FM COCOLO

  • Whole Earth Stationとは?

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Now On Air
DJ

PRIME STYLE SATURDAY[10:00-14:00|DJ:山添 まり


12時台…押尾コータローが「@HOMEライブ」のコーナーに登場!スタジオライブ音源を届けてくれます!
13時台…書家・紫舟さんからメッセージ到着!


Next Program
DJ

SATURDAY MAGNIFICENT CAMP[14:00-17:00|DJ:加美 幸伸

スポーツ情報、映画情報、そして各種エンタテイメント情報など大人のためのWEEKEND INFORMATIONを盛り込んだ音楽番組。土曜の午後、時には各界のゲストもお招きし、一歩踏み込んだ大人の好奇心をくすぐる情報を、永遠のラジオ少年・加美幸伸がオールジャンルの音楽とともにお送りします。
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

ピックアップFM COCOLOのおすすめトピック

onairCHECK IT!!
CHECK IT!!

「私が選ぶ“CITY POP SUMMER”」 PART 3

「私が選ぶ“CITY POP SUMMER”」 PART 3

FM COCOLOのDJやスタッフが、それぞれの観点でシティポップを選曲。プレイリスト第3弾も、DJ&ディレクター篇!

「CITY POP」っていったいどんな音楽? 明確なジャンルではなく、人それぞれに解釈が異なるのが、CITY POPの面白いところです。
今回「私が選ぶ “CITY POP SUMMER”」というテーマで、FM COCOLOのDJやスタッフが、それぞれの思いとともにシティポップを選曲しました。この夏のBGMとして、多様なプレイリストをお楽しみください。


★FM COCOLOキャンペーン 「CITY POP SUMMER」のページはこちら
https://cocolo.jp/pages/pickup_detail/1662/
→「FM COCOLO “CITY POP SUMMER” アーティスト・セレクション 50」を掲載しています。

★「私が選ぶ“CITY POP SUMMER”PART1」のページはこちら
https://cocolo.jp/pages/pickup_detail/1672/

★「私が選ぶ“CITY POP SUMMER”PART2」のページはこちら
https://cocolo.jp/pages/pickup_detail/1679/



■ちわきまゆみ (『THE MAJESTIC SATURDAY NIGHT』DJ)

1. カナリア諸島にて / 大瀧詠一
2. 海を見ていた午後 / 荒井由実
3. 都会 / 大貫妙子
4. 夢で逢えたら / 吉田美奈子
5. STAY TUNE / Suchmos

1981年、わたしは女子大生になりました。ニューウェイブバンドをやりながら友達のサーファー・ガールの車で湘南・茅ヶ崎にも度々遊びに行くようになりました。
彼女のカローラの中で聴いていた荒井由実や大瀧詠一のカセットテープ。日本の海の色をもっと青く輝かせてくれるフィルターのような魔法の音楽達でした。
今思えば、日本人ならではの繊細なセンスと職人的な先輩方のテクニックによって生み出された珠玉の傑作達。その音楽のエッセンスは今現在にも伝わって輝き、時折少しくすぐったいような懐かしさで胸を締め付けます。

ちわきまゆみ

■加藤美樹 (『SUPER J-HITS RADIO』DJ)

1. 朝は君に / 吉田美奈子 (『FLAPPER』 1976年)
2. 中央フリーウェイ / 荒井由実 (『14番目の月』 1976年)
3. 私自身 / いしだあゆみ&TINPAN ALLEY FAMILY (1977年)
4. 都会 / 大貫妙子 (2ndアルバム 『SUNSHOWER』 1977年)
5. SHININ' YOU, SHININ' DAY / Char (1976年)
6. 真夜中のドア / 松原みき (『STAY WITH ME』 1979年)
7. スローなブギにしてくれ / 南佳孝(1981年)
8. 内気なジュリエット / 杉真理 (1983年)
9. 君は天然色 / 大瀧詠一 (『A LONG VACATION』)
10. スカイハイ / 角松敏生(『TAKE YOU TO THE SKY HIGH』 1983年)
11. 夏のクラクション / 稲垣潤一 (『J.I.』 1983年)

番組でも何度もオンエアしてきた時代を彩る名曲、そして十代二十代の頃に憧れた「カッコイイ大人の世界」ということで選びました。

加藤美樹

■池田なみ子 (『FRIDAY & SATURDAY AMUSIC MORNING』DJ)

