宿命を受け入れ、己の身の丈をしなやかに生きる人々を描いた秀作が蘇る!! 90年代に出版されるも長らく絶版となっていた「花散る里」「瓢かわいや」(但し「御用の尼」を除く)の二冊を合本復刻。

  • 青林工藝舎
  • 書籍
  • 1320円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
桜狂の譜
今橋 理子
桜狂の譜

「桜だけを描く」幻の絵師たちと桜花に憑かれた名大名。三熊思孝、三熊露香、広瀬花隠、織田瑟々、そして松平定信。知られざる桜画約140点をオールカラーで収録。

  • 青幻舎
  • 書籍
  • 3300円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
博士の愛した数式
小川 洋子
博士の愛した数式

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた―記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。第1回本屋大賞受賞

  • 新潮社
  • 書籍
  • 605円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
季節風 春
重松 清
季節風 春

古いひな人形が、記憶の中の春とともに、母の面影を思い起こさせる「めぐりびな」、子どもが生まれたばかりの共働きの若い夫婦が直面した葛藤と、その後の日々を鮮やかに描き出した「ツバメ記念日」など、美しい四季と移りゆくひとの心をテーマにした短篇集「季節風」シリーズの春物語。旅立ちとめぐり合いの12篇を収録。

  • 文藝春秋
  • 書籍
  • 607円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
時代小説アンソロジー 春はやて
岡本綺堂 他
時代小説アンソロジー 春はやて

御蔵前片町にある料亭の一人娘・お鶴。普段はひかえめだが、いざとなると男勝りになることから、おきゃんな蔵前小町と呼ばれている。ある時、向島の花見から帰ってくると、家に珍客があった。病を患う伯母を見舞にきた旗本の章二郎である。初対面からお転婆をたしなめる章二郎に反発を覚えるお鶴だったが、やがてその想いは恋に変わり…(「江戸の娘」)。厳しい冬を越え待っている別れと出会い。名手たちが紡ぐ傑作短編集。

  • KADOKAWA
  • 書籍
  • 616円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
桜の実の熟する時
島崎 藤村
桜の実の熟する時

「思わず彼は拾い上げた桜の実を嗅いでみて、おとぎ話の情調を味わった。それを若い日の幸福のしるしというふうに想像してみた」―。藤村(1872‐1943)の文学への情熱、教え子へのかなわぬ恋を投影した青春の自画像。同じく自伝的小説である『春』『新生』の、少年期から青年期を描く。改版。

  • 岩波書店
  • 書籍
  • 770円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
鈴木理策 熊野、雪、桜
東京都写真美術館 (著)
鈴木理策 熊野、雪、桜

熊野から雪、そして桜へ―鈴木理策のまなざしを紡いだ待望の写真集。熊野、桜をテーマにした代表的な連作と、雪をモチーフにした新作『White』から約80点を収録し、作家の継続的なまなざしを紹介。

  • 淡交社
  • 書籍
  • 2723円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
京の彩り・桜
橋本 健次
京の彩り・桜

本書は、京都の風物、祭事及び自然をテーマに撮影し続ける写真家・橋本健次氏の京都の「桜」をテーマにした作品集です。橋本氏が独自の感性で捉えた京都ならではの「桜」作品の数々、京都の桜名所も多く収録されております。現在の作品から過去の作品まで、橋本氏が長い間撮りためた作品から選りすぐり構成しました。(巻末に撮影年月や簡単な地図,撮影ポイント54箇所等あり)

  • 青菁社
  • 書籍
  • 1760円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
日本の桜
竹内敏信
日本の桜

鋭利な感覚と確かなテクニックを持つ風景写真家の第一人者、竹内敏信。本書は桜三部作『櫻』『櫻暦』『一本櫻百本』から厳選した作品約90点を収載したもので、全国のアマチュア写真家をはじめ、竹内氏を師と仰ぐ写真愛好家たち待望の一冊。

  • クレヴィス
  • 書籍
  • 2037円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
生きて行く私
宇野千代
生きて行く私

明治、大正、昭和、平成と生き抜いてきた女流作家が、波乱の人生行路を率直に綴る。山口県岩国の生家と父母の記憶から書き起こし、小学校代用教員の時の恋と初体験、いとことのはじめての結婚、新聞懸賞小説の入選、尾崎士郎との出会いと同棲、東郷青児、北原武夫とつづく愛の遍歴。「スタイル」社の束の間の隆盛と倒産のように時代の波にも揉まれながら、たゆみなく創作をつづけ、ひたむきの前を向いて歩いてきた姿が心を打つ。その生き方のなかに、長寿の秘訣もかいま見える。

  • KADOKAWA
  • 書籍
  • 704円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
さくらもちのさくらこさん
岡田 よしたか
さくらもちのさくらこさん

岡田よしたかナンセンスたべもの絵本シリーズ最新刊!初のヒロインってどんな子!ごきげんななめのさくらこさん。つまらなくって「こんなはっぱのふく、もういらーん!」とぬいじゃった。おやつ友だちにさそわれても「そんなんちっともおもしろなーい」。ふてくされて原っぱでねていると、やさしいかぜがふいてきて・・・春爛漫、にっこりの絵本!

  • ブロンズ新社
  • 書籍
  • 1078円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
ふたりの花見弁当
山口恵以子
ふたりの花見弁当

姑の一子と嫁の二三に手伝いの万里の三人で営む「はじめ食堂」は、今日も常連客で大にぎわい。そんなある日、常連のひとり三原が、一子たちをお花見に招待したいという。三原は元帝都ホテルの社長で、十年程前に妻を亡くして、佃のタワーマンションに一人住まい。一子は家族と親しい人を誘って出かけるが…。心温まる料理と人情で大人気の「食堂のおばちゃん」シリーズ、第四弾

  • 角川春樹事務所
  • 書籍
  • 660円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
桜守のはなし
佐野 藤右衛門
桜守のはなし

日本全国を飛び回り、傷ついた桜の手当てをし、桜の新種をさがす佐野さんは、「桜守」とよばれています。桜のいのちを守るしごととは―。桜守のしごとをみやすい写真で紹介。

  • 講談社
  • 書籍
  • 1650円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
3人のママと3つのおべんとう
クク チスン
3人のママと3つのおべんとう

子育て、家事、仕事、日々せいいっぱいがんばるママたち。今日は幼稚園の遠足の日。ハナマンションに暮らす3人のママたちは、朝からおべんとうづくりに大忙し。3人のママが、子どもたちにもらったまぶしい春の日を描いた韓国発の絵本!

  • ブロンズ新社
  • 書籍
  • 1540円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
さくらがさくと
とうごう なりさ
さくらがさくと

桜が咲きはじめると、道行く人々は足をとめ、その数日間は花に心を寄せます。天気に一喜一憂し、そわそわしながら満開になっていく桜を心待ちにするのはどうしてなのでしょう。いっせいに咲く桜の花には魔法のような力があるのかもしれません。3月半ばから4月半ばの約一か月、川沿いの桜並木で繰り広げられる自然と人間のささやかなドラマをお楽しみください。

  • 福音館書店
  • 書籍
  • 1540円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング
美味しい櫻
平出 眞
美味しい櫻

見て愉しく、食して美味しい花「桜」。本書は「食べる・見る・知る」の3つのテーマでその魅力を掘り下げます。食べる桜の栽培・加工の様子や全国の桜スイーツ、桜レシピは必見。桜名所一覧や桜にまつわる歴史や物語も掲載され、日本人必携の一冊です。

  • 旭屋出版
  • 書籍
  • 3300円(税込)
  • 購入はこちら

  • TSUTAYA オンラインショッピング