『グラデーション・ワールド』


グラデーション・ワールド

【収録曲】

  1. 永遠のロックンロール
    [ゲストギタリスト:ウルフルケイスケ]
  2. オマージュ - ブルーハーツが聴こえる
    [ゲストギタリスト:仲井戸麗市]
  3. 満員電車
    [ゲストギタリスト:山口洋(HEATWAVE)]
  4. 希望のテンダネス
  5. グラデーション・ワールド
  6. だんだんよくなる
  7. 夜更けのミュージック
  8. 海さくら
  9. 千の夢
    [ゲストギタリスト:古市コータロー(THE COLLECTORS)]
  10. 黄昏と夜明け

CD ¥2,800(税抜) HR-06


4月15日(月)より、ゲスト・ギタリストとして仲井戸 “CHABO”麗市が参加したアルバム収録曲『オマージュ - ブルーハーツが聴こえる』を各ダウンロード販売サイト及びItunes Music、Spotifyにて先行配信。
同日11時よりミュージックビデオも公開。



  • ライブ会場・FM COCOLO WEBサイトにて4月先行販売

Profile

リクオ RIKUO

シンガーソングライター/キーボーディスト

京都出身。90年11月にミニアルバム『本当のこと』でメジャーデビュー。ソウルフルなヴォーカルと幅広いソングライティング、グルーヴィーなピノスタイルで、注目を集める。
'92年、忌野清志郎プロデュースによるシングル「胸が痛いよ」をリリース。'90年代は、セッションマンとしても活躍し、忌野清志郎、オリジナル・ラブ、ザ・ブルーハーツ、真心ブラザーズ等のツアーやレコーディングに参加。'90年代後半より、インディーズに活動を移行。年間120本を越えるツアーで鍛えられたファンキーなライブパフォーマンスは、世代・ジャンルを越えて熱狂的な支持を集め、いつしかローリング・ピアノマンと呼ばれるように。
'12年から、コラボ・イベント「HOBO CONNECTION」を主催し、竹原ピストル、仲井戸“CHABO”麗市、奇妙礼太郎、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、ウルフルケイスケ、大木温之(ピーズ)、 YO-KING(真心ブラザーズ)、七尾旅人、中川 敬(ソウル. フラワー. ユニオン )等多くのミュージシャンとのコラボ・ライブを繰り広げる。
'16年4月には、自身が立ち上げたレーベルHello Recordsより、アルバム『Hello!』 をリリース。合わせて、自身初のアナログ・レコードもリリース。'17年1月にはリクオ with HOBO HOUSE BAND名義でライブCD『Hello!Live』とDVD『Hello!Live Movie』を会場限定で同時リリース。7月、ソロとしてはフジロックへ初出演。'18年5月にシングル『永遠のロックンロール / 海さくら』をリリース。
'19年5月にライブ会場先行で待望のフルアルバムをリリース予定。

リクオ『グラデーション・ワールド』発売記念スペシャル・ライブ

2019年7月12日(金)

京都・磔磔
【出演】リクオwith HOBO HOUSE BAND

2019年7月13日(土)

名古屋・TOKUZO(得三)
【出演】リクオwith HOBO HOUSE BAND

2019年7月21日(日)

東京代々木・Zher the ZOO
【出演】リクオwith HOBO HOUSE BAND
【ゲスト】森俊之(キーボード)※『グラデーション・ワールド』サウンド・プロデューサー