1. 素直になりたい / ハイファイセット
杉真理が詩曲を手掛けた上質ポップ

2. カリビアンブルーの夜明け / 今井美樹
3枚目のAL収録。佐藤準のアレンジが透明感あるボーカルを引き立てる。

3. 彼女のミステイク / 伊藤銀次
LAレコーディングで渇いた風を感じられる爽やかなポップ

4. 1本の音楽 / 村田和人
山下達郎がプロデュース&アレンジを手掛けた。開放感溢れるポップ。

5. タイムマシンにお願い / サディスティックミカバンド
加藤和彦、高橋幸宏、小原礼、高中正義が桐島カレンをヴォーカルに迎え再結成。バブル期の華やかさを享受した1曲! 

6. bye bye / 風
伊勢正三作詞作曲。街の動きや時の流れを切り取ったこの時代の作風はまさにシティポップ!

7. ペーパーミントブルー / 大滝詠一
一音一音、一言一言で曲の世界観へと引きこまれていくサマーポップ。

池田なみ子

■尾上さとこ (『FRUITS O'SUNDAY』DJ)

元吹奏楽部で今でも時々フルートを手にする私は、流線形が奏でる、フルートが導くメロウでとろける音世界に惹かれました。煌めく高層ビル群をぬって吹き抜ける風のような響き。そこから開かれたシティポップワールド。  
今聴いても新鮮で聴き歌い継がれる名曲たちを「シティポップ・エヴァーグリーン」、ルーツを歌に生かした新しい音源を「シティポップ・ネオクラシックス」として選曲してみました。シティポップのマスターピースに針を落として・・。

シティポップ・ネオクラシックス
1. 恋は流星 part II / 流線形
2. Dribble / Special Favorite Music
3. 夕暮れガール / microstar マイクロスター
4. 恋するドレス / ウワノソラ
5. DOWN TOWN / Argyle
6. Plastic Love / 9m88
7. Amusement Park / ikkubaru
8. 時間だよ / RYUTist
9. 圧倒的なスタイル / Negicco
10. さよならサマー / mogsanと野呂佳代
11. Flyaway on Friday / WACK WACK RHYTHM BAND
12. Slow Bananafeat. Alfred Beach Sandal / HALFBY
13. bird man / 冗談伯爵 
14. BAD GIRL / NONA REEVES

シティポップ・エヴァーグリーン
1. 光速道路 / so nice
2. 恋は流星 part II / 吉田美奈子
3. 女になって出直せよ / 野口五郎
4. 彼女はムービング・オン / 尾藤イサオ
5. ラヴ・スコール (峰不二子のテーマ)/ サンドラ・ホーン
6. ミッドナイト・ロンリー・ビーチサイド・バンド / 少年隊
7. バイバイ・ジュエル / しばたはつみ
8. 愛は心の仕事です / ラ・ムー
9. デリケートに好きして / 太田貴子
10. CRAZY for You / 楠瀬誠志郎 
11. ピンク・シャドウ / ブレッド&バター
12. DOWN TOWN / ザ・キングトーンズ 
13. 月夜の晩には / サーカス
14. 都会 / 大貫妙子


■『THE MAGNIFICENT FRIDAY』『Billboard PREMIUM Plus』 番組ディレクター 原田

「URBAN GROOVY〜まったりゆったりと」

1. Communication / PARACHUTE
2. チアーガール / EPO
3. Information Love / 広瀬かおる
4. I Can't Ever Change Your Love For Me / 杏里
5. TROPICAL FISH / 浜田金吾
6. EMANON / サザンオールスターズ
7. アイリーン (Irene) /安部恭弘
8. Melody For You (Dedicate To S. S.) / 角松敏生
9. Icebox & Movie / 二名敦子
10. 水色のワゴン / Hi-Fi Set

■『SUPER J-HITS RADIO』 番組ディレクター 今井

「おしゃれして、レモネード片手に向かう、月までの散歩道」

1. DOWN TOWN / シュガー・ベイブ
2. 忘れられないの / サカナクション
3. Lonely Lonely / LUCKY TAPES, Chara
4. A面で恋をして / 大瀧詠一
5. to the moon / Yogee New Waves
他の記事もチェック!
  • FM COCOLOを今すぐ聴く!